Closeup retro vintage style image business woman hands holding white sign card with www. com written on it with empty space ready for your text website domain isolated on gray office wall background

2019年のSEO(Search Engine Optimization)においては、”Content is King(コンテンツが全てだ)”と言われるほど、コンテンツが最重要。

しかし、URLのような、一見検索ランキングに直接的な関係がない要素にも気を配ることで、SEO効果を補完し、検索順位を更に上げやすくすることが可能です。

特に、URLやドメイン名にキーワードを含んでいるページは、その対策を施していないページに比べてGoogleの評価が高まります。

今回は、Googleの検索アルゴリズムを検証し、URLはどのようなSEO効果があるのかを検証していきましょう。加えて、SEOに効く適切なURLの設定方法をお伝えしていきます。

「URLでライバルに差を付けたい」

「少しでもSEO効果があるならURLにもこだわりたい」

このようにお思いの方は必見の内容ですよ!

そもそもURLとは?

ここでは、「そもそもURLとは何か」と「URLの構造」、そして「ドメインとの違い」に関して解説していきます。少しテクニカルになるので、URLのSEO効果に関してだけ知りたいという方は飛ばしていただければと思います。→次項へ

URLは、『Uniform Resource Locator』の略で、一言で説明するとWEBページのインターネット上における住所です。続いて、URLの構造を説明致します。

URLの構造

ここでは、URLの構造に関して解説致します。例として、本ページのURLを見てみましょう。

■https://emma.tools/magazine/seo-url

上記のURLは、以下の要素に分けられます。

要素 URLの該当箇所 概要
プロトコル https URLの先頭に来る通信規格です。現在は、httpかhttpsが主流です。
ドメイン emma.tools 一言で言うところの住所。1サイトに1つ固有のドメインが与えられます。
ディレクトリ magazine WEBサーバー内のフォルダ名と位置を示します。
ファイル名 seo-url ファイルを指します。URLの中で最後に出てくる部分です。

URLが何で、どのような構造をしているかはお分かり頂けたでしょうか。それでは、いよいよURLのSEO効果に関して解説していきます。

Google検索アルゴリズムから探る、SEO対策で有利なURL構造とは?

Google検索アルゴリズムから探る、SEO対策で有利なURL構造とは?

SEOでは、URLの構造や書き方によって検索順位の変動に影響があるとされます。ただ、SEOに関しては個々人で解釈が異なるため、WEB上の情報では錯綜していることが多いのが事実です。

そこで、SEOにおける教科書ともいえる検索アルゴリズムを参考にして、検証してみましょう。検索エンジン最適化の目的はGoogleの検索結果で上位を目指すことにあり、やはり答えはGoogleに聞いてみるのが一番です。

Googleが各サイトの検索順位を決めるときに基準とする、273個(2019年4月時点)の検索アルゴリズムから、SEOにおけるURLの影響を探ってみました。(参考:NORTHCUTT、Google Ranking Factors

URL内のキーワード(プラス要因)

Googleでは各WEBコンテンツ(やWebサイト)とキーワードとの関連性をもとに、検索順位を決定します。

これはURLでも同じこと。つまり、URL内にキーワードが含まれているサイトほど、検索結果で上位になりやすい傾向にあるのです。

URL前半部分にあるキーワード(プラス要因)

URLにキーワードを入れる場合は、できるだけ前半部分に入れるようにします。Googleが検索順位を決める際に参考にする点が、WEBコンテンツ内のタイトルや見出し、本文で冒頭や最初の段階にキーワードを入れることです。

最初にキーワードがあると、関連性が高いと見なされ、検索結果にも好影響となります。URLも同じなので、できるだけ前半部分にキーワードを集約させると、よりSEOに効果的です。

ハイフンで区切りをするURLキーワード(プラス要因)

WEBコンテンツに複数のキーワードを入れる場合は、URLはハイフン(-)での区切りをおすすめします。

例えば、「SEOとURL」という2つのキーワードがあった場合、「https://〇〇〇/seo-url/」というように、キーワードの間にハイフンを入れて区切りをするとよいでしょう。

アンダーバー(_)でも区切ることはできますが、これは検索エンジンにプログラミングパラメーターと混同されてしまうこともあるので、あまりおすすめはできません。

ドメイン名にキーワード(プラス要因)

ドメイン名にキーワード(プラス要因)

ドメイン名とは、「https://〇〇〇」の「〇〇〇」に該当する部分のことです。「サイト住所」ともされ、そのWebサイトの存在する場所を表すもっとも重要な要素といえます。

このドメイン名にも、できるだけキーワードを散りばめておくと良いでしょう(詳細は後述します)。

サブドメインの利用(マイナス要因)

サブドメインとは、「https://〇〇〇.com/」へ「https://□□□.〇〇〇.com/」というように、主ドメインの前に「□□□」と別の言葉を入れること。

例えば、ショッピングサイトの運営で、洋服を扱っている場合は「□□□」に「clothing」と入れたり、本のときは「book」と入れたりするなど、複数のサイトを分割して管理する際に便利です。

しかし、サブドメインを入れてしまうと、たとえ主ドメインが同じサイトでも別サイトとして扱われ、SEOではマイナスになります。

パークドメインの利用(マイナス要因)

パークドメインとは、まだ稼働する前のWEBサイトで、WEBコンテンツもまったく投稿されていない状態を指します。多くの場合、このパークドメインを訪れると「工事中」などの表記を見かけます。

こうしたパークドメインサイトは、ユーザーにとってまったく価値のないものなので、Googleでは検索結果に表示しないという施策(SEOにマイナス)をとっているのです。

URL内の重複したキーワード(マイナス要因)

Googleが検索順位を決定する基本的な考え方は、「過度なSEO施策はペナルティ」ということです。

例えば、URL内に何度も繰り返しキーワードを入れることは、過度なSEO対策として検索順位が下落します。これはWEBコンテンツ内にキーワードを入れるときも同様なので、気をつけましょう。

ここまでは、URLがSEOに与える効果を考察してきました。では、SEO効果を最大化させるURLはどのように設定すれば良いのでしょうか。

次項では、SEO効果の高いURLを設定する3つのコツをご紹介いたします。

SEOに効くURLの命名規則とは?Googleとの相性から考察

SEOに効くURLの命名規則とは?Googleとの相性から考察

SEOに効果的なURLを設定するために、その命名規則を決めていきましょう。一度決めてしまったURLでも後から変更はできますが、後ほど紹介するように意外なトラブルが発生した際、その解消に大きな手間がかかります。

そのため、WEBコンテンツを作成した段階で、SEOに効果的な満足のいくURLをつけておきましょう。ここでは、先ほどのGoogle検索アルゴリズムの観点から、SEO効果の高い、URLを命名するコツをお伝えしていきます。

URLの先頭付近にキーワードを入れること

URLにキーワードを入れることはもちろんですが、必ず先頭付近に表示させることが命名のコツです。たまに、「/seo-ni-saiteki-url-title-toha/」などの長いURLを見かけます。

こうしたURLを設定する場合は、「/seo-url-effective/」というように、キーワードを先頭に入れるようにしましょう。

そもそも長いURLはSEOにマイナスだとされています。できるだけ余計な言葉はURLに含めず、キーワードを端的にURLにするのが命名のコツです。

URLのディレクトリ階層とリンク階層にも注意

URLのディレクトリ階層とリンク階層にも注意

URLのディレクトリ階層とは、コンテンツページの所属関係や階層構造を表す部分です。例として、下記をご覧ください。

■/clothing/black/

■/clothing/white/

上記は、ファッションの通販サイトでのディレクトリ階層を表します。「/clothing/」という大分類の中に、黒系の洋服である「/black/」と、白系の洋服の「/white/」が小分類で色分けされていることが分かるはずです。

一方で、リンク階層は特定のページから何階層目にコンテンツページが位置しているかを表します。SEOのURL設定では、このリンク階層が非常に重要です。

たとえば、先ほどの「/clothing/black/」というページのリンクがトップページに貼られていたとしましょう。すると、この黒系の洋服があるページは「2階層目」ということが分かります。

SEOでは階層が浅い(1に近い)ほど重要なページとされ、検索順位にも好影響を与えるのです。

ドメインの命名にも気をつかうこと

ドメイン名は一度決めてしまうと、後から変更が利きにくいため、事前にキーワードを含めた案を複数考えておくことをおすすめします。先述した通り、URLだけでなく、ドメイン名にキーワードを配置するのもSEOに効果大です。

例えば、「車の買取り」というテーマでWebサイトを立ち上げたとしましょう。すると、ドメイン名には「車の買取り」を英語訳した、「car」「purchase(もしくはbuying)」などのキーワードが含まれているとページランクが高まります。

ただし、日本語でドメイン名を記載してしまうと、内部リンクなどでURLを設置したときに別のコードに変換され、異様に長いURLとなってしまいます。

「http://〇〇〇/%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9/」

上記が一例です。日本語のURLを貼り付けると見た目が悪くなるため、できるだけ英語でキーワードを入れる方が良いでしょう。

サイトリニューアル時のURL変更で絶対に気をつけたいこと

サイトリニューアル時のURL変更で絶対に気をつけたいこと

URLの構造や名称をSEOで理想的な形にしていくことは、とても重要なことです。しかし、サイトを立ち上げた当初から、もしくはコンテンツページを作ったときに、最適なURLの命名を行うのは非常に困難。一度決めたURLでも、後で変更に迫られることがあります。

URLの変更と聞くと、大変な作業だと思うかも知れませんが、実は、一度決めてしまったURLは簡単に変更することができます。ただ、URLの変更は大規模なサイトリニューアルと同じくらい、細心の注意を払って行う必要があります。

なぜなら、Googleは各サイトのURLを起点にクロールしていくため、URLを変更するとクロール不可となり、最悪の場合は検索結果から削除されてしまう可能性があるのです。

URLを変更した場合は、必ずGoogleにその旨を伝えるために、サーチコンソールで新ドメインを登録しましょう。加えて、.htaccessで301リダイレクトの設定をする必要があります。

URLを変更したからといって、自動的にGoogleに通知がいくわけではありません。Googleは常に旧URLを参考にして検索順位を変動させるため、今までのSEO施策を新URLに引き継ぐためにもこうした手続きが必要です。

まとめ:URLの対策は大切!でも本当に重要なことはWEBコンテンツ

まとめ:URLの対策は大切!でも本当に重要なことはWEBコンテンツ

ここまで、URLがSEOにもたらす効果を解説してきました。URLはSEOに影響を与えますが、それでもSEOで重要なことはやはりWEBコンテンツです。URLが検索結果に特別大きな影響をもたらすことは少ないため、そこまで神経質になる必要もありません。

しかし、URLやドメイン名にもしっかりとSEO対策を施しておくことで、ページランクが向上したり、サイト価値を高めたりすることに役立つのも事実です。

まずは独自性の高いWEBコンテンツ制作に集中し、URLのSEO対策については、その後に行っていくことをおすすめします。適切なURLの命名ができれば、WEBコンテンツのSEO効果を補完する役目が期待できるでしょう。

それでは、最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

おすすめの記事