Googleが2018年8月に行ったコアアップデートから、非常に重要視されるようになったE-A-T。
SEOに携わる方であれば、対策したい項目の1つではないでしょうか。
当ページでは、初心者向けにE-A-Tとは何で、なぜSEOにおいて重要なのかを前半で解説し、後半ではE-A-Tの具体的な対策方法を解説いたします。
Googleに認められた海外ブログの情報も織り交ぜて対策方法を紹介しているので、信頼性の高い情報が知りたい方はぜひ最後まで見ていってください!

E-A-Tとは?

E-A-Tとは、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)の頭文字を取ったGoogleの造語です。GoogleのGeneral Guidelinesに記載されている概念であり、ページの品質に大きく関わることから、SEOにおいて非常に重要な要素の1つとされています。

なぜSEOではE-A-Tが重要?

E-A-TはGoogleがコンテンツの質を測る際に参考にするGeneral Guidelinesに134回も登場しており、”Content is King(コンテンツの質が全て)”だと叫ばれている2019年においては非常に重要です。
実際に、GoogleのGeneral Guidelinesを覗いてみると、E-A-Tは非常に重要ですと、明確に記載されていることが伺えます。
e-a-tの重要性

E-A-TとYMYL

E-A-Tはすべてのコンテンツにおいて重要な要素ですが、特にE-A-Tが重要だとされている分野があります。
それは、YMYLと呼ばれている分野で、Your Money, Your Lifeの頭文字から来ている、いわゆるお金と健康に関わる分野です。GoogleのGeneral GuidelinesにもYMYLに関して明確に記載されています。
ymylとe-a-t
YMYLが重視されるのは、その分野の情報がユーザーの生活に非常に大きな影響を与えるため
Googleが近年行ったコアアップデートでは、いずれもYMYLサイトにおける検索順位の大幅な上下動が見られることから、Googleが非常にYMYL領域におけるE-A-Tを重要視していることが伺えます。
GoogleのGeneral Guidelinesで紹介されている、YMYLに該当するのは以下の種類のページです。
●ショッピングページまたは金融取引ページ
ユーザーが購入、送金、支払いを行えるウェブページ
オンラインの請求書など(オンラインストアやオンラインバンキングページなど)。
●財務情報ページ
投資、税金、退職に関するアドバイスや情報を提供するウェブページ
計画、家の購入、大学の支払い、保険の購入など。
●医療情報ページ
健康、薬物、特定の病気や状態、メンタルヘルス、栄養など関するアドバイスや情報を提供するウェブページ
●法的情報ページ
法律上のアドバイスや離婚、子供などのトピックに関する情報を提供するウェブページ
監護権、遺言の作成、市民になるなど。
●市民に情報を提供するために重要なニュース記事または公開/公式情報ページ
地方/州/国の政府のプロセス、政策、人、および法律に関する情報が含まれます。
●その他
子どもの養子縁組、自動車の安全性に関する情報など、YMYLを検討できるトピックは他にもたくさんあります。
これらのトピックに対しては、特に厳しくページクオリティーを見るとGoogleは述べています。あなたがYMYL関係のWEBサイトを運営しているのであれば、検索順位を上げるにはページクオリティーを上げるのは最優先事項です。
では、どうすればページクオリティは上げられるのでしょうか。鍵を握るのは、E-A-Tです。ここからはE-A-Tを上げるための対策方法を解説していきます。

E-A-Tの対策方法を紹介

ここでは、Googleが公式ブログで紹介した記事を参考に、E-A-Tの対策方法を6つ解説いたします。

オンライン上で良いレビューをもらう

オンラインレビュー
GoogleのGeneral Guidelinesでは、WEBサイトのオンライン上のレビューは、ユーザーが実際に経験したものに基づいており、それゆえに非常に重要とのこと。
実際にGeneral GuidelinesではYelpやBBB(Better Business Bureau)、Amazon、Google Shoppingで評判調査をするようにRater(外部評価者)に指示しています。
General GuidelinesはGoogleのアルゴリズムを反映したものだと言われているため、General Guidelinesにオンラインレビューに関する項目がある以上、良いレビューを集めることが欠かせません。
記事の中では、以下のことは確認するように言っています。

・競合はあなたよりもオンライン上でのレビューが多くないか?もし、多いなら競合のほうが権威性が高く、E-A-Tも優れているかも知れない。
・競合はあなたよりも良いレビューが多くないか?
・レビューは全体的に否定的か?

上記のような状態のサイトは、E-A-Tが低く、あまり望ましくありません。E-A-Tを高めるためには良いレビューが自然と集まるように、ユーザーファーストのサイト運営を行いましょう。

Wikipediaで言及される

Wikipediaでの言及
WikipediaはGeneral Guidelinesで幾度と言及されており、Googleが信頼している参照元であることが伺えます。
ウエブマスターの間ではWikipediaのリンクにはnofollowが入っているため、被リンクとしての効果がないというのが通説。しかし記事によると、リンクジュースは流れなくともそのような権威のある情報元から言及されていることが重要であり、E-A-Tの向上に繋がるとのことです。
自社のWikipediaページがあることが理想的ではありますが、それは非常に難易度が高いため、他トピックのWikipediaページ内で自社のことについて言及するのも効果が高いとしています。
その方法として、自分でWikipediaを編集し、自社のことを言及することを挙げていますが、同時に禁止されているセルフプロモーションだと認識されないようにする難しさもあるとのこと。
セルフプロモーションはWikipediaのルールで禁止されており、実際にこのガイドラインに反したセルフプロモーションを行って批判された出来事もありました。
特に、競合が既にWikipediaページを有している程有名な場合は、SEOで勝つのが非常に難しくなることが予想されます。その際には、セルフプロモーションにならないようにWikipediaでE-A-Tの向上を図ってみてください。

権威性の高いサイトで言及される

権威性の高いサイトとは、みなが信頼を寄せるサイトのこと。有名なサイトや、信頼性の高いニュースサイト、教育機関や政府機関のサイトなどが含まれます。
この権威性の高いサイトというところがポイントです。と言いますのも、Googleは数年前から、どのリンクが自然発生の価値あるリンクか、また自作自演や買われたリンクかを判別できるようになっているため。
つまり、Googleに小手先のごまかしは効かないということです。
確かに、権威性の高いサイトからのリンクは非常に難易度が高いでしょう。しかし、General Guidelinesで紹介されている例からも、そのようなリンクの重要性が伺えるため、E-A-Tを伸ばしたいのなら避けることはできません。
では、どうすれば権威性が高いサイトからリンクをしてもらえるのでしょうか。こちらを参考にしてみてください。

独自の調査を発表する

0次情報は非常に価値が高く、リンクを獲得しやすいです。まだ誰も行ったことがない実験や調査をして、サイト上で発表しましよう。

新しい科学論文を誰にでも分かるように要約すること

科学論文自体の価値は非常に高いが、誰にでも理解できるものではありません。しかし、それをわかりやすく噛み砕いて要約・解説すれば、その情報自体に付加価値がつきます。そして、高付加価値の情報はリンクをもらいやすいのです。

オンライン上で信頼を獲得する

信頼を得る
記事によれば、Googleは2018年8月のコアアップデートから、信頼性に対して非常に重きをおいているとのこと。
その証拠に、2018年8月のコアアップデート前に更新されたGeneral Guidelinesには、”safety(安全性)”という単語が追加されています。信頼性が大切なのは、以下のような傾向があるWEBサイトの検索順位が下落したことからも明白です。

・オンライン上で多くの否定的なコメントを受けている
・返金ができないとユーザーのクレームがある
・科学的な証拠に則っていない、もしくは現在の科学的意見を否定する記事が存在する

このような傾向があるサイトは、Googleが掲げるユーザーファーストの観点からも非常に質が低く、順位が落ちるのは必然、もしくは時間の問題です。
サイト運営のスタンスの話になりますが、自分の短期的な利益ではなく、ユーザーにとって有益かどうかを最優先に考え、サイトを運営しましょう。
長期的には、その方が検索順位が伸び、大きな利益が見込めますよ。

公式サイト上でE-A-Tをアピールする

記事によれば、Googleはサイト外のリンク等でE-A-Tを測りますが、公式サイト内でE-A-Tをアピールすることも一役買うと言います。
みなさんも、そのサイトを運営しているがどんな会社かを調べる際には公式サイトの情報を参考にしますよね。それと同じことです。
つまり、公式サイトにはできるだけ専門性、権威性、信頼性に繋がる情報を載せることが重要だということ。
権威のある賞を取っていたり、自身の専門性の裏付けになる証拠を載せたりすることが必要となります。

まとめ

さて、ここではE-A-Tの対策方法に関して解説してきましたが、いかがでしたか?
Googleはコンテンツの質に対する評価を高めており、それ故E-A-Tの重要性を増すばかりです。
E-A-Tはごまかしが効かないため、一朝一夕で伸びるものではありませんが、地道に取り組んでいくことで、コアアップデートの際に順位が大きく伸びるキッカケとなる可能性があります。
上記で紹介した対策方法を参考にE-A-Tを強化して、Googleからより評価されるサイトづくりを目指しましょう。
それでは最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました!

おすすめの記事