【10月16日開催】アメリカ最先端のSEO情報セミナー「検索ワードのトレンド変化を察知して商機を逃さない方法」

こんな方におすすめ!

  • キーワード選定に悩みを抱えている
  • 業界のSEOトレンドがわからない
  • アメリカ最先端のSEO情報を知りたい

タイムスケジュール

開催日:2020年10月16日(金)11時00分〜12時00分(10時50分開場)

セミナースピーカーの青木 綾
スピーカー:青木 綾
EXIDEA米国支社「EXIDEA GLOBAL USA INC.」代表
2002年株式会社リクルート入社、就職情報サイト「リクナビ」や宿泊予約サイト「じゃらんnet」等のサービス開発やプロデューサー業務に従事。2014年に退職後、アメリカ・カリフォルニア州・ロサンゼルスに移住。現地で日本語情報誌を発行する「Lighthouse」のVice Presidentを経て、2018年より現職。

セミナー概要

絶えず変化する検索ワードのトレンド。

特に2020年はコロナショックにより、世界的に生活環境が急激に変化し、検索ワードのトレンドも大きく変化しました。

こうした急激な変化がある状況では、適切にトレンドを把握して、柔軟にマーケティング活動に取り入れていくことが重要になります。

今回のセミナーでは、2020年に海外で開催されたデジタルマーケティングカンファレンスの最新情報をもとに、具体的な検索ワードのトレンド変化事例、トレンドの調査方法、そして適切にマーケティングに活用していく方法をお伝えします。

弊社のアメリカ支社より、リアルタイムでお届けするアメリカ最先端のSEO情報になるので、ぜひこの機会にご参加いただけますと幸いです。

 

【本セミナーを通じてわかること】
1.検索ワードトレンドの急激な変化事例
幅広いジャンルで大きな変化が起こった2020年前半の検索トレンドを具体的な事例とともに解説します。
コロナショックの影響により、消費者の行動や市場の需要がどのように変化し、検索ワードのトレンドにどのような変動があったかについてGoogleトレンドを用いて確認します。

2.検索ワードのトレンドを調査する方法
検索ワードのトレンドを調査する際の代表的なツールはGoogleトレンドですが、それ以外の調査方法はご存知でしょうか?
このセクションでは、Googleの提供する「Think With Google」の活用方法や、Twitter、PinterestなどのSNSを利用した調査方法について解説します。

3.カスタマージャーニーを意識した対策キーワードの選定
検索トレンドを意識したSEO対策が有効な一方、会員獲得や売上などコンバージョンに繋がるキーワードから検索流入を得られなければ、期待するSEO効果は得にくいものです。
最後に、契約・購入などの意思決定に至るプロセス「カスタマージャーニー」を意識したSEO対策キーワードの選定方法や考え方についてもご紹介します。

セミナー詳細

定員

無し

参加条件

本セミナーは法人様限定のセミナーとなります。
※審査の上、同業と判断される企業様のお申し込みはご遠慮いただいております。

参加費

無料

オンラインセミナーのログインについて

お申込み後メールにてZoomの入室URLをご案内させて頂きます。
メールのご確認のほどお願いいたします。

お申し込みに関して

共催セミナーの場合には、お申し込みの際にご入力いただいた情報を共催企業様に提供する場合がございます。

お申し込みはこちら