記事制作を外注するメリットとおすすめ代行企業とは?

サイトの運営において多くの課題に感じるのは、記事制作のやり方です。

記事制作にかかる時間は膨大で、「できれば外注をしたい」と考えている人も多いはず。

このページでは記事制作の外注の費用相場や選ぶ際の注意点など、失敗しないために知っておくべきことをまとめました。

後半ではおすすめの代行企業についても紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

記事制作の外注先には2種類ある

そもそも記事制作の外注には以下2パターンがあります。どちらに外注すべきか、それぞれの特徴を元に決定しましょう。

クラウドソーシング型で発注する

クラウドソーシング型は、複数のライターが登録しているプラットフォームに対して、自分で記事制作を発注するやり方です。

登録しているライターは、副業としてライターをしている人やプロのライター、学生など様々です。

交渉次第でクオリティの高い記事を低価格で外注できますが、募集の作成からライターの選定、納期管理などを自社で行う必要があります。

クラウドソーシング型はライターに直接業務を委託することができるので、納期や編集の融通が利きやすいなどがメリットです。

費用も比較的安価なため、社内に記事制作のディレクション能力がある人がいれば、クラウドソーシング型を利用するのもよいでしょう。

ただし、登録しているライターのライティング力はピンキリ。中には納期を守らなかったり、文章力の低いライターも存在するので、テストライティングを通した上で発注先を決めるなどの工夫が必要です。

クラウドソーシング型のプラットフォームの有名どころには、クラウドワークス、ランサーズなどがあります。

記事制作の代行会社に外注する

SEO効果のある記事制作を依頼したい、社内に記事制作をするリソースがない場合などは、代行会社に外注するのがおすすめです。

記事制作の代行会社は、ライティングだけでなく、ディレクションの作成やライターへの依頼を全て請け負ってくれるため、手間をかけずに記事制作が行えます。ただし、その分費用は高額です。

外注するメリット・デメリット

記事制作を外注するメリット・デメリット
ここまで記事制作の外注方法には2種類あることをお伝えしました。上記で挙げたことの他に、記事制作を外注する際には以下のようなメリットとデメリットがあります。

記事制作を外注するメリット

記事制作を外注するメリットとしては、短時間で大量の記事を依頼できるということです。短期間でオウンドメディアの記事を充実させることができれば、より早くSEO効果を得ることができるでしょう。

また、これまでWEBサイトの記事代行にかかっていた膨大な人材や時間を他の仕事に割くことができるようになるため、会社全体のパフォーマンスを高めることができます。

記事制作を外注するデメリット

記事制作を外注することのデメリット
一方、記事制作を外注することのデメリットとしては、主に次の2つが挙げられます。

  • 記事の均一化が難しい
  • 費用がかかる

それぞれ簡単に説明いたします。

記事の均一化が難しい

同サイト内で複数人に記事制作を依頼する場合、サイト全体の見解や方針は明らかにしておく必要があります。これを怠ると、Aという記事ではこの商材を推しているのに、Bというページでは逆のことを言っている、という事になり兼ねません。

また、口調や言い回しも人により様々です。可能であれば、サンプルの記事などを用意し、それに合わせて記事を制作してもらいましょう。

費用がかかる

高いクオリティの記事を依頼すると、それだけ費用も高額になります。では実際に発注をした場合、その費用はどれくらいになるのでしょうか。次項目より費用相場を見ていきましょう。

外注費用の相場

記事制作の外注費用は基本的には文字単価で決定します。例えば文字単価2円で5,000字の記事を外注した場合、以下が外注費用として発生します。

 費用:5,000文字×2円=10,000円+税

文字単価の相場は、ライターのレベル、ライティング内容の専門性によって様々です。目安単価は以下の表をご覧ください。
 

一般的 専門的
ライター
初心者
0.5円~ 1円~
ライター
プロレベル
2円~ 5円~

このように、ダイエットや美容などの一般的な内容のライティングは相場が安く、法律など専門的な内容、かつレベルの高いライターの場合は、高単価です。

記事制作の代行会社に外注をする場合、上記の費用に文字単価が1~2円ほど上乗せされます。

中には相場よりも遥かに高価な料金を請求する悪徳な業者もいるので、相場感は知っておくとよいでしょう。代行会社に依頼する際は、事前に見積もりを依頼するのがおすすめです。

記事制作の外注先を選ぶ際の
注意点

外注さえすれば、質の高い記事を制作してもらえるかといえば、必ずしもそうではありません。

ライティングスキルが低いライターや業者に依頼してしまうと、費用がかかるばかりで、外注するメリットを全く感じることができなくなってしまいます。

記事制作の外注先を選ぶ際には、次の点に注意して失敗しないようにしましょう。

  • SEO対策における記事制作の実績を確認する
  • 自社サイトと外注先の相性を確認する

以下より、それぞれの注意点について解説します。

SEO対策における記事制作の実績を確認する

SEOに強い記事制作の実績があるかどうかを確認しておく
外注先を選ぶ際に重要になのは、記事のクオリティですよね。これを確認するには、記事制作の実績を確認するのが一番です。

具体的には、外注先に過去に制作した記事のURLを示してもらったり、どのキーワードで上位表示しているのかなどの実績をチェックしましょう。

自社サイトと外注先の相性を確認する

いくら記事制作の実績があったとしても、全ての分野において同じような結果を出せるとは限りません。

やはり、外注先によって苦手分野や得意分野があるものです。そのため、外注先の得意分野・専門分野と自社サイトの分野が合致するかを確かめておきましょう。

おすすめの記事制作代行業者
5選

おすすめの記事制作代行業者5選
クラウドソーシングサイトに登録して自分で優れたライターを見つけ出す時間も手間も惜しいという人には、記事制作代行業者に依頼することをおすすめします。

記事制作代行業者に依頼すれば、業者にどのような人材を求めているかを相談するだけで、希望通りの人材を紹介してもらうことができます。

おすすめの記事制作代行業者は次の5つです。

  • サグーワークス
  • Shinobiライティング
  • コンテンツウォーカー
  • アフィリエイト秘書.com
  • 記事作成代行ドットコム

それぞれの記事制作代行業者の特徴について、以下よりご紹介します。

(1)サグーワークス

サグーワークスは日本最大級の記事制作代行業者です。専任ディレクターがライター選びから納品までしっかりサポートしてくれます。

コストやスピードを重視する人向けのオンライン発注プランや、SEO効果の高い記事や細かいオーダーに応えてくれるオーダーメイド発注プランなど、様々なニーズに応えるためのプランが用意されているのもサグーワークスの魅力です。

(2)Shinobiライティング

Shinobiライティングはその名の通り、WEBサイトの記事制作に特化した記事制作代行業者です。あらゆるジャンルに対応でき、どんなジャンルの記事も圧倒的なスピードで制作できると謳っており、実際、業界ナンバーワンのシェア率を誇っています。

SEOに強い記事を短時間でたくさん納品しもらいたいという人は、Shinobiライティングに依頼してみましょう。

(3)コンテンツウォーカー

一定以上のスキルを持ったライターだけを採用していると謳っているコンテンツウォーカーは、安価で高いクオリティの記事を大量発注したいという人におすすめの記事制作代行業者です。

コンテンツウォーカーにはライター向けの厳格なマニュアルが用意されているため、細かい指示書を作らなくてもクオリティの高い記事を書いてもらうことができます。

(4)アフィリエイト秘書.com

アフィリエイト秘書.comは1文字1円というシンプルなプランで勝負している珍しい記事制作代行業者です。

他の記事制作代行業者と比較して安価で安定したクオリティの記事を依頼できるということで、多くのオウンドメディア担当者に利用されています。

依頼する記事の詳細を余すところなく伝えることさえすれば、希望通りの記事を納品してもらえるので、コストパフォーマンスを重視する人にはおすすめの記事制作代行業者です。

(5)記事作成代行ドットコム

希望を伝えれば、希望に沿った記事制作をすることができる専属ライターを紹介してもらえるのが記事作成代行ドットコムです。

細かい指示をせずともリーズナブルに一定以上のクオリティの記事を納品してもらえるおまかせコースとより専門的な内容にも対応してくれる上に高いクオリティの記事制作をしてもらえるこだわりコースの2つのコースが用意されています。

特に専門性の高い記事を求めている人は記事作成代行ドットコムのこだわりコースを試してみてはいかがでしょうか。

まとめ:賢く外注を依頼してマーケティング効果を最大化しよう

まとめ:コンテンツ外注は賢く依頼してマーケティング効果を最大化

WEBマーケティングで記事制作を外注すれば、短時間でオウンドメディアの記事を拡充させることができ、高い集客力を得ることが可能です。また、会社に在籍する限られた人材を他の仕事にまわすことができるため、会社全体のパフォーマンスを高めることも期待できます。

記事制作の外注にはコストがかかりますが、その分メリットの高い施策といえるでしょう。

また、クラウドソーシングサイトを活用したり記事制作代行業者をよく吟味したりすれば、費用を押さえることも可能です。様々なサービスを比較検討し、自社のWEBマーケティング、オウンドメディアにピッタリな記事制作の外注発注先を見つけていただければと思います。

また、サイト上の既存記事のSEO効果が悪い場合、いくら新規記事を作成しても順位があがらない可能性があります。SEO対策でしっかりと効果を得るには、既存記事のリライトが必須なのです。

既存記事のリライトには、入れたいキーワードの抜け漏れや、文章の編集校正がチェックできるツールが便利です。

EmmaToolsであれば、これらの機能に加え、記事のSEO効果がスコアリングされ、定量的にコンテンツの質をチェックすることが可能です。「SEOで早く効果を出したい」という方は、ぜひご活用ください。