インハウスSEOとは?自社で内製化するメリット・デメリットと業務内容紹介

「SEO対策を自社内で行って、サイトから集客をしていきたい」
「今まで外注していたSEO対策を、今後インハウス化(内製化)したい」

当ページをご覧のあなたもこのようにお考えではないでしょうか。

SEO対策のインハウス化は、業者へ外注するよりも低コストであることや、社内にノウハウを蓄積できるなど多くのメリットがあります。一方で、複数デメリットが存在するのも事実。

そこでこのページでは、SEOをインハウス化するメリット・デメリットや、実際にインハウスSEOを行うにあたって発生する業務内容を紹介します。

SEOのインハウス化で、自社で集客を成功させたいWEB担当者の方は必見です!

インハウスSEO(内製化)を実践する3つのメリット

インハウスSEOを実践する3つのメリット

インハウスSEOを行うことによって得られるメリットとしては、次の3つが挙げられます。

  1. SEO対策の内製化によりコスト削減ができる
  2. 社内だからこそできる効果的なSEO対策を行える
  3. 社内にSEO対策のノウハウを蓄積できる

それぞれのメリットについて、以下に解説します。

SEO対策の内製化によりコスト削減ができる

インハウスSEOを行うことによって得られる最大のメリットは、コストを削減できることです。アウトソースすれば数万円から数100万円は掛かる費用を削減することができます

「数百万円くらいなら…」と思われる方もいるかもしれませんが、注意すべきはこの費用は一時的なものではないということ。

Googleの検索アルゴリズムは日々アップデートを繰り返しているため、変化に応じて都度サイトやコンテンツを更新していかなければ、検索結果で上位表示し続けることは難しいのです。

つまり、外注業者に頼りっぱなしのSEO対策は、いつまでも自社にノウハウが溜まらず、今後もSEO業者に費用を支払い続けなければなりません。

仮にそれだけの資金力があったとしても、コストはできる限り抑えたいもの。早いうちにインハウスSEOに切り替えるのが、賢い選択といえるでしょう。

社内だからこそ効果的なSEO対策を行える

自社の社員だからこそ効果的なSEO対策を行える

Googleなどの検索エンジンが目指すのは「ユーザーにとって価値のあるコンテンツ」が並んだserps(検索結果画面)。

アルゴリズムもユーザーに視点を合わせた方向に日々アップデートしています。

つまり、今後SEO対策を用いてマーケティングを行うなら、商品やユーザー、競合や業界のことを熟知した人がやるのが効率が良いということ。

自社の社員だからこそできるSEO対策も多くあります。

そのため、SEO対策のインハウス化を行うことで、より高い集客効果が期待できるのです。

社内にSEO対策のノウハウを蓄積できる

インハウスSEOを行えば、社内にSEO対策のノウハウを蓄積することができます。

SEO対策のノウハウを蓄積すれば、SEO対策ができる人材を多数育成していくことができるようになり、自社サイトのSEO対策をより強固なものにしていくことも可能です。

長期的な視点を持ってSEO対策を行いたいのであれば、インハウスSEOに取り組むことをおすすめします。

ここまでインハウスSEOのメリットを3つ紹介しましたが、インハウスSEOはメリットばかりではありません。続いては、インハウス化を行う前に知っておきたい、インハウスSEOを行う際のデメリットを見ていきましょう。

インハウスSEOのデメリット

インハウスSEOのデメリット

様々なメリットがある一方で、インハウスSEOを行うことのデメリットは、次の3つが挙げられます。

  1. 人材確保が難しい
  2. 周囲の人々の理解を得ることが難しい
  3. 業務量に対応できず、成果が出ないことがある

それぞれのデメリットについて、以下に解説します。

人材確保が難しい

インハウスSEOを行う時、まず課題として挙げられるのが人材の確保です。

社内に文章を書くことが得意だったりSEOについていくらかの知識があったりする人がいれば良いですが、自社にそのような人がなかなかいないのが現状ではないでしょうか。

新しく人を雇うのも、他の部署から人を引き抜くのも、育てる手間やコストが掛かってしまいます。

周囲の人々の理解を得ることが難しい

周囲の人々の理解を得ることが難しい

インハウスSEOを行おうと考えても、社長や上司などがWEBサイトのSEO対策を行うことの有用性を理解していなければ、そもそもインハウスSEOを行うこと自体が難しくなってしまうでしょう。

また、SEOのインハウス化を行うには他部署との連携も大切になってくるため、他部署に理解を求める必要あります。

これらの問題を克服するには、相当の努力が必要です。

業務量に対応できず、
成果が出ないことがある

小さな会社であればあるほど、インハウスSEOを行うために発生する業務量は莫大なものになります。

結果、思っていたようなSEO対策ができず、中途半端な成果しか出ないといったことが発生するでしょう。

そのため、外部にSEO対策を委託した方が賢明である場合もあります。

インハウスSEOを行うのであれば、自社でコミットできる人員を1名置くこと、もしくは業務量を調整する必要があります。

とはいえ、業務量をどれくらい調整したらいいのかわからない、という方も多いはず。次項目では、具体的にSEO対策を内製化した際に発生する業務を見ていきましょう。

インハウスSEOで発生する仕事の全体像(業務内容)

インハウスSEOを行うにあたって発生する仕事の全体像(業務内容)

インハウスSEOを行う場合、最低限以下のことを行う必要があります。

業務内容一覧

  1. ターゲットとなる顧客像の設定
  2. コンテンツ企画
  3. 記事ライターの選定
  4. SEO分析ツールを使っての競合調査
  5. キーワード設計
  6. タイトルやディスクリプションのSEOキーワード対策
  7. Webサイトのデザインの設計・操作性の改善
  8. サイト内の対策キーワードの比率を高める内部最適化を行う
  9. h1タグ(大見出し)の対策
  10. 評判の良いサイトからの被リンクを獲得する外部リンク対策を行う
  11. 内部リンクの増設やサイトマップの作成などの内部リンク対策を行う
  12. 記事校正・リライト
  13. コンテンツの実装
  14. ソーシャルメディアの運用
  15. 順位動向の調査
  16. アクセス解析
  17. コンバージョン(Webサイトにおける最終的な成果)の分析
  18. コンテンツ・キーワードの精査
  19. 上記業務の改善

インハウスSEOを行うには、これほどのことをこなさなければなりません。

SEO対策の経験やインハウスSEOに割ける人材が多いのであれば対応可能ですが、未経験で人材も少ない状態なのであれば、1からインハウスSEOを始めるのは大変。

また、どこからテコ入れをするかも重要になってきます。

インハウスSEOの第一歩はライティング

何から始めればいいのかわからない、という方は、まず記事ライティングから始めるのがよいでしょう。

なぜなら、SEO対策は"content is King(コンテンツが王様) "と言われるほど、ユーザーにとって良い記事を作成することが重要だからです。

とはいっても、「SEO対策で効果的なライティング方法がわからない」という方は多いはず。

そんな方は、インハウス化の第一歩として、「SEOライティング完全マニュアル」をぜひ手に取っていただければと思います。

このマニュアルは、当サイトを運営する、13年以上のWebマーケティング経験を持つ株式会社EXIDEAが、これまで蓄積したSEOライティングノウハウのポイントをまとめたもの。
 
SEOライティング完全マニュアルの内容を一部公開
 
完全無料でダウンロードいただけるので、インハウスSEOの成功を実現させたいと考えている方は、ぜひご活用ください。