Group, circle of friends, diversity, united concept. Toy pawn figures on table in front of grey background.

Googleが6月4日から6日にかけて実施したDiversity Update(ダイバーシティ・アップデート)。

同時期に実施された6月のコアアルゴリズムアップデートに関しては解説している記事が多くありますが、Diversity Updateに関してはあまり日本語での解説が見られませんでした。

そのため、この記事ではDiversity Updateに関してGoogleのツイートを紹介して、どのようなアップデートで、どういった影響を及ぼすのかを解説していきたいと思います。

GoogleのDiversity update とは?

Diversity Updateとは、検索結果ページの多様性を促進するために、1ページ目に同一ドメインから2ページ以上を表示させないようにするアップデートです。

下記のGoogle公式Twitterをご覧ください。

ただし、一部の検索にてGoogleが検索語句と関連性が高いと判断した場合には、2ページ以上を表示することもあるとのこと。

このDiversity Updateは、Google同一サイトのページばかりが上位に来るために多様性が失われることから、ユーザーがより多種多様な検索結果を望んでいるというフィードバックをもらったために実施したとしています。

アップデートの影響はドメイン単位

Googleは、このDiversity Updateは同一ドメインを同一サイトと言う認識をするとしています。

サブドメインはルートドメインと同一サイトということです。

ただ、Googleのツイートにあるように、関連性がある際には、サブドメインを別サイト扱いすると言います。

6月のコアアルゴリズムアップデートとは無関係

このDiversity Updateは6月のコアアルゴリズムアップデート、June 2019 Core Updateと同時期に起こりました。

2つのアップデートが重なったせいで、GoogleAnalytics上の数字の変化(トラフィックの増減等)は何が原因かわからなくなるのでは?と考えるのも自然なことです。

しかし、GoogleのDanny Sullivanによれば、June 2019 Core UpdateとDiversity Updateは基本的に無関係のため、どちらが影響したのかは見分けがつくとしています。

メインの検索結果にのみ影響を及ぼす

GoogleのDanny Sullivanによれば、このDiversity Updateが影響を及ぼす範囲は、メインの検索結果ページのみとしています。

つまり、強調スニペット(フィーチャードスニペット)や、Googleマップなどの検索順位には影響を及ぼすことはありません。

ランキングに関わるものではない

アップデートがあると気になるのは、どれだけ検索結果のランキングが変わるのか、トラフィックの大きな増減はあるのか、ということだと思います。

ただ、GoogleのDanny Sullivanは、あくまで個人の見解としては、Diversity Updateはランキングに影響を及ぼすものではないとのことでした。

Diversity Updateの歴史

これまでも、Googleは検索結果に多様性に関するアップデートを行ってきました。今回の動きは原点回帰という声もあります。

と言いますのも、2010年までGoogleは1サイトからの検索結果表示を2ページまでというルールを持っていました。

この頃は、まだブラックハットSEOが通用していた時代で、リンクを多く当てているサイトが強いがために、このルールを適応し、多様性を確保せざるを得なかったとも考えられます。

転機は2010年。2010年より1サイトから3ページ以上の表示を許すようになりました。

しかし、それによって同じサイトから20~30ものページが検索結果に出てくるようになり、ユーザビリティが落ちる事態に。その結果、2012年、2013年と検索結果の多様性を実現するようにアルゴリズムを変更していきました。

今回のDiversity Updateは実に2013年以来、久しぶりのアップデートなのです。

【まとめ】対策することはないが、影響は測るべき

ここまで、Diversity Updateに関して解説してきましたが、いかがでしたか。Diversity Updateはランキングに関わるものではないため、多くの方はそれほど心配する必要はないでしょう。

ただ、同一ドメインサイトから複数ページランクインすることができなくなったために、トラフィックの減少が見られると考えられます。

しかし、このDiversity Updateは検索結果の多様性を守るというGoogleのポリシーであるために、今の所対策法は見つかりません。

そのため、このDiversity Updateに関しては「同一ドメインのサイトからのランクインは2ページまで」と覚えていることが重要です。また、影響が及ぶサイトを運営している方は、数字の増減を確認しておきましょう。

それでは、最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。EXIDEA JOURNAL編集部の吉高がお送りいたしました。

おすすめの記事