SEOコンサルティング会社を比較!料金相場や業者選びの注意点

SEO対策のコンサルティング会社をお探しですね。

「Webサイトの検索順位を上げたいけど、対策方法がわからない」
「マーケティングの一環として自社のホームページのSEO対策も行いたい」

こんなお悩みを抱えるサイト運営者の方は、SEO対策のコンサルティング会社に依頼するのも手です。

数あるSEO対策業者の中でも、コンサルティング会社は、顧客の悩みをヒアリングし最適な施策をアドバイスしてくれるのが特徴。

ただし、SEO対策のコンサルティング費用は安くても月額10万円以上かかります。

契約期間は3ヵ月以上が一般的で、料金総額は決して安いとは言えません。

また、契約業者選びを失敗すると、全く順位が改善されないどころかペナルティを受け、収益や集客数が下がったという事例もあるのです。

そこでこのページでは、SEO対策のコンサルを検討中のあなたに、料金相場やサービス内容などの基本情報から、優良なSEOコンサルティング会社の見極め方、おすすめのSEO業者をご紹介いたします。

SEOコンサル選びに失敗しないためにも、ぜひ最後までご一読ください。それでは早速見ていきましょう。

SEOコンサルティング会社とは?
サービス内容・料金相場

SEOコンサルティングの役割とは?
SEO対策は広告などと違い、無料で行えるWebマーケティング手法で、Webサイト担当者なら一度は耳にしたことがあると思います。

では、SEO対策のコンサルティング会社とは、一体どんなことをしてくれる会社なのでしょうか。

まずは基本のサービス内容や料金相場から見ていきましょう。

SEOコンサルティング会社のサービス内容

SEOコンサルティング会社の役割は、Webサイトの検索パフォーマンス向上のための解決策やベストな選択肢を明確にすることです。

SEO対策の業者には様々な種類がありますが、中でもSEOコンサルティング会社は顧客のヒアリングや分析結果を通し、SEO対策におけるサイト全体の改善課題を抽出してくれるのが特徴。

その上で、戦略の設計~実施まで、SEO対策の核となる施策を行う点が他のSEO業者と異なる点です。

ただ、SEOコンサルティング業者でも、顧客へのアプローチ方法は各社によって差があります。コンサルティングの方法は主に「指導型」と「パートナー型」にわかれ、どちらを選ぶかによってSEO施策への影響が大きく異なるのが特徴です。

指導型コンサルティングは、コンサルタント業者が持つノウハウや知識、技術などを徹底的に顧客に教え込む方法。一方のパートナー型コンサルティングは、顧客の悩みをじっくりと分析したうえで、施策が必要なポイントに絞ってアドバイスを行います。

仮に、Webサイト運営の経験が浅く、検索順位を上位にする方法がさっぱりわからないという場合は、前者の指導型コンサルティングで体系的な知識習得を目指しましょう。反対に、SEO対策に関する知識がある程度あるのであれば、後者のパートナー型コンサルティングが向いています。

このように、SEO対策のコンサルティングは業者によって役割が異なります。ご自身の環境や悩みの範囲などを基準に、効果的な会社を選ぶようにしましょう。

検索順位が改善しないコンサル会社の見極め方

危険なSEO会社・効果の薄いコンサルタントの見極め方

SEOコンサルティング業者に依頼すれば、自社サイトのページビュー(PV)向上や、商品や広告などの売上拡大に寄与すると考えがちです。

しかし、コンサルティングを依頼したからといって、必ずしもWebサイトのパフォーマンスが向上するわけではありません。

実は、SEOコンサルティングは、会社選びが非常に重要。依頼する業者によっては、まったくパフォーマンスが改善しなかったという例も見られます。

特に、一般的に「危険」と呼ばれるSEO会社や、効果の薄いコンサルタントに依頼することは絶対に避けなければなりません。

ここでは、その見極め方をお伝えしていますので、会社選びをする前にぜひ確認していただければと思います。

「当社Webサイトにリンクを掲載して外部対策します」
というSEO会社

SEO会社の中には、「当社Webサイトにリンクを掲載します」という提案を持ち掛けてくる場合があります。確かにSEOにおいては、被リンク(外部サイトからリンクを掲載されること)は大きな影響をもたらすため、被リンク数を増やすことは検索結果で上位に表示させる1つのテクニックです。

しかし、Googleは2011年に検索エンジンのアップデートを行い、悪質な被リンク対策を講じているWebサイトのほとんどにペナルティ(掲載禁止)を与えました。2020年現在、Googleが重視している被リンクには、以下の条件があります。

  • 被リンクの掲載元のページランクが高いこと
  • 被リンクの掲載元のWebサイトがペナルティを受けていないこと
  • 被リンクの掲載元とテーマの親和性が高いこと
  • ユーザーの価値を高める被リンク構成になっていること

被リンクの真の役割は、「そのWebサイトが面白い、役立つといった理由から自社サイト内で紹介すること」です。

SEO会社の豊富なWebサイトに被リンクをたくさん貼れば、一時的には検索順位が伸びるかも知れません。しかし、定期的に検索エンジンを巡回するGoogleのクローラーによって、人為的に被リンクを増やす行為はすぐに見つかります。

つまり、SEO対策を目的として、故意に被リンクを増やす行為は、逆にGoogleからペナルティを受けるということ。ほんの短期間で検索順位が急落するばかりか、最悪の場合は掲載禁止になってしまう恐れもあるため、十分に注意してください。

「コンテンツの量が重要なので30記事○○円でご提案します」というコンテンツSEO業者

「コンテンツの量が重要なので30記事○○円でご提案します」というコンテンツSEO業者

SEOでは、コンテンツ(記事など)の量も重要です。記事がたくさん掲載されていれば、幅広いキーワードを網羅することができ、複数のコンテンツで幅広いユーザー層にアプローチできます。

しかし、評価されるコンテンツは「ユーザーにとって価値のあるコンテンツ」に限ります。ユーザーがその記事を読み、面白くない、役に立たない、ためにならないという記事は価値が低く、そうしたコンテンツをいくら量産したところで、SEOでプラスには働きません。

具体的には、他のページと似たようなコピーコンテンツや、ユーザーニーズを満たせてないような短いコンテンツなどが低価値コンテンツにあたります。

「30記事を○○円でご提案します」というSEO業者の場合、コンテンツの質まで重視しているかどうか、十分にチェックしておきましょう。

「こうすべき・ああすべき」押付け型のSEOコンサルティング

指導型コンサルティングの中には、「こうすべき・ああすべき」という押付けタイプが存在します。指導型コンサルティングは、SEOなど特定分野を体系的に学びたいときに便利ですが、「べき論」で語られる危険性があることは知っておかなければなりません。

例えば、同じSEO論でも、Webサイトのコンテンツ数や運用年数、記事のテーマなどによって採用すべき施策が異なります。コンサルタントはWebサイトの現状をしっかりと把握し、その状況に適した提案を出さなければなりません。

しかし、「私はこの方法で成功したんだから、あなたもこうすべき」という教え方では、そのWebサイトには不向きな、間違った施策になることも少なくないのです。

これは、単なる風邪に劇薬を投じるようなもので、SEOにはまったく効果がないばかりか、副作用によってサイト自体を破壊してしまう恐れもあります。

最新のアップデート情報を追えていない

Googleの検索アルゴリズムは日々アップデートを繰り返しています。そのため、SEO対策で結果を出すためには、最新情報を追い続けることが必要です。

海外の最新SEO情報にアンテナを張るなど、勉強を怠らないコンサルタントであるかは、依頼時の見極めポイントといえるでしょう。

最近では、E-A-T(専門性、権威性、信頼性)の重要度増、BERT導入などがトピックスとして挙げられます。

このあたりの施策もきちんと考えられるコンサルティング会社なのか、必ずチェックしましょう。

おすすめSEO対策会社紹介!対策内容の特徴・料金

【2020年最新】SEOコンサルティング3社の特徴・料金相場

SEOコンサルタント業者は、今では小規模サイト向けのサービスから、大手Webサイト向けのコンサルティングまで幅広い会社が存在します。ここでは、おすすめのSEOコンサルティング業者を3社ピックアップし、それぞれ特徴や価格帯をお伝えしています。

株式会社EXIDEA(無料診断実施中)

EXIDEAメンバー

当サイトEmmaMagazineを運営する株式会社EXIDEAは、SEO対策に強みをもつWebマーケティング会社です。Googleのアルゴリズムを13年以上研究する代表が持つノウハウや、海外カンファレンスで得た最新マーケティング動向をEmmaTools™というSEOツールに落とし込み、提供しています。

このツールは、企業様がコンサルティングに頼り続けるのではなく、自走できる状態を目指し開発されてもの。自走するまでは、SEOコンサルタント(カスタマーサクセスチーム)が伴走いたしますのでご安心ください。

コンテンツのSEO効果を無料で診断させていただきます。まずは無料診断を通し、自社サイトの健康値を測定してみてください。

コンテンツのSEO効果の無料診断

アイレップのSEOコンサルティング

アイレップはSEOコンサルティングでは大手に名を連ねますが、顧客の現状認識をしっかりと分析し、細かいSEO対策まで提案してくれる会社です。

大手コンサルタント特有の「豊富な資料」を生かしつつ、自社サイトに最適なSEO対策を立てられるため、業界でもコストパフォーマンスの高さが光ります。

特に、アイレップはコンテンツマーケティングを重視しているため、SEOだけでなく、コンテンツの質を高めて顧客をファン化させるノウハウまで習得できる点が強み。

費用相場は約20~50万円(月額)と、SEOコンサルタント業者では中間に位置します。

オプトのSEOコンサルティング

オプトは特に広告分野に強みを持つSEOコンサルタントです。SEO以外にも、ソーシャル広告やアフィリエイト、PPC、解析などWebサイトに合わせた最適な集客戦略をたてることができます。

また、価格帯も10万円~20万円(月額)と相場並み、もしくは手ごろな費用で利用することが可能です。

アユダンテ株式会社のSEOコンサルティング

こちらはサイトリニューアルが前提のSEOコンサルティング会社です。通常のコンサルティングに加え、システム面でのサポートも行ってくれるのが特徴です。

費用は300万円~と相場よりも高額。

がっつりテコ入れしたいWebサイトがある場合は、依頼を検討しても良いでしょう。

サクラサクマーケティング株式会社のSEOコンサルティング

月額コンサルティング費用は10万円~と相場並みです。自社で研究部隊を抱えている会社で、さきほど紹介したようなテクニックだけのSEO対策だけでなく、本質に基づいたSEOコンサルティングを提供してくれます。

まとめ

当ページでは、『SEOコンサルティングとは何か』から、危険なSEOコンサルティング業者の見分け方、おすすめのSEOコンサルティング3社まで紹介してきました。

SEOコンサルティング業者を選ぶ場合は、本当にその施策が自社Webサイトに効果的かを十分に検討しなければなりません。SEOコンサルタント業者は幅広く存在しているため、口先だけの営業文句に騙されないように気を付けましょう。

各業者の特徴や費用相場を調べた後は、ほかにもコンサルティングの実績や口コミ情報なども確認しておくことをおすすめ致します。SEO会社への出費は高額な投資となるため、十分に検討していただければと思います。

また、こちらのeBookでは、当社のクライアント様からお聞きした、導入したけど、成果が出なかったSEOコンサルの特徴をチェックリスト形式でまとめております。こちらのeBookで紹介している特徴2つ以上に当てはまると、成果を出すことは難しいでしょう。

現在SEOコンサルを導入している、もしくは導入する予定のある方は、ご参考にしていただければと思います。

seoコンサル