8月1日にGoogleがブログを更新し、強調スニペット掲載のアルゴリズムをアップデートしたと発表しました。

変更の内容は、情報の新しさが重要な検索語句(キーワード)に対して、より新しい情報を強調スニペットに載るようにするとしたものです。

当ページでは、発表されたばかりの強調スニペットのアルゴリズムアップデートに関して解説いたします。

どのような検索語句(キーワード)に適用されるのか

上述の通り、情報の新しさが関係する検索語句に対して、Googleの強調スニペットはより新しい情報を載せるようになるというのが今回のアルゴリズムアップデートです。

Googleはブログの中で『income brackets(所得の額に基づく納税者のカテゴリー)』を例に挙げています。

incomebracketsの例*参照元:https://www.blog.google/products/search/find-fresh-information-featured-snippets-google-search/

この場合、『income brackets』で調べているユーザーは、最新の情報を求めていると考えられます。そして、2019年の情報は既に更新されているため、2019年の情報がユーザーにとって最も有益だと言えるでしょう。

そもそも、ユーザーが5年前情報を欲しているなら、『income brackets 2014』と年号も入れて検索するはずですよね。

そのため、この場合は最新の情報が強調スニペットに載るのです。

このように、情報の新しさが重要視される検索語句がある一方で、情報の新しさが関係ない検索語句も多く存在します。

その典型的な例が、科学的に証明されている普遍の真実です。

Googleのブログの中では、『”Why is the sky red at sunset”(翻訳:なぜ夕焼けの空は赤いのか)』という検索語句が例に挙げられています。

夕焼けが赤いのは、近年起こっている現象ではなく、地球が昔から有する特徴です。そのため、上記のような検索語句においては、新しい科学的な発見がされない限り、情報の新しさは重視されないでしょう。

アルゴリズムアップデートの実施時期はいつ?

このアルゴリズムアップデートの情報は、8月1日にGoogleが正式に発表しましたが、実際にアップデートを実施したのは2019年の2月だとTwitterで述べています。

アルゴリズムアップデートが適応される情報の例

では、具体的にこの強調スニペットのアルゴリズムアップデートはどのような情報に適応されるのでしょうか。Googleはブログ内で以下の3つの例を挙げています。

  • 定期的に更新される情報
  • 時間の経過とともに変化する情報
  • 時事ニュース

それぞれ詳しく見ていきましょう。

定期的に更新される情報

定期的に更新される情報には、次の満月、シリーズ化しているオーディション番組の勝者、その年の祝日などが含まれます。

Googleが出した例は以下の『イギリスの学校休日』です。

イギリスの学校休日の例*参照元:https://www.blog.google/products/search/find-fresh-information-featured-snippets-google-search/

ご覧の通り、アルゴリズムアップデート後には、2019/2020年の学校休日が強調スニペットに表示されています。

時間の経過とともに変化する情報

時間の経過とともに変化する情報に含まれるのは、時間を追うごとにより詳細が明らかになるTVシリーズの情報や、お祭りの情報などです。

例えば、Netflixで人気のシリーズ『〇〇のシーズン3はいつ放映される?』といった検索語句が当てはまります。

シーズン3の放映日*参照元:https://www.blog.google/products/search/find-fresh-information-featured-snippets-google-search/

アルゴリズムアップデート前では、『2019年内』という情報だったのに対し、アルゴリズムアップデート後には、『7月4日に放送開始』とより詳細が明らかになった情報が強調スニペットに載っています。

時事ニュース

最新の情報が重要になる検索語句には時事ニュースも含まれます。例えば、不良品が問題になった企業がリコールを発表したなどがいい例でしょう。

下記の例は食品会社がリコールを発表したものです。2枚目の画像が最新の情報を表しています。

リコールの例①

リコールの例②*参照元:https://www.blog.google/products/search/find-fresh-information-featured-snippets-google-search/

アルゴリズムアップデート前では、6月29日のGrowers Express社のリコールニュースなのに対し、アルゴリズムアップデート後では、Target and Fresh Market社のサンドイッチがリコールになったニュースに変更しています。

まとめ:強調スニペットを対策して2019年のSEOを制そう!

強調スニペットは近年登場したGoogleの最も画期的な機能の1つです。その強調スニペットは8.6%ものクリック率(CTR)を誇り、検索結果1位の上に表示されるために、ポジションゼロと呼ばれ、2019年のSEO対策における最重要項目とも言われています。

今回発表された強調スニペットのアルゴリズムアップデートによって、情報の新しさが更に重要になりました。そのため、あなたのビジネスに関連する最新の情報には、常に目を光らせて、強調スニペットに載る情報を発信できるようにすると良いでしょう。

また、強調スニペットの具体的な対策方法に関してはこちらの記事で詳しく解説しておりますので、ぜひご参考にしていただければと思います。

強調スニペットの対策方法を解説

それでは、最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。Emma Magazine編集長の吉高がお送りしました。

おすすめの記事