記事作成を外注するメリットとおすすめ代行会社

オウンドメディア(自社サイト)の運営において、多くの担当者を悩ませるのが「記事制作」です。

SEO対策においても重要な記事制作には膨大な時間とコストが必要なので、オウンドメディア運営担当者にとって記事制作は大きな負担となります。

そこで多くの担当者が考えるのが記事制作の「外注(外部委託)」。外注費用との兼ね合いにもよりますが、記事制作を外注することで以前よりも短時間で大量の記事を公開できるようになる社内リソースに余裕が生まれることでサービス向上に時間を割けるようになるなど、効率的なオウンドメディア運営が可能となります。

ただし、この外注先(制作会社)の選び方には注意が必要。正しく見極めて選ばないと「せっかく費用をかけて作成した記事が全く検索結果で上位表示してこない…」という悲惨な状態に陥る可能性もあります。

そこで、このページでは記事制作の外注費用の相場や外注先を選ぶ際の注意点など、オウンドメディア運営で失敗しないために担当者が知っておくべき情報をまとめてご紹介します。

厳選したおすすめの記事制作代行会社もご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

高品質なSEOコンテンツ作成は弊社にお任せください

弊社のライティングツールであるEmmaTools™は、独自のアルゴリズムでコンテンツの『SEOにおける質』をスコア化することでSEO効果の高いコンテンツ作成ができるツールです。

 

このEmmaTools™にて高スコアを獲得できているコンテンツを作成・納品するので、面倒な管理をせずに上位表示しやすいコンテンツを手に入れることが可能です。

  • 記事制作を外注するのは初めてですが依頼できますか?
  • どんなライターが記事を執筆しているのですか?
  • どんな業界・ジャンルに対応していますか?…など

御社のオウンドメディアに適したサービスなのか、御担当者様が感じていらっしゃる疑問やご質問などと併せてまずはご相談ください。

 

一般的な記事制作の流れ・理想的な記事作成方法とは

オウンドメディア用に記事制作をする場合、一般的には以下のような作り方で記事を作成します。

一般的な記事制作の流れ
  1. 対策キーワードを選定する
  2. 事前調査でユーザーニーズを把握する
  3. 検索ユーザー像(ペルソナ)を設定する
  4. 適切な執筆者(ライター)を選定する
  5. 仮タイトルを設定する
  6. リード文(導入文)を書く
  7. 記事のアウトライン(見出し構成)を作成する
  8. 本文を執筆する
  9. 記事内容に合うようにタイトルやリード文などを調整する
  10. 校正(記事のチェック)
  11. 納品

自社で記事制作をする場合も外部委託して記事を納品してもらう場合も、基本的には上記のような作り方で記事を作成しています。

オウンドメディア用に記事制作をする場合、基本的には検索結果で上位表示することを目的として記事を作成するため、上記の流れの中でさらにSEO対策を講じることも必要になります。

GoogleやYahoo!などの検索エンジンから高い評価を得るためには「コンテンツの質」が重要です。

そのため、業界について深い知見や理解を持つ自社内部のリソースで記事制作ができると、プロの視点が反映された高品質な記事としてSEOでも高く評価されやすくなります。

このように、理想は自社のリソースで記事制作をすることですが、実際問題、SEO対策も施した高品質の記事を1本作成するのにも膨大な時間と労力がかかります。

その上、オウンドメディアで成果を出すためには、業界やジャンルにもよりますが、1ヶ月に30本以上など大量のコンテンツが必要となる場合も少なくありません。

社内に十分なリソースがある場合を除き、全ての記事を社内の人間で作成することにこだわりすぎると、オウンドメディアの成功が遠のく危険性もあります。

もし現在、複数の業務を兼務していたり、片手間でしか記事制作ができないなど、社内のリソース確保が厳しい状態なのであれば「記事制作の外注」を検討するのが現実的です。

記事制作を外注することでオウンドメディアの成長スピードUP!

ここまでご紹介したように、記事制作を全て社内で巻き取るのには限界があるので、外注の利用を検討する必要があるでしょう。

記事制作を外注した場合どれぐらい社内の負担を削減できるのか、先にご紹介した記事制作の流れをもとに見てみましょう。

記事制作の
流れ
自社制作 外部委託
クラウドソーシング 制作会社
①対策キーワードの選定 社内 社内 社内
②事前調査でユーザーニーズの把握 社内 社内 制作会社におまかせ
③検索ユーザー像(ペルソナ)の設定 社内 社内
④適切な執筆者(ライター)を選定 社内 社内
⑤リード文(導入文)の作成 社内 ライターにおまかせ
⑥記事のアウトライン(見出し構成)作成 社内
⑦本文の執筆 社内
⑧タイトルやリード文などの調整 社内
⑨納品、校正(記事のチェック) 社内 社内 社内

このように、負担の大きい記事制作を外部に委託することで社内のリソースに余裕が生まれるので、サービスの向上やマーケティングなどに多くの時間を割くことが可能になります。

さらに、制作会社によってはSEOの知見が豊富な企業もあるので、選び方を失敗しなければSEOに強い高品質な記事を大量に追加することも可能。オウンドメディアで成果が出るまでの期間を大幅に短縮することも期待できます。

記事制作を代行会社に外注するメリット・デメリット

記事制作・作成を外注するメリット・デメリット
ここまで記事制作の外注方法には2種類あることをお伝えしました。上記で挙げたことの他に、記事制作を外注する際には以下のようなメリットとデメリットがあります。

記事制作を外注するメリット

記事制作を外注するメリットとしては、短時間で大量の記事を依頼できるということです。短期間でオウンドメディアの記事を充実させることができれば、より早くSEO効果を得ることができるでしょう。

また、これまでWEBサイトの記事代行にかかっていた膨大な人材や時間を他の仕事に割くことができるようになるため、会社全体のパフォーマンスを高めることができます。

記事制作を外注するデメリット

記事制作を外注することのデメリット
一方、記事制作を外注することのデメリットとしては、主に次の2つが挙げられます。

  • 記事の均一化が難しい
  • 費用がかかる

それぞれ簡単に説明いたします。

記事の均一化が難しい

同サイト内で複数人に記事制作を依頼する場合、サイト全体の見解や方針は明らかにしておく必要があります。これを怠ると、Aという記事ではこの商材を推しているのに、Bというページでは逆のことを言っている、という事になり兼ねません。

また、口調や言い回しも人により様々です。可能であれば、サンプルの記事などを用意し、それに合わせて記事制作してもらいましょう。

費用がかかる

高いクオリティの記事を依頼するにはそれだけ高額な費用が必要です。

しかし、高品質な記事ほどSEO効果も高く上位表示しやすくなるので、担当しているオウンドメディアのフェーズと予算にもよりますが、多少費用が高額になっても高品質な記事を作成してくれる制作会社を選ぶことをおすすめします。

では実際に発注をした場合、記事制作にかかる費用はどれくらいになるのでしょうか。次項目より記事制作の費用相場を見ていきましょう。

記事制作をインハウスで行うメリット・デメリット

自社のメディア運用にあまり予算が採れず、インハウス(自社)での記事制作をすべきか迷っている方も多いのではないでしょうか。ここからは、インハウスで記事制作を行う際のメリット・デメリットをご紹介していきます。

インハウスで行うメリット

インハウスで行うメリットは、以下の2つです。

  1. 外注費用の削減
  2. 専門性の高い記事制作ができる

こちらも、それぞれそれぞれ簡単に説明していきます。

外注費用の削減

先程も書いたように、外注費用はそれなりの金額がかかります。

例えば、文字単価2円で10,000文字の記事を制作した場合、1記事あたり20,000円の費用がかかります。

これを毎日投稿すると仮定すれば、20,000円×30日間=60万円以上の外注費用が発生します。

特定の分野で専門性の高いライターや、SEOライティングに長けたライターに発注した場合は、文字単価が高く、さらに費用がかかることも十分にあり得ます。

はじめてオウンドメディアを運用する際、特に最初のうちは社内での理解が得られず、記事制作など運用予算を確保するのが難しい場合があることと思います。

その点、インハウスで運用すれば外注費用を削減でき、その分を広告費に充てることもできます。

専門性の高い記事制作ができる

第2に、社内の人間が執筆することで専門性の高い記事制作ができるというメリットがあります。

Googleは、検索品質評価ガイドラインで「E-A-T」を検索順位を決める要因として重要視しています。

E-A-TとはExpertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)の頭文字を取った略語で、そのコンテンツの執筆者やサイト運営者がどれほどその分野に精通しているか、他者から評価を受けているか等を評価する基準です。

上位表示できるコンテンツの条件として「E-A-T」が担保されていることを挙げています。

つまり、E-A-Tが担保されているほど順位向上が見込めるわけですが、これらを実現するには、記事制作者が、自社のサービスや製品、業界に精通していることが求められます。

外部ライターに依頼して自社内で監修するという方法もありますが、この場合、細かい言い回しや見出しの構成、表現などを指示する必要があり、この作業には多くの手間がかかるもの。

その点、社内でオウンドメディア専任のライターを立てることができれば、専門性の高い記事を効率よく制作できるのです。

インハウスで行うデメリット

もちろん、インハウスで記事制作するデメリットもあります。

  1. SEOやライティングに深い見識を持った担当者が必要
  2. 人的リソースが必要

上記、2点について順に解説していきます。

SEOやライティングに深い見識を持った担当者が必要

インハウスで記事制作するには、専門性だけでなく、高いSEOの知識とライティングスキルを持つ担当者の存在が欠かせません。

ライターが書いた記事を、

  • SEO対策上問題ないのか
  • 読者にとってわかりやすい文章になっているか
  • 文字ばかりでなく画像・イラストを使用するなど、読みやすい記事になっているか

等をチェックし、品質・進行管理を行う編集者が必要になるでしょう。

このフローを飛ばしてしまい、ライターが納品してきた記事に手を入れずにそのまま公開していては、記事のクオリティが担保できず、順位向上も、ひいてはアクセスアップや成果の獲得にも繋がりません。

社内に適任者がいるのか確認しましょう。

もしいないのであれば直近での自社制作は厳しいため、まずは外注を利用しつつ、同時並行でSEOとライティングに精通した担当者の採用を行っていくといいでしょう。

人的リソースが必要

もう一つは、人的リソースの問題です。

外注であれば必要に応じてライターの人数を増やしたりできますが、インハウスで記事制作するのであればどうしても社内リソースが限られてきます。

社員数にも限りがありますし、専任の担当者をアサインできればいいのですが、各人もともとの業務がある場合、兼任でやってもらうことになるため、業務を圧迫したり、リソースの確保自体が難しくなります。

社内の人的リソースを使うのと外注してリソースを確保するのとではどちらが費用対効果が優れているのかを見極めましょう。

外注先は「クラウドソーシング」「記事制作代行会社」の2種類

上記の表で少し触れましたが、そもそも記事制作の外注には「クラウドソーシング型」と「記事制作の代行会社」の2パターンがあります。

それぞれ異なる特徴があるので、御社のオウンドメディアの場合、どちらに外注すべきか、それぞれの特徴を元に決定しましょう。

クラウドソーシング型で発注する

クラウドソーシング型は、複数のライターが登録しているプラットフォームに対して、自分で記事制作を発注するやり方です。

登録しているライターは、副業としてライターをしている人やプロのライター、学生など様々。

交渉次第でクオリティの高い記事を低価格で外注できますが、募集の作成からライターの選定、納期管理などを自社で行う必要があります。

クラウドソーシング型はライターに直接業務を委託することができるので、納期や編集の融通が利きやすいなどがメリットです。

費用も比較的安価なため、社内に記事制作のディレクション能力がある人がいれば、クラウドソーシング型を利用するのもよいでしょう。

ただし、登録しているライターのライティング力はピンキリ。中には納期を守らなかったり、文章力の低いライターも存在するので、テストライティングを通した上で発注先を決めるなどの工夫が必要です。

クラウドソーシング型のプラットフォームの有名どころには、クラウドワークス、ランサーズなどがあります。

記事制作の代行会社に外注する

SEO効果のある記事制作を依頼したい、社内に記事制作をするリソースがない場合などは、代行会社に外注するのがおすすめです。

記事制作の代行会社は、ライティングだけでなく、ディレクションの作成やライターへの依頼、納品管理やコンテンツの品質管理などの工程を全て請け負ってくれるため、手間をかけずに記事制作が行えます。

その分、どうしても外注費用は高くなりますが、プロによる高品質な記事制作ができ、かつ社内負担を大きく削減できるというメリットがあるので、大変おすすめのサービスとなっています。

制作会社によって得意な業界やジャンルなどに差があるので、外注する際は自社サイトとの相性をしっかり見極めた上で依頼するようにしましょう。

クラウドソーシング 記事制作の代行会社
発注方法 複数のライターが登録しているプラットフォームに対して記事制作の募集を作成し、適切なライターを選定してを発注する 記事制作代行サービスを請け負っている制作会社を選び発注する
依頼費用 比較的安い 比較的高い
特徴 比較的安い費用で依頼できるが、登録ライターのレベルや質にバラつきが大きく、かつ募集の作成からライターの見極め、納期管理まで自社で行う必要があるため社内負担は大きい 費用は比較的高いものの、ライティングだけでなく、ディレクションの作成やライターへの依頼、納品管理まで全ておまかせ可能。手間をかけずに記事制作が行える

記事制作の外注費用の相場

記事制作の外注費用は基本的には文字単価で決定します。

例えば「文字単価2円」で「5,000字」の記事を外注した場合、以下が外注費用として発生します。

 費用:5,000文字×2円=10,000円+税

文字単価の相場は、ライターのレベル、ライティング内容の専門性によって様々です。記事制作を依頼する際の目安単価は以下の表をご覧ください。

記事制作者 一般的 専門的
ライター
初心者
0.5円~ 1円~
ライター
プロレベル
2円~ 5円~

このように、ダイエットや美容などの一般的な内容のライティング費用は相場が安く、法律など専門的な内容、かつレベルの高いライターの場合は単価が高くなります。

記事制作の代行会社に外注をする場合、上記の費用にさらに文字単価が1〜2円ほど上乗せされた金額が相場となります。

ただし、制作会社の中には上記の単価相場よりも遥かに高額な料金を請求する悪徳な業者もいるので、初めて記事制作を外注する場合は注意しなければなりません。

代行会社に記事制作を依頼する際は、事前に見積もりを依頼すると失敗がなくおすすめです。

外注先を選ぶ際の
注意点と制作会社の見極め方

外注さえすれば、質の高い記事を制作してもらえるかというと、必ずしもそうとは限りません。

ライティングスキルが低いライターや業者に依頼してしまうと、費用がかかるばかりで、記事制作を外注するメリットを全く感じることができなくなってしまいます。

記事制作の外注先を選ぶ際には、次の点に注意して失敗しないようにしましょう。

  • SEO対策における記事制作の実績を確認する
  • 自社サイトと外注先の相性を確認する

以下より、それぞれの注意点について解説します。

SEO対策における記事制作の実績を確認する

SEOに強い記事制作の実績があるかどうかを確認しておく
外注先を選ぶ際に重要になのは、記事のクオリティですよね。これを確認するには、記事制作の実績を確認するのが一番です。

具体的には、外注先に過去に制作した記事のURLを示してもらったり、どのキーワードで上位表示しているのかなどの実績をチェックしましょう。

自社サイトと外注先の相性を確認する

いくら記事制作の実績があったとしても、全ての分野において同じような結果を出せるとは限りません。

やはり、外注先によって苦手分野や得意分野があるものです。そのため、外注先の得意分野・専門分野と自社サイトの分野が合致するかを確かめておきましょう。

また、記事の形式にもニュース記事や商品サービスの比較記事、会社の公式ブログ記事など様々なタイプがあります。そのため、制作会社が得意としている記事の形式まで確認しておくと安心です。

自社サイトと外注先の相性次第で作成した記事のパフォーマンスが大きく異なるので、相性をしっかりと見極めた上で発注するようにしましょう。

記事制作のおすすめ代行業者:10選

おすすめの記事制作代行業者5選
クラウドソーシングサイトに登録して自分で優れたライターを見つけ出す時間も手間も惜しいという人には、記事制作代行業者に依頼することをおすすめします。

記事制作代行業者に依頼すれば、業者にどのような人材を求めているかを相談するだけで、希望通りの人材を紹介してもらうことができます。

おすすめの記事制作代行業者は、次の10つです。

  • サグーワークス
  • Shinobiライティング
  • コンテンツウォーカー
  • アフィリエイト秘書.com
  • 記事作成代行ドットコム
  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • エディトル
  • ALVO
  • EmmaTools™ Writing Platform

それぞれの記事制作代行業者の特徴について、以下よりご紹介します。

サグーワークス

サグーワークスは日本最大級の記事制作代行業者です。専任ディレクターがライター選びから納品までしっかりサポートしてくれます。

コストやスピードを重視する人向けのオンライン発注プランや、SEO効果の高い記事や細かいオーダーに応えてくれるオーダーメイド発注プランなど、様々なニーズに応えるためのプランが用意されているのもサグーワークスの魅力です。

Shinobiライティング

Shinobiライティングはその名の通り、WEBサイトの記事制作に特化した記事制作代行業者です。あらゆるジャンルに対応でき、どんなジャンルの記事も圧倒的なスピードで制作できると謳っており、実際、業界ナンバーワンのシェア率を誇っています。

SEOに強い記事を短時間でたくさん納品してもらいたいという人は、Shinobiライティングに記事制作を依頼してみましょう。

コンテンツウォーカー

一定以上のスキルを持ったライターだけを採用していると謳っているコンテンツウォーカーは、安価で高いクオリティの記事を大量発注したいという人におすすめの記事制作代行業者です。

コンテンツウォーカーにはライター向けの厳格なマニュアルが用意されているため、細かい指示書を作らなくてもクオリティの高い記事を書いてもらうことができます。

アフィリエイト秘書.com

アフィリエイト秘書.comは、1文字1円というシンプルなプランで勝負している珍しい記事制作代行業者です。

他の記事制作代行業者と比較して安価で安定したクオリティの記事を依頼できるということで、多くのオウンドメディア担当者に利用されています。

依頼する記事の詳細を余すところなく伝えることさえできれば、希望通りの記事を納品してもらえるので、コストパフォーマンスを重視する人にはおすすめの記事制作代行業者です。

記事作成代行ドットコム

希望を伝えれば、希望に沿った記事制作をすることができる専属ライターを紹介してもらえるのが記事作成代行ドットコムです。

細かい指示をせずともリーズナブルに一定以上のクオリティの記事を納品してもらえるおまかせコースとより専門的な内容にも対応してくれる上に高いクオリティの記事制作をしてもらえるこだわりコースの2つのコースが用意されています。

特に専門性の高い記事を求めている人は記事作成代行ドットコムのこだわりコースを試してみてはいかがでしょうか。

クラウドワークス

クラウドワークスは国内最大級のクラウドソーシングサービスで、数多くのライターが登録しているのが特徴です。

あらゆるジャンルの記事制作に対応できる反面、記事の品質はライターのレベルに左右されるため、ライターの力量の見極めが重要です。

「プロクラウドワーカー」と呼ばれるクラウドワークスから認定を受けた上級者もいますが、副業などの目的で登録している初心者~中級者程度が多いため、できるだけ低単価で発注したい場合におすすめです。

ランサーズ

ランサーズはクラウドワークスと並ぶ国内最大級のクラウドソーシングサービスで、同じように初心者~上級者まで数多くのライターが所属しており、ライターを見つけやすいのがメリットです。

各分野の相場感が例示されてあったり、専任アドバイザーによる発注時のアドバイスを受けられるため、はじめて外注を利用するときにも使いやすいでしょう。

エディトル

エディトルは、10年以上の実績を持つSEO・コンテンツ制作の会社が運営するコンテンツ制作チームを外部に構築するサービスです。

品質・進行管理を行う編集者から、実際の記事制作を行うライターまで、オウンドメディアの運用を丸投げできるチームを構築してくれます。

前述のサグーワークの中から合格率1%の独自テストにより選抜した優秀な人材のみを優先的に登録し、運営会社がSEOやコンテンツ制作の教育を施していますので、即戦力のオウンドメディア運営チームを作ることができます。

料金はツールの利用料金のみになるので、コストパフォーマンスも抜群です。

ALVO

WordPressでオウンドメディアを運用しており、低単価で記事の発注を行いたい場合は、ALVOが便利です。

ALVOはWordPressですぐに公開できる状態で記事を納品してくれるため、WordPressでの入稿作業を省け、効率的なオウンドメディア運用が可能です。

また、専任の担当者がついて制作してほしい記事の内容をヒアリングした上でライターへ依頼を行ってくれるため、比較的こちらの意図とズレの少ない記事制作ができるのもメリットです。

EmmaTools™ Writing Platform

EmmaTools™ Writing Platformは、弊社のライティングツールであるEmmaTools™を活用してSEOに強い高品質な記事を作成するサービスです。

独自のアルゴリズムでコンテンツの『SEOにおける質』をスコア化し、高スコアを獲得できているSEO効果の高いコンテンツを作成・納品するので、面倒な管理をせずに上位表示しやすいコンテンツを手に入れることが可能です。

 

  • EmmaTools™を活用したSEOに強いライティング
    EmmaTools™にて高スコアを獲得できているコンテンツを作成して納品するので、上位表示がしやすいコンテンツを手に入れることができます。
  • 元新聞記者など経験豊富なライターによる執筆
    元新聞記者、元雑誌記者、フリージャーナリストなど実績豊富なプロライターによる記事執筆を行います。幅広いジャンルでのコンテンツ作成が可能です。
  • 面倒な発注・納品管理は弊社が担当
    ライターとのやり取りは弊社が担当するため、面倒なプロジェクト管理は一切不要です。また、デスクや校閲を設置し、新聞社に準ずる編集システムで高クオリティの記事を納品いたします。

御社のオウンドメディアに適したサービスなのか、御担当者様が感じていらっしゃる疑問やご質問なども併せて、まずはお気軽にご相談ください。

 

まとめ:SEOに強い制作会社に依頼してマーケティング効果を最大化しよう

コンテンツ制作・作成の外注は賢く依頼してマーケティング効果を最大化

WEBマーケティングで記事制作を外注すれば、短時間でオウンドメディアの記事を拡充させることができ、高い集客力を得ることが可能です。また、会社に在籍する限られた人材を他の仕事にまわすことができるため、会社全体のパフォーマンスを高めることも期待できます。

記事制作の外注にはコストがかかりますが、その分メリットの高い施策といえるでしょう。

また、クラウドソーシングサイトを活用したり記事制作代行業者をよく吟味したりすれば、費用を押さえることも可能です。様々なサービスを比較検討し、自社のWEBマーケティング、オウンドメディアにピッタリな記事制作の外注発注先を見つけていただければと思います。

オウンドメディアの種類や、記事制作の注意点を理解して、外部委託する会社を決めて記事制作の相談をしてみましょう。

また、サイト上の既存記事のSEO効果が悪い場合、いくら新規記事を作成しても順位があがらない可能性があります。SEO対策でしっかりと効果を得るには、既存記事のリライトが必須なのです。

既存記事のリライトには、入れたいキーワードの抜け漏れや、文章の編集校正がチェックできるツールが便利です。

EmmaToolsであれば、これらの機能に加え、記事のSEO効果がスコアリングされ、定量的にコンテンツの質をチェックすることが可能です。「SEOで早く効果を出したい」という方は、ぜひご活用ください。