SEOの分析方法について

SEO(検索エンジン最適化)において重要なのは、自社サイトや競合サイトの分析。

とはいえ、「何をどう分析したらいいのかわからない」というサイト担当者の方も多いのではないでしょうか。

事実、SEO分析ツールは数が多く、また使える機能もツールにより多種多様。

サイトを最短・最低コストで改善して順位を上げるためには、適切なSEO分析ツールを使いこなさなければなりません。

この記事では、「サイトのSEO対策の分析方法がわからない」という全ての方に、そもそもSEOの分析方法にはどんなものがあるのか、分析時にはどんなツールを使い、どんなやり方で分析すればいいかを紹介いたします。

この記事に書いてあることが実行できれば、SEO対策における分析方法がわかり、サイト改善の道筋を立てることができるようになります。

小手先のテクニックではなく、GoogleのSEO対策における本質をとらえた内容になっているので、しっかりと成果に結び付けたいと考えている方はぜひご一読ください。

SEO対策に必要な分析とは

そもそも、SEO対策の分析にはどんながものがあるのでしょうか。

サイトの成長フェーズや課題ごとに、必要なSEO対策の分析方法をまとめました。

該当するものをタップして、詳細にスクロールしてください。

サイト立ち上げ初期の分析方法とおすすめツール

これからSEOコンテンツを作成していく、もしくは複数SEOコンテンツをアップした状態など、サイトの立ち上げ期に必要な分析のやり方とおすすめSEOツールを紹介します。

インデックス登録しているかチェックする

検索エンジンにページが認識されるには、まずはGoogleのデータベースに登録(=インデックス)されなければいけません。

インデックスされているかどうかをチェックするには、Google Search Console(グーグルサーチコンソール)というSEOツールを利用します。 

以下の赤枠部分に調査したいページのURLを入力することで、インデックス登録がされているかチェックできます。

Google Search Consoleは、サイト運営担当者なら使用必須のSEO分析ツールです。インデックス登録のチェックの他にも、既存記事の分析に役立ちます。

サイト立ち上げ期だけでなく、SEO対策を進めていく上で継続的に利用するツールですので、必ず設定をしておきましょう。

なお、インデックス登録のチェックは、Googleの検索窓で「site:https://〇〇(チェックしたいページのURL)」と検索することでも調べることが可能です。

もしインデックスがされていない場合、以下の要因が考えられます。該当する場合は修正しましょう。

noindex設定がされている

誤った設定により、Googleからのインデックスを拒否している可能性があります。タグ内に以下のような記述がないかチェックしましょう。

<meta name=”robots” content=”noindex”>

サイトマップが送信できていない

サイトマップとは、ページ構造を一覧にしたページのことです。サイトマップがあることで、Googleのクローラー*がサイト内を回遊しやすくなり、インデックス登録のスピードが上がることが期待できます。

正しく送信できているかどうかは、先ほど紹介したGoogle search consoleでチェックすることが可能です。

*クローラーとは:
Google検索エンジンなどのロボットが、Webサイト上のデータ収集を行うプログラムのこと。Googlebot(グーグルボット)と呼ぶこともある。

サイトマップはユーザー向けのHTMLと、クローラー向けのXMLの2つのファイル形式がありますが、どちらも作成するようにしましょう。
Googleのヘルプセンターによると、特に以下に当てはまるサイトの場合はサイトマップが役立つと言います。
 

  • サイトのサイズが非常に大きい。
  • サイトにどこからもリンクされていない、または適切にリンクされていないコンテンツ ページのアーカイブが大量にある。
  • サイトが新しく、外部からのリンクが少ない。
  • サイトに動画や画像などのリッチメディア コンテンツが多数含まれている、またはサイトが Google ニュースに表示されている。
  • 引用:
    https://support.google.com/webmasters/answer/156184

     
    せっかく良いコンテンツが作成できていたとしても、Googleに認識されていなければ、検索結果に表にされることはありません。

    そのためインデックス登録されているかの確認は必ず行いましょう。

    Googleからペナルティを受けている

    サイト立ち上げ期の場合、ドメインパワー*が弱いため、ペナルティのリスクも高まります。Googleが定めたガイドラインに違反していないか、チェックしましょう。

    Googleのガイドラインによると、以下のような行為はペナルティ対象になります。
     

    • コンテンツの自動生成・隠しテキストや隠しリンク
    • 無断複製されたコンテンツ
    • 十分な付加価値のないアフィリエイトプログラムへの参加・ページへのコンテンツに関係のないキーワードの詰め込み・構造化データのマークアップの悪用
    • Google への自動化されたクエリの送信

    ※主なペナルティを抜粋。その他ペナルティ対象についてはGoogle公式ガイドラインをご覧ください。

    引用:
    https://support.google.com/webmasters/answer/35769

    *ドメインパワーとは
    そのドメインがどれくらい検索エンジンから評価を受けているかを表わす言葉です。

    対策キーワードの選定時の分析方法とおすすめツール

    次は、SEO記事を書く前に非常に重要なポイントである、キーワード選定時の分析方法とおすすめツールについて紹介します。

    メインの対策キーワードを設定する

    キーワードを決める際、まずはそのメインとなる対策キーワードをいくつかピックアップします。まずは思いつきでいくつか挙げてみましょう。

    ここで大事なのは、コンバージョンに繋がるキーワードを見極めることです。ターゲットとなるユーザーはどんな悩みや疑問を抱えていて、どんなキーワードで検索しているのかをしっかりと分析しましょう。

      家電通販サイトの場合
    一人暮らし 家電
    家電 おしゃれ
    家電 安い etc

    キーワードがなかなか思いつかない場合、Ahrefs(エイチレフス)という分析ツールを使ってみるのもおすすめです。このツールでは、競合がどんな検索キーワードから流入してきているのかがチェックできます。

    エイチレフスは有料の分析ツールですが、キーワード選定だけでなく、サイト運営の分析で網羅的に使える優秀なツールです。Webサイト運営者であればぜひ活用してみましょう。

    キーワードの洗い出し

    メインのキーワードが抽出できたら、そこからキーワードを洗い出します。ここで使えるのは「ラッコキーワード」などの関連キーワード取得ツールです。

    ラッコキーワード

    検索窓にメインキーワードを入れて検索ボタンを入れることで、数多くの関連キーワードを取得することが可能です。

    また、類語検索などを用いて、意味が似ている言葉を調査してキーワードの抜け漏れがないようにしましょう。この作業はかなり根気がいりますが、土台となる重要な作業です。

    キーワードの絞り込み

    キーワードの洗い出しが行ったら、実際に記事を作成するキーワードを決定します。選定の軸は以下です。

    検索ボリューム数

    検索ボリュームの数が少なければ、ユーザー集客へのインパクトも小さくなります。Googleプランナーを用いて、キーワードの検索ボリューム数をチェックしましょう。

    コンバージョンに近いか

    洗い出したキーワードの中には、コンバージョンから遠いキーワードも存在します。こういったキーワードは順位を上げることができてもなかなか成果には繋がりません。

    以下のどのファネルにいるユーザーが検索しているキーワードなのかを見極め、コンバージョンに近いキーワードを選定しましょう。

    SEO対策における購買ファネル

    SEOコンテンツの作成(新規)の分析方法とおすすめツール

    キーワードが選定できたら、いよいよSEO記事の作成を行います。ここで重要なのは、ユーザーのインサイトを捉えて、ユーザーが満足する記事を作成すること。具体的に必要になる分析方法は以下の3つです。

    競合サイト分析

    対策キーワードで上位に来ているサイトの分析を行います。狙っている対策キーワードを実際に検索して、各サイトにどんな情報が盛り込まれているか分析しましょう。

     注意
    競合サイトの分析で必要なのは、単ページの情報だけではありません。検索エンジンのランキングは相対比較で決定するため、単ページSEOに限らず、ドメインパワーなどのサイト評価も比較することが大切。

    具体的には、被リンク数、サイト全体の記事数などを競合サイトと比較し、不足ポイントがあれば対策しましょう。

    関連キーワード分析

    メインキーワードに対して関連度の高いキーワードを調査することで、ユーザーのニーズを把握します。関連キーワードの取得には、無料で使える「ラッコキーワード」がおすすめです。

    ニーズを読み取り、そのニーズを全て満たす記事を作成することがSEO記事の作成における基本となります。

    SEO記事を作成する際に心がけること

    パソコンで記事を書いている
    先ほどお伝えしたように、SEO記事の作成における基本は、ユーザーのニーズを満たす記事を作成することです。

    それに加えて、独自性のある記事作成を心がけましょう。

    Googleのアルゴリズムには検索結果に多様性を持たせる意図があるといわれています。

    そのため、上位表示している記事と同じような内容では、効果はなかなか得られません。他の記事にはない、独自の要素を盛り込む工夫が必要です。

    最適な文字数

    「SEOで効果的な記事の文字数は?」という疑問は、誰もが一度は抱きます。しかし、これに対する明確な答えはありません。なぜなら、対策キーワードによりユーザーが求める情報量が大きく異なるからです。

    ただし、SEOの順位は相対比較で決まるため、競合サイトを一つの指標とすることができます。検索結果の上位に来ている記事の文字数をチェックし、どのくらいの文字数が適切か判断しましょう。

    タイトルの決定方法

    タイトルは、SEO記事の顔となる重要な部分。SEO対策において効果的なタイトルの付け方は、ユーザーにとって魅力的であり、記事の内容をずれがないことです。

    また、先ほどお伝えしたように、Googleの検索エンジンは多様性のある検索結果を表示する傾向があります。そのため、タイトルにおいても独自性が重要。

    競合サイトのタイトルを分析し、何がユーザーに刺さりやすいのか見極めましょう。その他、以下の基本ポイントは押さえたタイトルを作成しましょう。

    • 対策キーワードを入れる
    • タイトル文字数は32字以内

    SEOライティングの詳しいやり方はこちら

    SEOコンテンツの改善(リライト)の方法とおすすめツール

    コンテンツは十分に作成したけど、なかなかGoogleに評価されない場合、既存記事の改善(リライト)を行う必要があります。ここで必要な分析は、以下の通りです。

    前提:
    インデックスされているかチェックする

    サイト立ち上げ時の分析方法でも紹介したように、インデックス登録がされていなければ、検索結果に表示されることはありません。Google search consoleを使い、該当ページがインデックスされているかチェックしましょう。

    現状の順位を分析する

    検索順位チェックツールなどを使い、対策キーワードにおける記事の順位動向をチェックします。ここで重要なのは、一時的な順位だけでなく動向を分析することです。

    例えば同じ30位の記事でも、以下のような場合では対策方法が異なる場合があります。

    • 検索結果1ページ目に来ていたものが、ここ数日で30位に順位が落ちた
    • これまでランク圏外だったものが30位に順位が上がった

    前者の場合、Googleペナルティを受けている可能性があるためその要因分析が必要です。

    後者の場合はサイト評価が上がってきている可能性があるため、上位に来ている競合サイトと比較し、不足部分を改善していくなどの対策を打つことができます。

    ペナルティの可能性がある場合、Googleのガイドラインをチェックし、違反する箇所がないかチェックを行いましょう。

    なお、ペナルティを受けていない場合のリライト方法について紹介します。

    流入キーワードの分析

    words
    Google Search Consoleを使い、ユーザーがどんなキーワードで流入をしてきているのか分析をしましょう。

    そのキーワードに関するニーズが不足しているのであれば、追記します。

    また、そもそも対策キーワードと流入キーワードにずれが生じている場合、コンテンツ内容の見直しが必要です。

    もしくは、流入キーワードの方にコンテンツ内容を寄せてリライトするという方法もあります。

    コンバージョンへの影響を予め分析した上で、方針を決定させましょう。

    上位表示記事、サイトの分析

    記事作成から時間が経つと、同じキーワードでもニーズが変わることがあります。SEO記事作成時と同じく、改めてユーザーのニーズが網羅できている記事なのか見直しましょう。

    ユーザー動向の分析

    そのページに訪れたユーザーが、どこで離脱しているのか、またはこちらが意図しているリンク先に遷移しているのかなど、ユーザー動向の分析を行いましょう。

    ここで使えるSEO分析ツールは「ヒートマップツール」と呼ばれるものです。

    ヒートマップツールは、ユーザー動向を視覚的にで理解できるツールです。 他のツールと比較すると、色で表現されているため、直感でユーザーの動きが確認できます。

    順位は上位にきているがコンバージョンに繋がらない

    アクセス解析

    Google Analytics(グーグルアナリティクス)という分析ツールを使うと、そのサイトに訪れたユーザーのアクセス解析を行うことが可能です。

    具体的に分析できる項目は以下の通りです。

    • セッション数やPV数の確認
    • ユーザー属性のチェック(性別、年代)
    • コンバージョンしたユーザーがどのページを見たのか、どのように遷移をしたか
    • etc

    そもそもアクセス数は十分なのか、ターゲットとなるユーザーが訪問しているのか、適切なページにユーザーが遷移しているかなど、Google Analyticsでは多様な数値を分析することが可能です。

    またページ単位の分析であれば、先ほどで紹介したヒートマップツールも役立ちます。どこで離脱しているのか、適切な箇所で遷移しているのか等は、このツールも用いて分析しましょう。

    サイト内でファネルダウンを
    させることが重要

    よくやりがちなのが、ページ内でユーザーをコンバージョンまで繋げようと、セールス感のある無理な誘導を行ってしまうことです。

    ユーザーがコンバージョンに至るまでには、意識を徐々に遷移させていく必要があります。

    例えば認知段階の検索キーワードで商材の良さをいくら伝えても、決定までに十分な情報がないため、コンバージョン率は低くなることが想定されます。

    意識を遷移させないとユーザーは購買しない

    適切にページ遷移をしてもらい、徐々にサイト内でファネルダウンをさせていくことを意識してみましょう。

    まとめ:SEO対策で順位を上げるには

    ここまでSEO対策における分析方法や使えるツールについて紹介してきました。

    SEO対策において最も重要であるのは、ユーザーにとって利便性の高いコンテンツです。答えは全てユーザーが持っているので、データを取得し分析することで、ユーザーのニーズをしっかりと満たす記事やサイト構造を実現させましょう。

    ぜひこの記事の内容を参考に、サイト改善に取り組まれてみてください。

    コンテンツの無料診断でSEO効果をチェック

    SEO対策において様々な分析ツールがあるように、サイトには無限に分析方法や改善点があります。改善点の中でも最も基本かつ重要なのが、コンテンツ(記事)です。

    どこから手をつければいいかかわからないという方は、まずは記事のSEO効果を見直すことから始めてみましょう。

    当サイトを運営する株式会社EXIDEAでは、コンテンツのSEO効果を定量的に測定する無料診断を行っております。

    「SEO対策における記事評価を定量的に測りたい」「順位が上がらない原因がわからない」という方は、ぜひ以下のリンクからお気軽にお試しください。

    コンテンツのSEO効果の無料診断