記事をリライトしているイメージ画像

このページでは、SEO対策で効果的なリライト方法について解説しています。

「SEO対策をやってるけどなかなか効果がでない」
「ブログ記事の検索順位が上がらない」

そんなときには、SEO記事のリライト(修正)が必要です。とはいえ、どうリライトをすればSEO的に効果があるのかイマイチわからないとお悩みではないでしょうか。

この記事では、これまで500記事以上のSEO記事を作成してきた筆者が、リライトする記事の選び方から具体的なリライト方法までをわかりやすく解説いたします。

正しいやり方を知らないままリライトを進めれば、効果がでないどころか検索順位が下がることもあり得ます。

そうならないためにも、この記事を読んでSEO対策で効果的なリライト方法を身に付けましょう。

当ページでは、リライトでお悩みの方に、13年以上かけて貯めた独自のノウハウをリライト完全マニュアルとして無料公開しています。順位が上がらない、SEO対策にご興味がある方はぜひ下記から資料をご覧いただければと思います。

リライトはなぜ重要?
SEO対策における効果とは

SEO記事をリライトするときの分析の様子
「新規記事を公開しても、検索順位が上がらない」そんな悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。これはSEO対策を行う者なら誰もが抱える悩みです。

実はそもそも、新規記事を上げていきなり上位表示する方が難しく、記事公開後にリライトをすることで順位を上げていくというやり方の方が一般的なんです。

では、なぜリライトがそこまで重要といえるのでしょうか。その意味や効果を見ていきましょう。

前提:リライトとは
既存の記事を修正すること

そもそもリライトとは、SEOを目的に、公開されている記事を修正することを言います。

具体的には、ユーザーの検索意図に沿って、タイトルや文章を修正していく作業です。

まれに"上位表示している記事の文章を書き換える"ことをリライトと思われている方もいますが、これは間違い。

この方法は現在のSEO対策のおいては逆効果で、検索の改善はほぼできないと考えて問題ありません。

SEO対策におけるリライトとは、一度公開した記事がユーザーにどう判断されているのか定量的・定性的に分析し、それを反映させることだと捉えましょう。

コアアルゴリズムの
アップデートに対応する

Googleは数ヵ月に一度、コアアルゴリズムのアップデートを行っています。それにより、検索結果のランキングが入れ替わったり、コンテンツの表示方法も変わります。(2020年12月の最新アップデートについての記事はこちら)

例えば、2020年5月のコアアルゴリズムアップデートでは、専門性・権威性・信頼性がより評価されるアルゴリズムにアップデートされました。

その影響で、当サイトでもサイト運営者情報の開示や、情報ソースを明記するなどの対策を行いました。

このようなGoogleのアルゴリズムの変更に対応していくこともリライトの重要な意味になります。

古い情報の更新を更新する

情報の新鮮度も検索順位を決定づける重要な要素です。記事の情報が古いことで、SEOにおいてマイナス評価に繋がる可能性があります。

例えば「サイトで紹介されているお店を訪問したら閉店していた」なんてことがあれば、それはユーザーにとって不利益な記事になります。

Googleはそういった情報も認識し、ユーザーにとって利便性の高い記事を上位表示させているのです。

特に新鮮度が重視される分野であれば、大きく検索順位に影響します。上位に来ているwebサイトは、こういった細かな情報もリライト時に変更をしています。

リライトの方が
新規記事よりも低コスト

コスト削減のイメージ図
リライトは、既にある記事を修正する作業です。大がかりな変更を行わなくても、文章を読みやすくする、SEOタグを見直すなどの細かな修正を行うだけでSEO効果を発揮することもあります。

つまり、既存記事のリライトは、新規記事を作成するよりも時間的なコストがかかりません。

新規記事を上げ続けてサイト内の情報を拡充させることも重要ですが、過去に上げたSEO記事をリライトをすることで、効率よく流入数の改善ができます。


そのため、ある程度のコンテンツ数があるのにSEO効果がでないという場合は、新規記事を上げるのではなくリライトをする方が賢い選択といえるのです。

低品質コンテンツがあると
サイト全体の評価に影響する

低品質コンテンツがあると、サイト全体の検索順位が下がる可能性があります。低品質コンテンツとは、極端に情報量が少なかったり、ユーザーの検索意図にそぐわないコンテンツのこと。

「そのような記事は削除すればいいのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、少しでも過去にトラフィックがあったのであれば、基本的にはリライトをするのがおすすめ。

そのような記事はリライトをすればまたすぐに順位が戻る可能性があるからです。

 
以上がSEO対策におけるリライトの意味や効果です。リライトをする重要性がわかったところで、次はいよいよリライトの方法を見ていきいましょう。

まずは、検索順位が上がらない要因を知ることで、リライトの方針を見極めていきます。

SEO対策をしても
検索順位が上がらない要因4選

検索順位が上がらない要因
なぜあなたの記事はなかなかSEO効果がでないのでしょうか?リライトの前準備として、記事が上位表示しない要因について見ていきましょう。

ここでは基本の3つの要因について紹介します。自社サイトと照らし合わせながら読み進めてみてください。

検索意図とずれがある

SEOの記事制作において最も大切なのは、ユーザーの検索意図をつかみ、その意図にそった記事を作成することです。

公開した記事の順位が上がらない場合、シンプルにユーザーの検索意図とずれていることが考えられます。

上位表示されている記事には、どんな情報が掲載されていますか?時間が経つとニーズが変わっている可能性があるので、改めてチェックして改善点を抽出してみましょう。

他の記事と重複している

SEO対策初心者の方がよくやりがちなのが、同サイト内で似た内容のSEO記事を作成してしまうことです。

例えば以下のキーワードそれぞれで、SEO上位表示を狙って記事を作成したとします。

(1)「画像 選び方」
(2)「画像 選び方 ブログ」

この2つのキーワードそれぞれで記事を作った場合、同じような内容になることが予想できますよね。

このような記事コンテンツが同サイト内に存在した場合、Googleはどちらの記事を評価すればいいのかわからず順位が付かない可能性があります。自社サイト内で重複した内容の記事がないか、見直してみましょう。

他サイトと似た内容になっている

Googleの検索エンジンには、QDD(Query Deserves Diversity)と言われるアルゴリズムが組み込まれています。

これは検索結果に多様性を持たせるといったアルゴリズムで、その結果、検索結果に似たような内容の記事が並ばないようになっているのです。

もしあなたのSEO記事が上位表示しないのであれば、それは他の上位サイトと内容が被っている可能性が考えられます。

改めて上位表示している記事の内容を分析してみましょう。

もしSEO記事の内容が被っているのであれば、リライト時にはユーザーのニーズを満たしている且つオリジナリティのある内容を追記するのがおすすめです。

単ページSEO以外での要因

SEO対策のためには、記事自体が良質であること以外に、被リンクやドメインパワー、サイト全体の情報の網羅性なども重要になってきます。

SEO対策における順位は、他のサイトとの相対比較で決まります。つまり、上位サイトと比較して負けている部分があれば順位は上がりません。

被リンク数や、記事数などを比較し、不足点があれば対策を行いましょう。

 
以上がリライト時に確認しておくべきSEO対策の基本です。以上を踏まえて、ここからは実際のリライト方法について見ていきましょう。まずは多くの担当者が頭を悩ますリライトで修正する記事の選び方について紹介します。

リライトするSEO記事の選び方

リライトする記事の選び方
いざリライトをしようしても、どの記事から行えばいいの?と悩まれる方もいますよね。ここでは、リライトするSEO記事の選び方について、基本の考え方を紹介します。

ペナルティを受けている記事は
リライトの優先度が高い

SEO順位が急に100位近く落ちた、上位表示していたのに圏外になったなどの場合は、ペナルティを受けている可能性があります。

キーワードの詰め込み過ぎ、過剰な内部リンクはよくやりがちなSEO対策です。特にサイトドメインが若くドメインパワーがあまり強くない場合、ペナルティを受けやすくなる傾向にあります。

既存記事の順位変動をチェックして、ペナルティを受けている可能性があれば、最優先でリライトをしてください。

コンバージョンに近い記事

SEO対策の目的は、流入を増やすことだけでなく、その先の資料ダウンロードや会員登録などのコンバージョンですよね。

そのようなコンバージョンに近い記事は利益に直結するので、優先度を上げてリライトをしましょう。

また、コンバージョンに近い記事と関連度の高い記事のリライトも同様に優先度が高いです。

ミドルワードの検索順位が上がることで、その上位概念のキーワードにも良い影響を及ぼし、順位が上がることがあります。

検索順位は高いのに
クリックされない記事

検索結果で上位に来ているのにクリック率が低い場合、タイトルを変更することで大幅に改善ができることがあります。検索クエリをチェックし、タイトルの変更を検討しましょう。

参考:検索順位によるクリック率の違い
検索順位とクリック率の違い
引用元:https://www.internetmarketingninjas.com/blog/google/announcing-2017-click-rate-study/

検索順位が圏外のキーワード

検索結果が圏外だったり、そもそもインデックスされていない記事は、低品質記事とみなされている可能性があります。

先ほどお伝えしたように、このような記事はWebサイト全体の評価を下げることに繋がりますので、リライト候補にいれましょう。

SEOに効果的なリライト方法

SEO記事のリライト方法
リライトする記事が選定できたら実際にリライトを行っていきましょう。リライトは、まず最初に改善点を洗い出すことが重要です。

改善点の洗い出し

先ほどもお伝えしたように、SEO対策における順位は相対比較で決まります。上位表示している競合サイトを分析し、改善点を洗い出しましょう。

具体的には、以下の点を分析し、改善点がないか見ていきます。

選定キーワードのニーズを
再分析

ユーザーのニーズは時間が経つと変わります。改めて検索結果や関連キーワードからニーズを分析し、既存の記事とのずれがないか確認しましょう。

分析した結果、情報を付け加える必要があれば、リライト時に加筆修正を行います。

ヒートマップツールを用いて
離脱箇所をチェック

ヒートマップツールとはユーザーがその記事をどこまで読んでいるかを可視化できるツールです。

既存のSEO記事に意図しない離脱が生じている場合、その要因を分析してリライトを行います。(ヒートマップについて詳しく知りたい方はこちら)

 

よくある離脱理由
  • ファーストビューの離脱率が高い場合、その記事を読み進める理由を訴求できていない
  • 筆者の権威性、読むことでどんな情報が得られるのか(またはどんな損をする可能性があるのか)を訴求する

  • キャッチ画像が重くて表示されない
  • 次の見出しへの切替え点で離脱率が高い場合、次に読み進めるべき理由を訴求できていない
  • 全体的に離脱率が高い場合、文章が多い、読むのに疲れている可能性あり
  • リライト時にグラフや箇条書きなどに修正をする

明らかに離脱率が高い場合は順位に悪影響を及ぼしている可能性があるため、リライト時には必ずチェックしたいポイントです。

検索クエリをチェックする

サーチコンソール等のツールを使い、SEO記事の検索クエリ*をチェックします。

ここでは、狙っている対策キーワードで記事が表示されているか否かと、対策キーワード以外で新たに対策すべきキーワードがないかを確認します。

SEO記事が狙っている対策キーワードで表示されていない場合、ユーザーの検索意図と記事内容がずれていることが予測できます。

改めて検索意図を分析し、SEO記事の方針を再考しましょう。

対策キーワードで表示されている場合は、その他の検索クエリをチェックし、同一ページ内で対策できそうなロングテールキーワードがあれば、リライト時に加筆をします。

これを行うことで、対策キーワード以外のボリューム数の小さいキーワードからの流入が増え、さらなる集客数アップが見込めます。

*検索クエリ…実際にユーザーが検索したキーワードのこと

競合サイトとの比較

SEOで上位表示するためには、競合サイトに負けている要素を一つずつ改善していくことが必要です。例えば文字数、情報量、被リンク数、キーワードの使用比率など、各要素を競合サイトと比較して、改善点を洗い出しましょう。

以上のように改善点を洗い出しを行った上で、リライト方針を決定し、実際に記事をリライトしていきます。

SEO効果の高いリライト方法

改善点の洗い出しができたら、いよいよリライトです。上記の改善点で洗い出したことを踏まえ、以下のリライト方法を実践することで、SEO対策で上位表示を狙っていきましょう。

タイトルの変更

検索クエリを確認し、記事内容と整合性があるのか確認します。ずれが生じている場合はタイトル変更を行いましょう。

タイトル変更の際に注意する点は、以下の2点です。

  • ユーザーの視線の動き
  • 記事を読むとき、その視線は基本的に左上⇒右下に移動します。タイトルの左側にキーワードを入れることでよりユーザーを惹きつけられます。

  • 関連キーワードを入れる
  • タイトルに関連度の高いキーワードも入れることで、ユーザーの検索意図に沿った記事コンテンツであることを示すことができます。ただし、タイトルと記事コンテンツの整合性には注意しましょう。

 

導入文章のリライト

記事の顔となる導入文は、ユーザーがその記事を読み進めるかどうかを判断する重要な文章です。

ヒートマップツールを用いて離脱率のチェックを行い、必要に応じてリライトを行いましょう。導入文章のリライト時の注意点は以下の通りです。

  • メイン文章の内容がわかりやすくまとまっているか
  • 記事を読むことで得られるメリットが訴求されているか

 

メイン文章のリライト方法

メイン文章で注意すべきは、"ユーザーは文章を読まない"ことをよく理解することです。

実際にこの記事を読んでいるあなたも、さらっと目を通し、気になるところ読むというやり方をしているのではないでしょうか?

これを前提に、以下のような文章になっていないか注意しましょう。

  • 1つの文章が長すぎる
  • 長すぎる文章は理解しづらく、離脱の原因に。1つの文章で伝えることは基本1つにしましょう。

  • 文章内でねじれが生じている
  • 主語と述語がかみ合っていないねじれの文章も、わかりにくい文章の一例です。

  • 結論までが長い
  • 結論がわからないまま文章を読み進めることはユーザーにとってストレスです。結論を最初に述べる工夫をしましょう。

 

見出し

文章よりもユーザーの目に触れやすいのは見出しタグです。ここにも対策キーワードや関連度の高いキーワードを入れることで、ユーザーにとって必要な情報が掲載されていることをアピールしましょう。

ただし、入れすぎには注意です。キーワードを入れる比率は3割を目安にしましょう。

引用方法や情報ソースの正確性

最近のSEO対策は、「何を根拠として説明しているのか」「その情報は正しいのか」が重視される傾向があります。

そのため、根拠となるデータを引用することや、専門家の意見を交えながら文章を構成することが重要です。信頼性が確認できない情報は、削除することも検討しましょう。

デザイン

文章だけでなく、デザインもユーザビリティを高めるためには重要です。以下の点を参考に、ユーザーにとって利便性の高い記事を目指しましょう。

  • 文章の重要箇所を太字にしたり色を付ける
  • ユーザーの理解を助ける表や図を作成する
  • 箇条書きなどを用いてわかりやすく表記する

 

リライトの頻度

記事を公開してからリライトするまでは、順位が安定するまで2~3ヵ月ほど期間をあけるのが基本です。リライト後も同じく2~3ヵ月様子を見ます。

クリック数が悪いからとタイトルや見出しだけを高頻度で変更することは避けてください。

リライトでしてはいけないこと

リライトのNGポイント
以下に紹介するのは、SEO対策でよくやりがちなリライト方法のNGパターンです。ペナルティを受けて順位が下がる可能性があるので十分に注意をしましょう。

キーワードを詰め込み過ぎる

文章の脈略を考慮せずにキーワードを詰め込むような、テクニックによったSEO対策は避けましょう。

「上位表示させたいキーワードを入れるほど順位が上がる」という話を聞いたことがあるかもしれませんが、これは少し危険な考え方。

確かに数年前であれば、こういったテクニックによったSEO対策も有効でした。

しかし現在はGoogleのアルゴリズムの精度があがり、意図的なキーワードの詰め込みを認識できるようになっています。

SEO対策の本質は、ユーザーにとって利便性の高いコンテンツを作成することであり、順位改善だけを目的としたテクニックによった対策は、効果がないだけでなく、ペナルティを受ける可能性もありえますので十分注意しましょう。

競合サイトをコピーする

競合サイトの文章をコピーすることは絶対にやってはいけないことです。Googleからペナルティを受けるだけでなく、著作権侵害で訴えられる可能性もあります。

なお、文章内の言葉を入れ替えたとしても、コピーコンテンツと評価される可能性があるので、充分に注意しましょう。

もし他サイトで使っている情報を使いたい場合は、引用していることを明記するなどの工夫が必要です。

まとめ

SEO対策に効果的なリライト方法について紹介してきました。ここまでのことをまとめます。

  • SEO対策におけるリライトとは、既存の記事を書き替える作業のこと
  • リライト時には、ユーザーの検索意図や競合サイトの分析が必須
  • リライトする箇所は、タイトル、見出しタグ、導入文、メイン文章
  • キーワードを詰め込みすぎるなどの過剰なSEO対策には注意する

以上が本記事のまとめです。リライトは一見地味な作業に見えますが、SEOで順位を上げていくためには必須の作業です。

改めてユーザーの検索意図を調査し、ユーザーにとって利便性の高い記事なのかを再考し、よりよい記事を作成しましょう。

SEOライティング時に役立つツール

リライトを効率よく進めるためには、ライティングツールを活用するのがおすすめです。

以下に紹介するEmmaTools™は、キーワードの使用率や使用数などをSEOの視点から評価し、スコアリングしてくれるツール。

エマツールズの編集画面

記事の質を定量的に評価できるだけでなく、改善点も表示してくれるので、「何をどうリライトすればいいのかわからない」という方にはおすすめです。

今なら無料で記事のSEO効果を診断させていただきますので、気になる方はぜひ以下のページから詳細をご確認ください。