「PCとスマホでCTR(クリック率)って違うの?」

この記事は、上記のような疑問に答えるために執筆したものです。

PCのCTRを調査した結果は、みなさんも見たことがあるかと思いますが、意外とPCとスマホのCTRの違いを比較したデータはご存知ないかと思います。

そこで当ページでは、順位チェックツールを提供するルーマニアのAdvanced Web Rankingが行った調査にもとづいて、PCとスマホでのCTRの違いをご紹介

この調査は、47,781のWEBサイトにおいて、250を超えるキーワードから算出したもので、そのデータ数から高い信頼性がおけるものです。

それでは早速、2019年の最新データを見ていきましょう。

参照:https://www.advancedwebranking.com/ctrstudy/

PCとスマホのCTRは違う?【2019年4月のデータ】

PCとスマホのクリック率に違いはあるのでしょうか。次が、Advanced Web Rankingが調査した結果(2019年4月時点)です。横軸が検索結果順位、縦軸がCTRを示しています。

 

2014-CTR

 

PCとスマホの両方において、検索結果上位の方がクリック率高いことが見て取れます。ただ、この画像だけでは少々見づらいかと思いますので、PCとスマホのCTRをそれぞれ表にまとめた表をご覧ください。

 

検索順位結果 PC スマホ
1 31.19% 22.44%
2 15.91% 14.06%
3 10.07% 9.27%
4 6.32% 6.09%
5 4.28% 4.17%
6 3.03% 2.87%
7 2.19% 2.08%
8 1.71% 1.67%
9 1.38% 1.31%
10 1.12% 1.01%

 

数字を細かく分析していきましょう。

PCとスマホで最も顕著に違いが出たのは検索結果1位のCTR。PCがスマホより約10%も高いCTRとなりました。ただ、2位になると差は大幅に縮まり、2%未満の違いとなっています。

1位から2位に落ちたときのインパクトを計算した結果は以下です。

  • PC:クリック率49%減
  • スマホ:クリック率37%減

このことからPCの検索順位1位になる価値の方が大きいことがわかります。

また、検索順位3位以降のCTRに関しては、特に目立った違いはありませんでした。

ポイント早見表

  • PCの方が1位のCTRが高い
  • 検索順位3位以降はPCとスマホに大きな違いはない
  • PCの1位の方が、スマホよりも価値が高い

上記のデータは2019年4月のものでしたが、実はこの調査は2014年から行われています。2014年のデータを見てみると、2019年のデータとは全く違う特徴を持っていました。

続いては、2014年のデータを見てみましょう。

2014年はスマホの方がCTRは高い!

2014-CTR

 

2014年7月のデータを見てみると、検索順位を問わず、スマホのCTRの方が高いことが伺えます。詳細な数値をまとめた次の表も併せてご覧ください。

*5位以降のデータが6-10位、2ページ目、3ページ目と表示されていることにご注意ください

検索順位結果 PC スマホ
1 25.1% 32.54%
2 10.02% 15.98%
3 7.9% 10.89%
4 4.89% 7.69%
5 4.49% 5.7%
6-10 2.82% 3.84%
2ページ目 2.23% 5.04%
3ページ目 0.73% 2.9%

 

2014年時点では、スマホはPCよりも約7.5%高いCTRであることがわかります。その差は2位においても約6%と非常に顕著です。

その後は、徐々にスマホとPCの差が縮まりますが、2ページ目では約2倍、3ページ目では約4倍もスマホのCTRが高いことが伺えます。

また、PCとスマホで1位から2位に落ちたときのインパクトは以下です。

  • PC:クリック率60%減
  • スマホ:クリック率51%減

スマホの方が総じてCTRは高いですが、減少率では、PCで検索順位1位の方が高いことが伺えます。

ポイント早見表

  • スマホの方がPCより総じてCTRが高い
  • 2ページ目、3ページ目ではCTRの差がより大きい
  • PCの方が1位から2位に落ちた際の影響が大きい

モバイルのCTRがPCに近くなった理由

 

2014年と2019年のCTRを分析した結果、5年かけてスマホのCTRがよりPCのCTRに似た値になってきていることがわかりました。なぜなのでしょうか?

ここでは、その理由を次の3つの観点から考察していきます。

  • ユーザーの検索行動の違い
  • デバイスサイズの変化
  • モバイルアップデート/MFIによってモバイルページの質が上がった

ユーザーの検索行動の違い

1つ目の理由には、スマホを利用するユーザーの検索行動が変化したことが挙げられます。

以前のユーザーは、より単純で素早い答えを求める傾向にありました。目的地までの行き方や近くのカフェ・レストランの検索などがそれに当たります。

スマホのユーザーは、今でも上記のような答えを求めていますが、同時にかつてはPCのみで行うような、より深い情報を検索するようになっています。

このことが、スマホユーザーの検索行動を変え、CTRの動きに変化をもたらしたと考えられます。

デバイスサイズの変化

2つ目の理由には、スマホのサイズが変化した(巨大化した)ことが挙げられます。

iPhoneを例に見てみるとわかりやすいでしょう。

2014年7月時点で、最新のiPhoneはiPhone5Sで、サイズは4インチです。

一方で、2019年4月時点での最新端末はiPhone XS Max。デバイスサイズは6.5インチとなっています。iPhone XS MaxはiPhone5Sよりも1.625倍もサイズが大きいのです。

デバイスサイズが大きくなったということは、より多くの検索結果を表示できるPCに近くなったということ。

つまり、モバイルのCTRがPCに近くなったのは、デバイスサイズが大きくなったことによって、ユーザーの行動が変化したためだと考えられます。

モバイルアップデート/MFIによってモバイルページの質が上がった

最後の要因として考えられるのは、Googleが行ったアップデートによって、モバイルページの質が上がったことが挙げられます。

2015年には、スマホがPCでの検索数を越したために、Googleがスマホでの検索体験向上を狙い、モバイルに関する下記のアップデートを行いました。

  • モバイルフレンドリーアップデート(2015年)
  • モバイルファースト インデックス(2018年)

これらのアップデートによって、WEBページのスマホ対応が加速し、スマホのためのSEO(モバイルSEO)が重要視されるようになりました。

以前は、スマホとPCでコンテンツを変えていたり、数ページのみをスマホ向けのページにしたりといったことが行われていましたが、現在では無くなっています。

また、モバイルSEOのためにレスポンシブデザインや、AMPの導入などが進みました。

つまり、スマホでの検索体験がより重要視された結果、スマホとPCの検索体験に差がなくなりつつあるのです。

このことが、スマホのCTRをよりPCに近づけた要因だと考えられます。

まとめ:CTRを上げる方法とは?

ここまでは2014年と2019年におけるスマホとPCのCTRの違いを紹介し、CTRが変化した理由を考察してきました。

CTRは上記のようにPCやスマホといったデバイスのみならず、キーワードの意図(情報系か商標系か)や業界、ブランドサーチか否かと言った要因によっても左右されます。

そのため、上記のデータは、すべてのパターンに当てはまるものではなく、あくまで平均値をとった一般的な値であることをご留意ください。

また、CTRはタイトルとディスクリプションによって大きく変わります。もし、あなたが「WEBページのCTRを伸ばしたい」とお考えであれば、下記のページもご参照していただければと思います。

それでは、最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。Emma Magazine編集長の吉高がお送り致しました。

おすすめの記事