オウンドメディアマーケティングとは

オウンドメディアマーケティングは最近注目されているマーケティング手法の一つで、実際に多くの企業が取り組んでいます。

ではなぜ、様々なマーケティング手法がある中で、オウンドメディアが注目されているのでしょうか。

このページでは、オウンドメディアの運営を行っている、もしくはこれから運営に力を入れていこうとしているあなたに、オウンドメディアマーケティングのポイントや集客の要となるコンテンツの作り方をわかりやすく紹介いたします。

それでは早速見ていきましょう。

オウンドメディアマーケティングとは

オウンドメディアマーケティングの
目的と効果

そもそもオウンドメディアとは、自社で保有するサイトの総称を差す言葉です。

企業のコーポレートサイトや、サービスやブランドのブログなどもオウンドメディアに該当します。

オウンドメディアマーケティングの目的は企業により様々ですが、商品の売上増やサービスの問合せ増などとする場合が多くなっています。

ではなぜ、近年オウンドメディアマーケティングが注目されているのでしょうか。そのメリットを見ていきましょう。

オウンドメディアマーケティングの
メリット

オウンドメディアマーケティングの最大のメリットは、あらゆるユーザーを顧客にできる可能性があることです。といっても、ピンとこない方が多いですよね。

そもそもオウンドメディアは、たくさんのコンテンツで構成されています。
 

オウンドメディアとコンテンツの関係性
 
オウンドメディアのコンテンツは、記事や動画など、その種類が選べ、内容・デザインも自由に作成できます。

つまりこれは、ペルソナのカスタマージャーニーに合わせて最適なコンテンツが作成できるということです。

例えば…
・認知前のユーザーには、サービスに関連するお役立ちコンテンツを作成。その中でサービスを紹介して認知してもらう。
・認知後のユーザーには、サービスについてより理解してもらえるコンテンツ(ユーザーインタビューなど)を作成する。

 
以上のように、オウンドメディアマーケティングは、あらゆるユーザーにリーチができ顧客に繋げることが可能です。

これがオウンドメディアマーケティングの最大のメリット且つ、注目されている理由といえるでしょう。

オウンドメディアマーケティングの
事例(BtoB企業の場合)

オウンドメディアマーケティングの目的や効果をより理解するために、事例を見ていきましょう。ここではBtoB向けのオウンドメディアを例に挙げて、紹介いたします。

BtoB向けのオウンドメディアでは、サービスの売上拡大のための顧客のリード獲得や問い合わせ数の増加を目的とすることがほとんどです。

以下の図ように、商談などの最終コンバージョンに至るカスタマージャーニーを考え、商談数の目標数値から逆算してリード数や問い合わせ数の目標数値を算出します。

カスタマージャーニーの例

目標数値が算出できたら、コンテンツを作成します。先ほどお伝えしたように、オウンドメディアのコンテンツは自由度が高いです。上記の青色部分のお役立ちコンテンツ、サービス紹介ページ、事例紹介ページ、セミナー情報一覧ページは全てオウンドメディア内で対策可能です。

以上のように、オウンドメディアマーケティングは自由度が高くあらゆるユーザーと接点が持てます。つまり、多くのユーザーを顧客化できる可能性を持っていると言えるのです。

オウンドメディア運営のポイント

オウンドメディアのマーケティング分析画面
上記のようなメリットがあるオウンドメディアマーケティングですが、運営にあたっていくつか注意点があります。

しっかりと効果に繋げるためにも、ここで紹介する運営のポイントをしっかり押さえましょう。

オウンドメディア立ち上げ時の計画

オウンドメディアマーケティングでは、どんなメディアにするのか計画した上で運営を行っていく必要があります。例えば、以下のような点を明確にしましょう。

メディア運営の目的

リード獲得、問い合わせ数の増加、ブランディングなど、オウンドメディアを運営する目的は企業により様々です。メディア運営の目的をはっきりさせることで、戦略を立てやすくなります。

他社メディアとの差別化

オウンドメディアは近年多くの企業が取り組んでいるマーケティング施策です。つまりそれだけライバル企業も多いということ。他社メディアとどう差別化して、顧客化させるのかもマーケティング戦略において重要です。

運営体制

オウンドメディアマーケティングを成功させるには、運営する人員が必要です。

「立ち上げたけど社内で運営する人がいない」というのは、実は多くの企業が抱える課題。人員計画もしっかりと練るのが成功の第一歩です。

 
オウンドメディアマーケティングでは、立ち上げ前に上記のような計画を練るのが一般的。オウンドメディアを運営する上での土台になる重要なポイントなので、しっかりと計画を立てましょう。

ユーザーを育成する

オウンドメディアマーケティングは、すぐに効果がでるものではありません。ユーザーは一度サイトに訪れても、すぐ顧客にはならず、離脱するのが一般的なのです。

そのため、何度もサイトを訪れてもらいサービスを認知してもらうことや、必要な時に思い出してもらう仕組みづくりなど、長期的にユーザーを育成して顧客化させることが重要になってきます。

SEOアルゴリズムの変化を追う

オウンドメディアの集客の中心となるのは自然検索からの流入です。そのため、オウンドメディアマーケティングを成功させるには、SEO対策が必須。

Google検索エンジンのアルゴリズムは日々アップデートしており、それに伴いSEOの順位も変動します。

安定的な集客に繋げるには、トレンドに合わせたコンテンツを作成すること、また既にアップしたコンテンツの情報を更新していくことが必須です。

コンテンツの継続的な更新

特に立ち上げ期のオウンドメディアの場合、ドメイン評価がされておらず、コンテンツを上げてもすぐ流入には繋がりません。

オウンドメディアマーケティングを成功させるには、立ち上げて後も継続的にコンテンツを更新し、徐々にユーザーの流入を増やしていく必要があります。

有料広告を併用する

効果が出るまでに時間を要するSEO対策と比較し、即効性のある有料広告。

費用対効果を考えた上で、SEO対策と並行して進めていくことで、確実にオウンドメディアを成長させることができます。

オウンドメディア以外のコンテンツ

オウンドメディアから集客に繋げる方法には、自然検索からの流入や有料広告の他に、SNSやメルマガなどのメディアと連携する方法もあります。

例えばSNSで専用アカウントを立ち上げてフォロワーを獲得し、そこからオウンドメディアに流入させるなどです。

マーケティング成功の鍵は
SEOコンテンツ

SEOコンテンツの重要性・意味

オウンドメディアマーケティングを成功させるには、SEO対策が肝になります。なぜそんなことが言えるのか、理由を簡単に見ていきましょう。

まず、ユーザーがコンバージョンするまでのフローは以下のように、尻すぼみ型です。

オウンドメディアマーケティングに集客が重要な理由

つまり、オウンドメディアマーケティングを成功させるには、まずはメディアへのアクセス数を増やすことが重要になります。

SEO対策で1位が取得できた場合、そのクリック率は約20%

月間検索数が10,000のキーワードであれば、2,000人がオウンドメディアへ流入する計算です。無料でこれだけの効果が得られるSEO対策は、マーケティング成功には必須の対策なのです。

では、どうすればSEOで効果的なコンテンツを作ることができるのでしょうか。その作り方を見ていきましょう。

SEOコンテンツの作り方

seoコンテンツの作り方

競合分析

良質なSEOコンテンツを作る第一歩は、ユーザーが商品やサービスを購入するメリットを明確にすることです。

たとえSEO対策で上位を取得してユーザーがメディア内に訪ずれても、自社サービスのメリットを的確に訴求できなければ、問合せやリード獲得に繋がることはありません。

競合サービスの特徴を比較した上で、自社サービスを選ぶことでユーザーが得られるメリットをコンテンツ内で訴求することで、顧客獲得に繋がります。

以下のような比較表を作成するのがおすすめです。

商標
(サービス名)
料金 スペック 口コミ サポート内容
サービスA
サービスB
サービスC

 
この作業を行うことでサービスを購入するメリットを明確にできるだけでなく、オウンドメディア内での訴求に一貫性を持つことができ、ユーザーからの信頼獲得にも繋がります。

キーワード戦略

サービスの訴求ポイントが整理出来たら、次に行うのはキーワード戦略です。目標数値を達成するためには、どのキーワードで何位を獲得すべきか、逆算をしていきましょう。

目標 月間検索
ボリューム
流入数
キーワードA 1位 1,000 200
キーワードB 2位 1,000 200
・・・
・・・
目標流入数 10,000

※クリック率は1位:20%、2位:10%で計算
      

ユーザーの課題を把握

キーワードが決まったら、実際にSEOコンテンツを作成します。ここでのポイントは、ユーザーの検索意図を徹底的に考え、その課題を解決することです。

Googleはユーザーの役に立つコンテンツをSEO的に評価して順位を上げます。

例えば、「オウンドメディア 作り方」で検索してくるユーザーは、これからオウンドメディアを立ち上げようとしているので、その作り方を知りたいと思っていることが予測できます。

しかし、その情報だけでは不十分です。

「オウンドメディア 作り方」で検索しているということは、あまりオウンドメディアについて詳しくない、かつ立ち上げた先には顧客のリード獲得や問い合わせ数増加という目的があることが予測できます。

つまり、単にオウンドメディアの作り方を紹介するだけではなく、その先の目的を達成する方法をコンテンツに盛り込むことでユーザーの課題を解決できるSEOコンテンツが作成できるのです。

記事構成を作る

ユーザーが抱えている課題が把握できたら、次に記事構成を作ります。記事構成とは、記事の設計図であり、方針を示す重要な役割を持ちます。

ユーザーの課題を解決するためには、どんな情報をどんな順番で記載すべきか、また記事のゴールをどこに置くかなどを考えて作成しましょう。

記事構成の流れは、導入文⇒本文⇒まとめが一般的です。

コンテンツの作成

作成した構成を元に、コンテンツを作成していきます。

コンテンツを作成していると、どうしても自社サービスを優遇したい、と思ってしまいます。

しかし、これはNG。あくまでもユーザー目線を心がけ、コンテンツを作成しましょう。でないと、ユーザーはすぐに離脱してしまいます。

コンテンツ作成後はリライトが必須

サイト立ち上げ期は、新規コンテンツの作成がメインになります。しかし、対策キーワードは無限にあるわけではありません。

一通りコンテンツが作成できたら、次にコンテンツのリライトを行いましょう。

コンテンツのリライトで行うこと
・上位サイトと比較し、不足情報を追記
 SEO順位は相対比較で決まる。競合サイトと比較して足りていない情報はないかチェック
・ユーザー動向の改善
 離脱率の高さは、SEO評価を下げる要因になる。ヒートマップツールを用いて離脱箇所を改善する。
・検索クエリのチェック
 コンテンツに流入がある場合、実際にどんなキーワードで流入しているのかをチェック。それを元に情報を増やすことで、ロングテールキーワードからの流入増を目指す。
・古い情報の更新
 SEOでは情報の新鮮さも評価の対象になる。古い情報があれば更新する。

まとめ:成果を上げるにはツールを活用する

ここまでオウンドメディアマーケティングの運営のポイントや、マーケティングの中でも重要になってくるSEOコンテンツの作り方について紹介しました。

オウンドメディアマーケティングで成果を上げるには、SEOに効果的なコンテンツを作成することが重要です。

しかし、「コンテンツを作成してもSEO順位がなかなか上がらない」という悩みを抱える企業はとても多いのです。

弊社でサポートする企業様は、「EmmaTools™ for Writing」を利用してコンテンツを作成したところ、流入数300%UPの成果を出されました(導入事例の詳細はこちら)。

EmmaTools™を使えば、コンテンツで使うべきキーワードやその回数がわかり、また作成したコンテンツのSEO効果をスコアで評価してくれます。そのため、誰でも品質の高いコンテンツを作成することができるのです。

今なら無料トライアルを実施中ですので、オウンドメディアマーケティングに力を入れていきたいという方は、以下のページから詳細をご覧ください。