SEOでも聞くctr(クリック率)とは?

CTR(Click Through Rate)とはクリック率のことで、コンテンツや広告が表示された際にどのくらいの割合でクリックされたのかを示す指標です。

CTRはSEOや広告運用などで頻繁に使用する用語なので、特にSEO担当者やWEBマーケティング担当者は必ず理解しておきましょう。

当ページでは、CTRの意味や計算方法などの基礎知識から、CTRとGoogle検索や広告の関係、クリック率の改善方法まで網羅的にご紹介します。

ぜひ最後までご覧いただき、CTRについての理解を深めた上でWEBサイト分析などに活用してください!

CTR(クリック率)とは?用語の意味と基礎知識

CTRとは「Click Through Rate」の略語で、クリック率のこと。CTRは、ユーザーにコンテンツや広告が表示された回数(インプレッション数)に対して、ユーザーが何回クリックしたのかの割合を計算して算出します。

マーケティング用語の中でも頻繁に使用するCTRは、中でもSEOやリスティング広告、ディスプレイ広告などでよく使われます。

例えば、マーケターの間では以下のように会話の中で使用したりします。

「この記事ってCTRいくつ?」(=インプレッション数に対してどれくらいクリックされてる?)
「この前の記事、もっとCTRを上げたいね。」(=あまりクリックされてないからもっとクリック率があがるように改善したいね。)

このように、SEOや広告の効果を確認する指標としてCTR(クリック率)は必ず使用するので、意味や使い方をしっかり理解した上で正確に使っていきましょう。

CTRの計算方法(計算式)

CTR(クリック率)は以下の計算式で算出します。

CTR(クリック率) [%]= クリック数 ÷ インプレッション数(表示回数)× 100

例えば、ユーザーに広告が2,000回表示されて、そのうち10回クリックされた場合のCTRは、10 ÷ 2,000 × 100 = 0.5% となります。

CTR(クリック率)は0〜100%の間で推移し、基本的には、高ければ高いほど良いとされています。(そうで無いケースもあるので後ほど解説いたします。)

なぜ、高いCTRが大切か?

CTRが高いということは、他の広告ではなく、自分の広告がクリックされているということ。広告の世界では、CTRが広告ランクを決定づける1つの要素でもあるため非常に重要です。

また、SEO(自然検索)においても、CTRが高いことはそのページにより多くの流入数をもたらすことになるため、SEO効果を確認・分析するために重要な指標です。

もちろん、最終的な目標はコンバージョン(成果)を上げることなので、CTRの向上と併せてページコンテンツの質も高めておきましょう。

平均クリック率は何%?SEOとCTRの関係

さて、SEOとは検索結果における表示順位を上げて、自然検索からより多くのアクセス流入を狙う手法ですが、CTRは検索結果の表示順位によって異なります。

一般に、より上位に掲載されているWEBサイトの方がCTRは高くなります。

では、実際、検索結果の表示順位によってCTRにどれくらい違いがあるのでしょうか。

Google検索における検索順位とCTRの関係を調査した、Advanced Web Rankingの最新データ(2020年11月)を見てみましょう。

Google検索での各検索順位における平均CTR(クリック率)の調査結果:2020年11月データ
Google検索での各検索順位における平均CTR(クリック率)の調査データ:2020年11月時点

平均CTR デスクトップ(PC) モバイル
1位 34.84% 31.71%
2位 16.45% 17.19%
3位 9.82% 11.03%
4位 6.62% 7.61%
5位 4.73% 5.53%
6位 3.50% 4.08%
7位 2.67% 3.05%
8位 2.10% 2.31%
9位 1.69% 1.78%
10位 1.41% 1.37%
11位 1.34% 1.09%
12位 1.41% 0.94%
13位 1.45% 0.96%
14位 1.43% 1.10%
15位 1.37% 1.40%
16位 1.27% 1.62%
17位 1.19% 1.79%
18位 1.09% 1.80%
19位 1.03% 1.75%
20位 0.96% 1.68%

[データ参照元]Google Organic CTR History(International)- Advanced Web Ranking(2020年11月データ)
[データ数]デスクトップ(PC):934,667WEBサイト、8,060,201キーワード / モバイル:852,068WEBサイト、12,792,739キーワード

ご覧のように、SEO/Google検索においては、検索結果の表示順位とCTRの間に強力な正の相関関係が見られます。

デスクトップ(PC)の検索結果1位では平均CTRが約35%ありますが、2位になると平均CTRは約16.5%と半分以下にまで下がります。そして、その後順位が下がるにつれて緩やかにCTRが落ちていき、10位以下では平均CTRは約1〜2%で推移していることが分かります。

モバイルでも1位は平均CTRが約32%あるのに対して、2位は平均CTR約17%と大きく差が開く結果に。その後CTRは、デスクトップ(PC)と同様に検索順位とともに下がっていき、平均1〜2%前後で推移しています。

自サイトのCTRが高いか低いかを判断する時には、この平均CTRが1つの参考になるでしょう。例えば、検索結果2位でCTRが10%だったら低いですし、3位で10%は高いと判断できます。

もちろん、WEBサイトの業界や分野によって違いがあるので、自サイトのCTRデータは貯めておきましょう。

以上から分かることは、SEO/Google検索においては、検索結果における表示順位を1つでも上げることがCTRを上げるために非常に大切だということ。特に、検索結果1位であることは、より多くのアクセスを呼ぶために何よりも重要な要因です。

また、自サイトが検索結果の2ページ目(11位~20位)に表示されるのと、1ページ目(1~10位)にランクインしているのにも大きな違いがあります。

SEO対策をする中で、検索結果での1位表示や最低でも1ページ目(10位まで)に表示されることを目指すのは、このCTRの違いがあるからです。

分野やワードによって数値にばらつきがある

上記で紹介した平均CTRの調査結果は、全ての検索に対してのデータです。

CTRはデスクトップ(PC)とモバイルという条件以外にも下記のような条件によって多少異なります。

ブランドサーチ vs 非ブランドサーチ

ブランドサーチ(ブランドを含む単語)の方が全体的にCTRが高い

検索意図(情報系、購買系、地域系)

購買系(比較、購入など)のキーワードで1位に表示された方がCTRが高い

検索キーワードの語数の多さ(1語、2語、3語、4語以上)

1語のキーワードの方が1位に表示されたときのCTRが高い

キーワードの分野(金融、アパレル、教育、法律など)

検索キーワードの業界や分野によってそれぞれ違う特徴を持つので検索順位に対するCTRもそれぞれ異なる

このように分野やキーワードの属性によってCTRは多少異なりますが、それでもやはり1位に表示される方がCTRは高く、2位以降は徐々に下がるというのは変わりません。

広告運用観点でのCTRと各媒体における平均CTR

広告運用において、CTRは「検索されたキーワード」や「検索媒体・デバイス」「広告配信地域」「広告が表示される位置」「広告テキスト」などに様々な要素によって変化します。

SEOにおいて重要となる検索結果での上位表示は、もちろん広告運用においても同じです。SEOの場合と同じく、広告運用でも商品やサービスの業界・ジャンルに応じてCTRにも差が生じます。

WordStreamが公開しているデータをもとに、広告運用における平均CTRの違いを以下の3つの場合でそれぞれ平均CTRを表にしてまとめました。

各媒体やデバイスで広告を出稿する際の参考にご覧ください。

Googleのデスクトップ(PC)広告における平均CTR

業界・業種 Google(デスクトップ)
リスティング広告 平均CTR
Google(デスクトップ)
ディスプレイ広告 平均CTR
擁護団体 4.41% 0.59%
自動車 4.00% 0.60%
B to B 2.41% 0.46%
カスタマーサービス 6.05% 0.72%
eコマース 2.69% 0.51%
教育 3.78% 0.53%
求人 2.42% 0.59%
金融・保険 2.91% 0.52%
健康・保険 3.27% 0.59%
家庭用品 2.33% 0.49%
産業サービス 2.61% 0.50%
法律 2.93% 0.59%
不動産 3.71% 1.08%
技術 2.09% 0.39%
旅行・観光 4.68% 0.47%

[データ参照元]Google Ads Benchmarks for YOUR Industry [Updated!] | WordStream

Googleのモバイル広告における平均CTR

業界・業種 Google(モバイル)
リスティング広告 平均CTR
Google(モバイル)
ディスプレイ広告 平均CTR
芸術・エンターテインメント 5.01% 0.84%
自動車サービス・修理 3.76% 0.36%
業務サービス 3.60% 0.55%
コンピュータ・家電 3.70% 0.60%
建設 3.52% 0.50%
コンサルティング 3.99% 0.54%
教育 4.45% 0.48%
金融 4.57% 0.53%
美容室 5.00% 0.93%
ヘルスケア 3.79% 0.51%
家庭用品 3.50% 0.76%
インターネット・通信 3.05% 0.57%
法律 3.48% 0.64%
製造業 4.13% 0.53%
非営利団体 4.09% 0.70%
小売り 4.25% 0.57%
交通手段 4.54% 0.59%
旅行・観光 5.36% 0.61%

[データ参照元]Google Ads Mobile Benchmarks for YOUR Industry | WordStream

Facebook広告における平均CTR

業界・業種 Facebook広告 平均CTR
美容・フィットネス 1.02%
ビジネス・産業 0.89%
金融 0.58%
食品・飲料 1.20%
趣味・レジャー 0.93%
家庭用品 0.71%
インターネット・通信 0.68%
職業・教育 0.55%
ニュース 1.05%
社会活動 0.85%
ペット・動物 1.68%
不動産 0.98%
科学 0.45%

[データ参照元]Facebook Ad Benchmarks for YOUR Industry [2019] | WordStream

ご覧いただいたように、広告媒体や業界、デバイス(デスクトップとモバイル)の違いによって平均CTRにも差が生じています。

この結果には、各媒体で出稿した広告が何を持ってインプレッション数にカウントされるのかなども関係しています。

また、デスクトップとモバイルのどちらにおいても、検索広告に比べてディスプレイ広告の方がクリック率が低い傾向にありますが、これはユーザーに広告が表示されるタイミングが関係しています。

検索広告では、ユーザーが何かを知りたい・欲しいなどと考え検索行動に移った瞬間に広告表示されます。一方、ディスプレイ広告では、ユーザーがニュース記事やアプリなどのコンテンツを閲覧・使用しているときに広告が表示されます。

このように検索広告とディスプレイ広告とでは、広告が表示される際、ユーザーが積極的に情報を探しているか瞬間・タイミングであるかどうかに違いがあり、それがCTRの差にも表れているわけです。また、リターゲティング広告など広告配信のターゲットによってもCTRは変わってきます。

自社サービスの内容や広告出稿の目標によって目指すべきCTRも異なると思いますので、広告費をはじめとして総合的なコストを考慮した目標設計をするようにしましょう。

クリック率を確認する方法

CTR(クリック率)はGoogle Search Console(グーグルサーチコンソール)で確認できます。

左のメニューの『検索パフォーマンス』→『平均CTR』

CTRの確認方法

この画面では、平均CTRのみならず、検索クエリ(検索キーワード)ごと、ページごと、デバイス別など、様々な条件でCTRを確認できます。

CTRを確認する期間も選べるので、期間ごとでCTRがどう変わったかなど比較をすることで、実施したSEO対策や改善施策のパフォーマンスを確かめることも可能です。

Google Serch Console(グーグルサーチコンソール)の機能と使い方

SEOでクリック率を上げるための3つの改善方法

ここまでで、CTR(クリック率)がSEOや広告運用において重要な指標であることはお分かりいただけたかと思います。

ではここからは、どうすればCTRを上げられるのか「CTRを上げる(改善する)ための方法」をご紹介します。

ここではSEOにおいてCTRを高める方法を、タイトル、メタディスクリプション、強調スニペットの3項目で解説したいと思います。

SEOタイトルを魅力的なものにする

SEOでCTRを高めるための1番簡単で効果的な方法は「魅力的なタイトルを設定すること」です。

ページタイトルにはページの内容が分かるような端的なタイトルを設定することが求められますが、併せて「ユーザーが思わずクリックしたくなる」ような興味を引く魅力的なタイトルであることも重要。

「疑問形にする」「数字を入れて具体性を持たせる」「不安を煽る」など、CTRを高めるタイトルをつけるテクニックも駆使しましょう。

下記の記事でCTRを高めるSEOで効果的なタイトルの付け方について詳しく解説しています。

メタディスクリプションで端的に内容を説明する

CTRの改善でタイトルと共に重要な項目がメタディスクリプション。

メタディスクリプションは、ページの内容を端的に表す概要文・要約文の位置付けですが、設定してなくてもGoogleが自動生成して検索結果上に表示されます。

そのため、メタディスクリプションタグの設定をしていないページも多くみられますが、メタディスクリプションを正しく最適な形で設定すればCTRを大きく上げる可能性があります。

メタディスクリプションには、ページの内容を端的に120文字程度でまとめた文章を記述するのが望ましいです。

また、モバイルの場合は画面サイズの関係で50文字程度しか表示されないので、モバイルでのCTRを上げるためにも、重要な要素(キーワードや文章)はできるだけ前半に入れるなどのテクニックを使って対策しましょう。

文字数や書き方などCTRを向上させるための最適なメタディスクリプションタグの設定方法はこちらのページをご覧ください。

強調スニペット向けにコンテンツを最適化する

強調スニペットとは、明確な回答が想定される質問を内包するようなキーワードで検索した際に、検索キーワードに対する端的な回答をGoogleが検索結果の最上部に強調して表示する仕組みのこと。

強調スニペットは、以下のように特別な枠で検索結果に生成されます。
強調スニペットとは?

強調スニペットはややSEO中上級者向けの情報となりますが、正しく最適な形で対策できれば最もCTRが高い検索順位1位よりも上位に自身のWEBサイトを表示することも夢ではありません。

苦労してSEO対策をしてランキング1位を獲得せずとも、強調スニペットに表示されさえすれば最大8.6%ものCTR(クリック率)が見込めるというahrefsの調査結果もあります。

その他にも、強調スニペットは次世代の検索方法である「音声検索」への対策にもなるため、それぞれのページで強調スニペットに対してコンテンツを最適化させることが各ページのCTR向上にも繋がることでしょう。

検索結果順位1位よりも上位に位置する強調スニペットに入ることはCTRを上げるのにも非常に有効なので、詳しく知りたい方は以下のページでぜひご確認ください。

高いCTRが必ずしも良いとは限らない?

さて、ここまでCTRの基礎知識とCTRを高める方法を解説してきましたが、実はCTRは高ければ良いというものではありません。

「え、CTRが高い方がSEOや広告で多くの流入を得られるんじゃないの?」と思われますよね。

確かに、高いCTRはSEOでも広告運用でも重要です。しかし、CTRを高めるために、実際のページ内容とは関連性が低いタイトルやメタディスクリプション、広告テキストなどをつけてしまうケースがちらほらみられます。

タイトルやメタディスクリプションなどは、より刺激的でユーザーの興味を引くテキストの方がクリックされやすくCTRも向上するのですが、内容が伴っていない場合、流入したユーザーは即離脱することでしょう。

CTR(クリック率)を上げるためだけの詐欺紛いのタイトルやテキストの設定は、ユーザーの検索行動を妨害してしまいます。これは絶対に避けなければなりません。

考えてみれば当然なのですが、そのようなページは必然的にユーザーの満足度が低くなるので、結果として、Googleはそのページの評価を下げようとします。こうした不適切なSEO対策は、Googleなどの検索エンジンから低品質なページであるという評価を受け、ペナルティの対象になる可能性も高くなります。

タイトルやメタディスクリプションなどを設定する際は、WEBページの内容に沿っていることを前提としてユーザーの利便性を第一に考えた魅力的なタイトルやテキストを模索することが重要です。

それが結果的にCTRを向上させることにも繋がります。

まとめ

CTR(クリック率)はSEOや広告運用で施策のパフォーマンスを分析する上で必ず使用する重要な指標です。

CTRについてしっかり理解して、WEBサイト改善に役立てていきましょう。

このページの内容をまとめると以下の通りです。

  • CTRはクリック率のことでWEBページや広告が表示された際にどのくらいの割合でクリックされたのかを示す指標
  • CTRは一般的に高い方が良く、SEOにおいては検索順位が高い方がCTRも高くなる
  • 広告媒体やデバイス、業界によってCTRも異なるので目標設計をする際には必ず確認する
  • SEOでCTRを高める(改善する)にはページタイトルとメタデイスクリプションを工夫する
  • 強調スニペットの対策をすることで、SEOで最もCTRが高い1位よりも上位に自サイトを表示することが可能

それでは最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

また当社では、SEOスターターガイドと題する初心者向けのeBookを公開しております。当社の経営陣が、13年以上Webマーケティングをやっている中で手に入れたノウハウを初心者向けにまとめたものです。

「オウンドメディアを始めたけど、ノウハウがあまりなくて進め方がわからない」
「これからオウンドメディアを始めるから事前に知識が欲しい」

このように考えている方には非常におすすめ。資料は完全無料ですので、ぜひダウンロードしていただければと思います。

SEOスターターガイドのアイキャッチ