Googleで検索順位を上げる方法

『検索順位はどんな仕組みで決まっているの?』
『検索順位を上げるにはどうしたらいいの?』

サイト運営やブログを始めて間もないと、こうした検索順位に関する悩みを抱えていることでしょう。

「検索順位が決定される仕組み」や「順位を上げる方法」を知らないと何から手をつければいいのか分からないので、いつまで経ってもサイトやブログにアクセスが集まらないという危険な状況にも陥りかねません。

そこで当ページでは、サイトやブログへのアクセスを集めて目標を達成できるように、検索順位の仕組み順位を上げるための対策について詳しく解説し、検索順位を把握するためのおすすめチェックツールもご紹介します。

サイト運営者やブロガーだけでなく、マーケティング担当者やSEO担当者の方にとっても役立つ内容となっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

検索順位を上げるための基礎知識

検索順位に関する基礎知識

検索順位の上げ方をご紹介する前に、まずは「検索順位の定義」や「どのように順位が決まるのか」という基本的な知識をご紹介していきます。

基礎知識をしっかりと押さえた上で、実際に検索順位を上げる方法について見ていきましょう。

※すでに検索順位について熟知している方は読み飛ばしていただいて構いません。

検索順位とは?

「検索順位」とは、GoogleやYahoo等の検索エンジンを利用してキーワードを検索した際に、表示されるページの順位のことを言います。

マーケティングにおいて“検索順位を上げる”というのは非常に重要です。例えば、検索ボリュームの多いキーワードで高い検索順位を保つことができれば、広告費用などを支払うことなく、多くのアクセスを安定的に集めることが可能となります。

つまり、検索順位を上げることは、より多くのアクセスを集めることができるため、商品購入やサービスの申し込みといった結果に直結しやすいというわけです。

この、検索順位を上位にする施策を「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」、略してSEO(エスイーオー)と呼びます。

検索順位が決まる仕組みは?

では、検索順位はどのようにして決まるのでしょうか。一言でいうと、Googleの検索アルゴリズムによって順位が決定されます。

アルゴリズムとは、Googleが決めている検索順位を決定する際のルールのようなもの。検索アルゴリズムから検索キーワードと関連性の高いページを判断し、ランク付けをしています

具体的にどんなルールなのかは公表されていませんが、Google社が運営するウェブマスター向け公式ブログや、YouTube、SNSやセミナー等、様々な場で、アルゴリズムの一部やヒントを知ることは可能です。

アルゴリズムの要素は200個以上あり、これらの要素で高い評価をえることでGoogleやYahooの検索エンジンでできる可能性が高くなると言えます。

アルゴリズム変更による検索順位の変動は度々ある

検索順位決定の仕組みであるアルゴリズムは、常に一定というわけではありません。

Google社は日々アルゴリズムにアップデートを加えており、1日単位でも検索順位は変動します。

それは、常にユーザーに最高の価値を提供するということをGoogle社が目指しているため。常に、テストを行いながらユーザーにとって最適な検索結果を追求しているのです。

中でも「コアアップデート」と呼ばれる大規模なアップデートが行われた際には、検索順位が大幅に変動し、1ページ目だったページが、突然圏外になることも珍しくありません。

そのため、高い検索順位を保つためには、Googleのアップデートを把握し、サイトを分析・改善し続ける必要があります

GoogleとYahooの検索エンジンに違いはある?

検索エンジンによる違い

日本国内において特に検索のシェアが大きいGoogleとYahooですが、それぞれの検索エンジンによって検索順位は異なるのでしょうか。

結論、GoogleとYahooで検索順位に違いはありません

2010年頃まではYahooは独自の検索エンジンを採用していました。しかし、現在ではYahooはGoogleの検索エンジンを採用しており、両者はほとんど同じ検索結果が出るようになっています。

そのため、Googleのアルゴリズムを知ることが、GoogleはもちろんYahooにおいても検索順位を上げる近道といえるでしょう。

日本における主要な検索エンジン

日本で良く利用されている検索エンジンとしては、Google、Yahoo!、bingの3つの検索エンジンが有名ですよね。

現在、日本の検索エンジンシェア率は以下のようになっています。

日本の検索エンジンシェア率※2020年11月時点
Google Yahoo! bing
パソコン 79.01% 12.07%  8.44%
タブレット 70.30% 26.17%  3.05%
モバイル 75.24% 24.13%  0.26%
全デバイス 77.13% 17.72%  4.70%

データ引用元:https://gs.statcounter.com/search-engine-market-share/all/japan

ご覧のように、日本における検索エンジンのシェア率は、GoogleとYahoo!の2つの検索エンジンで90%以上となっています。

前述したように、現在Yahoo!が利用している検索アルゴリズムはGoogle検索のものなので、実質、日本の90%以上の人がGoogle検索を使っているということです。

そのため、検索順位を上げるためのSEO対策では、Google検索における検索順位が非常に重要。詳しくは後述しますが、検索順位を上げるために、まずはGoogle検索への最適化を進めていきましょう。

※検索エンジンとインターネットブラウザ(Chrome、Safari、Edge、Firefoxなど)は別物です。よく混同されますのでご注意ください。

検索順位によるクリック率の違い

表示順位によるクリック率(CTR)の違い

検索順位が上がれば多くのアクセスを見込めると言っても、実際にはどれほど大きな違いがあるのでしょうか。

ここからは検索順位によるアクセスの違いを見るため、検索結果に表示されたページが、どれだけの割合でクリックされアクセスにつながったのかを示す「クリック率」を見ていきましょう。

2017年にInternet Marketing Ninja社が行った、検索順位とクリック率の関係性の調査では以下の結果が出ています。

検索順位 クリック率(CTR)
1位 21.12%
2位 10.65%
3位 7.57%
4位 4.66%
5位 3.42%
6位 2.56%
7位 2.69%
8位 1.74%
9位 1.74%
10位 1.64%

引用元:https://www.internetmarketingninjas.com/blog/google/announcing-2017-click-rate-study/

ご覧のように、検索順位1位と10位ではクリック率で「12倍以上」の差があることがわかります。

これは、月間の検索回数が10,000回あった場合、検索順位が1位なら2,000以上のアクセスが見込めるのに対し、検索順位が10位だとわずか164アクセスしかないことを意味します。

1ページ目でもこれだけの差が出ますので、2ページ目以降ではさらに低いということは言うまでもありません。

以上の通り、「どれだけ検索順位の上位を獲得できるか」がマーケテイング上では非常に重要な意味を持つことがご理解いただけたのではないでしょうか。

ではいよいよ、実際に検索順位を上げるためのSEO対策について見ていきましょう!

SEOで必要な5つの対策

上位表示するために必要なSEO対策

ここでは、検索順位を上げるために特に重要と考えられる5つの対策をご紹介します。5つの対策とは、以下の通りです。

検索順位向上に重要な5つの対策
  • Googleの理念を理解する
  • キーワードの検索意図を把握する
  • タイトルとディスクリプションにキーワードを入れる
  • 見出し(hタグ)にもキーワードを入れる
  • 被リンクを増やす

それぞれ詳しく解説します。

Googleの理念を理解する

まずはGoogleの理念を理解することが重要です。

なぜなら、検索順位を決定するGoogleの検索エンジンのアルゴリズムはこの理念に基づき決定されているため。

公式ページに掲載されているGoogleの理念「Google が掲げる 10 の事実」は、以下のとおりです。

  1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
  2. 1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
  3. 遅いより速いほうがいい。
  4. ウェブ上の民主主義は機能する。
  5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
  6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
  7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。
  8. 情報のニーズはすべての国境を越える。
  9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。
  10. 「すばらしい」では足りない。

引用元:https://www.google.com/about/philosophy.html?hl=ja

上記の理念に基づき、Google検索エンジンのアルゴリズムはアップデートを重ねられているため、Googleの理念を遵守することは検索順位を上げるために必要不可欠な要素となります。

Google公式ページでは、10個の理念についてより詳細に知ることができますので、必ず目を通しておくようにしましょう。

キーワードの検索意図を理解する

次に、キーワードを検索する人がどんな疑問や要望を持って検索しているのかを把握することが重要です。

なぜなら、キーワードを検索するのは人間であり、検索するという行為は疑問や要望を解決するために行うからです。

そのキーワードの検索意図を理解しユーザーのニーズに応えることが、Googleの理念でも最初に挙げられている「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。」ということにつながります。

つまり、キーワードの検索意図を理解し、ユーザーニーズを満たすことこそが検索順位を上げるために重要な要素なのです。

ちなみに、検索意図が理解しきれないキーワードの場合は、実際にそのキーワードを検索し上位に表示されているページを分析してみることをおすすめします。

タイトルとディスクリプションにキーワードを入れる

検索順位をあげるための対策3つ目は、タイトルとメタ情報(メタディスクリプション)にキーワードを入れることです。

タイトルとディスクリプションはGoogleの検索結果上で表示される重要な要素。この2箇所にキーワードを含めることで、Googleにとっても、検索するユーザーに対しても何について書いてあるコンテンツなのかをわかりやすく伝えることができます。

特に、タイトルは検索順位を上げるために最も重要な要素のひとつですので、クリック率を上げるためにも確実にキーワードを入れるようにしましょう。

ただし、キーワードを必要以上に入れてしまうとGoogleからペナルティを受け、順位が大幅に下がる可能性もあるので要注意。あくまでも自然にキーワードを使用することを心がけましょう。

見出し(hタグ)にキーワードを入れる

検索順位を上げるためには、見出し(hタグ)にもキーワードを使うことが重要です。

見出し(hタグ)はタイトルの次に重要視されている要素です。そのため、h1・h2・h3タグなどの見出しにもキーワードを含めることで検索順位の向上が期待できます。

中でもページ内の最初の見出し(hタグ)は特に重要ですので、ユーザーが最も知りたいであろう答えを示す見出し(hタグ)を最初に持ってくるようにするといいでしょう。

なお、見出し(hタグ)の場合もキーワードを入れすぎるとGoogleにペナルティを受ける可能性がありますので、自然に入れることを心がけましょう。

被リンクを増やす

検索順位を上げるための対策5つ目は、被リンクを増やすことです。

被リンクとは、外部サイトから自サイトに張られたリンクのことを指します。被リンクが多いということは、他のサイトから参考にされている証となり、Googleから信頼性の高いサイトと評価されます。

検索順位を上げるためには被リンクも非常に重要であり、一昔前は被リンクを多く獲得すれば比較的簡単に上位表示される時代もあったほど。

現在では、以前ほどの高い効果を持ちませんが、アメリカの著名なSEO会社であるBacklinkoの調査では、下図のような被リンクと検索順位の相関関係も出ています。

被リンクと検索順位の相関関係引用元:https://backlinko.com/search-engine-ranking

ただし、どんなサイトからの被リンクでもいいわけではありません。被リンクの質も重要視する必要があります。

特に良質とされているのは主に次の3種類です。

良質な被リンクの種類
  • 権威性のあるサイトからの被リンク
  • 実績のあるサイトからの被リンク
  • 自サイトと関連性の強いサイトからの被リンク

被リンクの獲得は簡単ではありませんが、良質な被リンクが自然と集まる状態を作ることは可能です。具体的な施策については以下の記事で解説していますので、合わせてお読みください。

検索順位を上げるための対策を行った後は、検索順位の変動を日々追いかけ、分析し続けることが重要です。

そこで次に検索順位をチェックできるツールについてご紹介していきます。

おすすめの検索順位チェックツール

最後に、検索順位をチェック・確認できるおすすめのツールをご紹介します。

前述しましたが、検索順位は日々変動しているので、どのキーワードで検索順位が上がったか・下がったかを常に知っておく必要があります。

そこで、以下からご紹介する順位調査ツールを使い、自サイトの検索順位を確認し上位表示できるよう対策しましょう。

GRC(無料~)Google/Yahoo!/Bing対応

順位チェックツールGRC引用元:https://seopro.jp/grc/

検索順位チェックツールとして利用者も多いのがGRCです。

2004年にできた検索順位チェックツールで、2006年にはVectorのベストオンラインソフトに選ばれた、おすすめの順位調査ツールです。

検索順位チェックツール「GRC」の順位取得サンプル画像引用元:https://seopro.jp/grc/

ダウンロードして使用しWindows、Macともに対応。検索順位の調べ方も簡単で、サイトURLとキーワードを登録すれば、Google、Yahoo、Bingの3つの検索エンジンの検索順位をボタン1つで取得できることができます。

無料で使うこともできますが、有料版にアップデートすれば、調査項目数の制限を緩和・解除することも可能です。

検索順位チェックツール「GRC」の料金表引用元:https://seopro.jp/grc/

BULL(有料:1,150円~/月)Google/Yahoo!/Bing対応

BULL引用元:https://bullseo.jp/

BULLはクラウド型の検索順位チェックツールです。インストール不要で複数のパソコンやスマホから検索順位を確認することができます。
そのため、ログインIDやパスワードを共有することで複数人で同時アクセスも可能ですので、社内の複数の人間・複数の場所で検索順位を調査・管理したい場合に便利なツールです。

また、BULLは、Googleのアルゴリズム変動と検索順位の変動を比較できる機能が備わっているのも特徴。

検索順位に変動があった場合、アルゴリズムアップデートによるものかを瞬時に判断できますので、より適切な対策を講じることができるメリットもあります。

有料で、月額1,150円~の料金がかかりますが、最初の2週間は無料で試すことが可能です。

検索順位チェックツール「BULL」の料金表引用元:https://bullseo.jp/

検索順位チェッカー(無料)Google/Yahoo!/Bing対応

検索順位チェックツール「検索順位チェッカー」引用元:http://checker.search-rank-check.com/

検索順位チェッカーは、インターネット上で検索順位をチェックできるツールとなっています。月額料金などもなく、完全無料です。

非常にシンプルなサイト構成になっており、URLとキーワードを入力するだけですぐに検索順位を調べることができます。

調査できるキーワード数は1度に5つまでと限られてはいるものの、Google・Yahoo・Bing3つの検索エンジンのパソコンとスマホの検索順位にも対応しています。

つまり、1つのキーワードに対し、合計6パターンの検索順位を知ることができるのが特徴です。

なお、検索結果はCSV形式でダウンロードも可能なので、日々の検索順位を計測するのにも活用できます。

検索順位チェックツール「検索順位チェッカー」の順位取得サンプル画像引用元:http://checker.search-rank-check.com/

SEOチェキ!(無料)Google/Yahoo!対応

seoチェキ引用元:https://seocheki.net/

SEOチェキもインターネット上で検索順位を無料でチェックできるツールです。

検索順位をチェックしたいURLとキーワードを入れると、GoogleとYahoo!それぞれの検索順位を表示してくれます。
1度に調査できるキーワードの数は3つまでですが、ネット環境さえあればいつでも使用することができるため、ふと気になったキーワードがあった時の検索順位を確認するのに便利です。

検索順位チェックツール「SEOチェキ!」の順位取得サンプル画像引用元:https://seocheki.net/

また、検索順位のチェック以外にも、サイトの内部施策全体を見てくれる「サイトSEOチェック」や、キーワード出現頻度、発リンク、Whois情報も無料でチェックすることができるのが特徴です。

EmmaTools™(有料)Google対応

EmmaTools™のバナー

最後におすすめするのは、弊社が開発したSEOツール『EmmaTools™』です。

日々の検索順位を確認できるのはもちろん、前日と比べた順位変化や過去から現在までの検索順位の推移をチャートで確認したりも可能。

パソコンとスマホ、両方の検索順位を確認することができます。

EmmaTools™順位チェッカーのサンプル画像

順位チェッカーで検索順位を確認するには、対策したいキーワードを登録すればOK。月間検索ボリュームも自動で取得してくれます。

最高順位や平均順位などサイトの検索順位の変化を確認するために必要な指標も一括確認でき便利です。

さらに、EmmaTools™は検索順位の調査だけでなく、SEO効果の高いコンテンツを作成できるのも特徴。使い方も簡単で、コンテンツの質を独自のアルゴリズムでスコア化することで、SEO効果の高いコンテンツを誰でも作成することができます

検索順位を確認するのはもちろん、同時にコンテンツでもSEO対策をしていきたいという方におすすめのツールです。

まとめ

以上、この記事では検索順位の仕組みと上位表示させるための対策を解説しましたがいかがでしたか。

検索順位には様々な要素が関係しており、Googleのアルゴリズムの変動などにより日々順位は変わります。それだけに本質的な検索順位の仕組みを知ることが、SEO対策には重要です。

今回の対策内容をご参考いただき、自サイトの検索順位アップにお役立てください。さらに詳しいSEO対策情報について知りたい方は下記もあわせてご覧ください。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。