January 2020 Core Update

ここ1週間ほど、大きな変動が目立っていたSEO界隈。

日本時間2020年1月14日に、Googleが2020年最初のコア・アップデートを実施すると正式に予告し、この記事を書いている1月14日午前10時現在、既にコアアップデートは実施されています。コア・アップデートの名前はJanuary 2020 Core Updateです。

この記事では、2020年最初のコア・アップデートに関して、現時点でわかることをまとめ、お伝えいたします。

GoogleがJanuary 2020 Core Updateを実施

Googleは日本時間2020年1月14日の午前1:01に、今日この後、大規模なコアアルゴリズム・アップデートを行うと発表しました。

翻訳:
本日後半に、年に数回行うように、広範なコアアルゴリズムの更新をリリースします。January 2020 Core Updateと呼ばれます。このような更新に関するガイダンスは、以前に説明したとおりです。詳細については、このブログ投稿を参照してください。

そしてその約1時間後、正式にJanuary 2020 Core Updateを実施開始したと発表しております。

翻訳:
January 2020 Core Updateは現在公開されており、今後数日間でさまざまなデータセンターに展開されます。

Googleのコア・アップデートが起きた際の対応方法

Googleがコア・アップデートを実施し、アップデートがロールアウト(展開)された際には、あらゆる分野における多くのサイトで、検索順位の大変動が見られるものです。実際に、日本でも既に大きな順位変動が起きている分野やサイトが見られます。

順位が上がったらいいですが、順位の下降が見られた際には、なんとか順位回復を試みようとサイトに手を加えることを考える方も多いことでしょう。

しかしGoogleのDanny Sullivan氏は、コア・アップデートが起きても、サイトには手を加えるなと公式に発表し、またサイト運営者が持つべき心構えをガイダンスとして明示しています。

実際に、今回のJanuary 2020 Core Updateの発表でも、「そのガイダンスを参考に」としているため、Web担当者の方はぜひ一読されるのがおすすめです。

ここでは、以前そのガイダンスに関して解説した記事の中から、コア・アップデートの考え方に関する内容を引用いたしますので、ご参考にしていただけたらと思います。

まずDanny Sullivan氏が強調していたのは、コアアルゴリズムアップデートで順位を落とすサイト自体に問題がある訳ではないということです。

それはコアアルゴリズムアップデートが、特定のページやサイトをターゲットにしているのではなく、検索エンジンがコンテンツを評価する方法を向上させているためだと言います。

また、コアアルゴリズムアップデートに関しては『おすすめ映画ベスト100【2015年版】』のリストのように考えるとわかりやすいとのこと。

おすすめ映画ベスト100を選んでから4年経ち、今度は2019年版を作ろうとした際に、おすすめ映画のリストが変化するのは自然なことです。そのリストには、もしかしたら2015年時点にはなかった新しい映画が入るかもしれないですし、以前はあまり評価していなかった映画の良さを再評価して、リストに入れるかも知れません。

また、以前ランクインしていた映画が外れることもあります。しかし、映画自体が良くないわけではないのです。単純その年代で、もっとも評価されるべき映画がランクインしているに過ぎません。

SEOも同じことです。検索順位が落ちたのは何もサイト自体が良くないわけではなく、他に評価されるべきサイトが新たに出現したか、評価基準が変わって以前よりもランキングを伸ばしたサイトがいて、相対的に落ちているということです。

こちらのおすすめ映画リストの例えは、筆者も非常に納得感のあるものでした。その映画自体がよくないわけではなく、あくまで評価基準が変わったに過ぎないのです。

そして、ランキングが下がった場合に唯一取り組むべき行動は、コンテンツの質を上げることだと言います。

コンテンツの質を上げるための考え方や、その他にもアップデートに関して重要な要素が詰まっているガイダンスですので、気になる方は、こちらの記事からご覧いただければと思います。

当社EXIDEAのコア・アップデートに対する考え方

自社で20以上のメディアを運営するEXIDEAにとっては、Googleのコア・アップデートにはいつも緊張させられます。しかし、過剰な不安にかられることはありません。

それは、普段から海外からの最新情報を元に、大局を見てSEO対策を行っているからです。ここでは、僭越ながら当社がコア・アップデートが起きた際に持つ心構えと、行う分析をご紹介いたします。皆さんにとって少しでも参考にしていただければと思います。

Googleのコア・アップデートはある種通知表のようなもの

Googleのコア・アップデートは3~4ヶ月に1回の頻度に実施されています。そのためコア・アップデートは、時代の流れやGoogleの考えに沿った対策を、その3~4ヶ月間できていたかをGoogleに測られるタイミングだと考えています。

Googleは日々、数多のテストを繰り返し、検索結果をより良いものにするよう試みているのですが、そのテストの中で放たれるシグナル(リンクが重要度を増している、コンテンツが大きく評価されている、ユーザー動向が重点的に見られているなど)を正確に読み取り、対策を行ってきたかということです。

対策が当てはまれば、順位が伸びますし、外れていれば順位が下がる可能性があるというわけです。

通知表だからどうこうといった話ではないですが、このような心持ちを持つことで、もし今回のJanuary 2020 Core Updateで順位を落としたとしても、来るコア・アップデートに向けての準備ができるのではないでしょうか。

順位変動に対して一喜一憂しない

先述したように、コア・アップデートの際には、アップデート期間中大きく順位が変動します。コア・アップデートが全てロールアウトするには1週間程度かかるため、その期間中に順位が急上昇したり、または急落したりすることもあるでしょう。

しかし、その順位変動は何も意味をなしませんし、コア・アップデートが全てロールアウトするまでは気にしてはいけません。コア・アップデートが全て終了した後の順位に対してのみ評価を下しましょう。

上記の理由から、アップデート期間中に順位回復を目的として、サイトに手を加えることも避けるべきだと考えます。

自社サイトだけでなく、他サイトも分析する

コア・アップデートがあった際には、自サイトのみならず他サイトや、他のジャンルにおける順位変動も観察しましょう。そうすることで大局的にどのようなトレンドがあるのか、どのシグナルが強化されたのかを把握しやすくなります。

また、海外の情報を読んだり研究するといったこともおすすめです。

ここで強調したいのは、自サイトの動向のみでコア・アップデートの全体像は見えないと言うこと。そのため、全体像を把握する意味でも、この期間は様々なサイトや情報に目を通しましょう。

まとめ

この記事では、日本時間の2020年1月14日に起こったJanuary 2020 Core Updateに関して、現時点でわかることをまとめ、お伝えしてきました。

基本的には、まだコア・アップデートの全貌はわかっておらず、何かを結論づけるのは時期尚早です。また、アップデート期間中はサイトに手を加えることは避けましょう。

January 2020 Core Updateに関しては、これからも動向を追い、何か新しい情報があれば、Emma Magazineにて報告していきます。

また当サイトでは他にも、当社が13年以上かけて貯めた独自のノウハウを、チェックリストとして公開しています。

当社が運営するサイトは、アップデートが起こった際にも順位が安定しているサイトばかりですが、そのようなアップデートにも強いサイトを運営するエッセンスが詰め込まれたチェックリストです。SEO対策に取り組んでいる方は、ぜひ下記の資料をご覧いただければと思います。

SEO大全

おすすめの記事