larry -and-sergey

12月3日に、Googleの親会社にあたるAlphabet社のCEOラリー・ペイジ氏(Larry Page)と社長セルゲイ・ブリン氏(Sergey Brin)は、ともに役職を退任することを発表しました。

GoogleのCEOであるサンダーピチャイ氏(Sundar Pichai)が、Alphabet社のCEOを兼任する形となります。なお、これに伴い、Alphabet社の社長職は廃止とのことです。

以下が、ラリー・ペイジ氏(Larry Page)とセルゲイ・ブリン氏(Sergey Brin)が『A letter from Larry and Sergey(ラリーとセルゲイからの手紙)』として、Googleに公開したものを一部抜粋いたします。

Today, in 2019, if the company was a person, it would be a young adult of 21 and it would be time to leave the roost. While it has been a tremendous privilege to be deeply involved in the day-to-day management of the company for so long, we believe it’s time to assume the role of proud parents—offering advice and love, but not daily nagging!

With Alphabet now well-established, and Google and the Other Bets operating effectively as independent companies, it’s the natural time to simplify our management structure. We’ve never been ones to hold on to management roles when we think there’s a better way to run the company. And Alphabet and Google no longer need two CEOs and a President. Going forward, Sundar will be the CEO of both Google and Alphabet. He will be the executive responsible and accountable for leading Google, and managing Alphabet’s investment in our portfolio of Other Bets. We are deeply committed to Google and Alphabet for the long term, and will remain actively involved as Board members, shareholders and co-founders. In addition, we plan to continue talking with Sundar regularly, especially on topics we’re passionate about!

【訳】

今日、2019年に、会社が人だったら、21歳の若者になり、ねぐらを去る時が来ました。長い間会社の日々の管理に深く関わっていることは大きな特権でしたが、私たちは誇りとなる両親の役割を引き受ける時が来たと信じています。

Alphabet社は今では揺るぎないものであり、Googleとその他の子会社は独立した企業として効果的に運営されているため、私たちの管理構造をシンプルにするには自然な時です。会社を運営するより良い方法があると思うとき、私たちは管理職の役割に固執することはありませんでした。また、AlphabetとGoogleには2人のCEOと1人の社長が必要なくなりました。今後、SundarはGoogleとAlphabetのCEOになります。彼は、Googleをリードし、Other Bets(他の子会社)のポートフォリオへのAlphabetの投資を管理する責任者および責任者となります。長期にわたってGoogleとAlphabetに深くコミットしており、今後も取締役会メンバー、株主、共同創業者として積極的に関与していきます。また、特に情熱を注いでいるトピックについては、Sundarと定期的に話し続ける予定です。

引用元:https://www.blog.google/inside-google/alphabet/letter-from-larry-and-sergey

Google創業者のラリー・ペイジ氏(Larry Page)とセルゲイ・ブリン氏(Sergey Brin)は役職こそ退任しますが、依然としてGoogleの筆頭株主である2人ですので、これからも大きな影響力を持つと考えられます。

また、サンダーピチャイ氏がGoogleとAlphabet社を兼任することになったことによる、検索およびSEOに対する変化はないと思われます。なぜなら、サンダーピチャイ氏は2015年からGoogleのCEOを務めており、検索のみならず、アンドロイドやGoogle Chromeに深く関わってきた人物です。

構造上の変化はありますが、サンダーピチャイ氏がCEOを務めることに変わりはありませんし、Googleがこれまで行ってきた方針はこれからも継承されていくことでしょう。

おすすめの記事