Googleの検索エンジンにおけるSEO対策

日本国内における検索エンジンシェアの76%を誇るGoogle(グーグル)。そのGoogleでSEO対策を行い、対策キーワードの検索結果上位に表示させることは、WEB集客および事業成長の鍵となります。

では、Googleの検索結果で上位表示をするにはどう対策をすべきしょうか?

その答えは、Googleが推奨している正しいやり方でSEO対策を行うこと以外にありません。

しかし、Googleが公式に発表しているSEO対策のガイドライン「検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド」は、初心者にとっては難易度が高く、具体的な対策方法がわかりづらいという意見が多いのが実情。

そこでこの記事では、SEO対策を生業とする当サイト編集部が、「検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド」の内容を、初心者にもわかりやすいようにかみ砕いて解説し、具体的な対策方法についても紹介いたします。

この記事を読めば、GoogleのSEO対策の本質が理解でき、よりレベル高いSEO施策を打てるようになります。早速見ていきましょう!

SEO対策は、検索エンジンの仕組みの理解が重要

SEO対策のためにGoogleのアルゴリズムを理解する

GoogleのSEO対策をマスターする前に、まずは検索エンジンがどのような仕組みでユーザーの検索結果画面にコンテンツを表示しているのか、その仕組みを理解することが重要です。

検索エンジンの仕組みは次の3つに分解できます。

1 クローリング
(Crawling)
クローラーと呼ばれるロボットが、webサイトを巡回し、ページ情報を読み取る
2 レンダリング&
インデキシング
(Rendering&Indexing)
ユーザーにどのように見えるか確認してから、検索エンジンのデータベースに登録(インデックス)する
3 ランキング&サービング(Ranking & Serving) Googleのアルゴリズムに基づくページ評価を行い、検索結果として提供する

 
この検索エンジンの仕組みを知ると、GoogleのSEO対策における大前提は、クローラーが巡回できることだとわかります。

つまり、ユーザーにとって利便性の高いサイトである前に、ロボットに読み取りやすい記事やサイト構造であることが重要なのです。

また、Googleのクローラーが巡回できたとしても、インデックスされなければランキングに表示されることもありません。

この検索エンジンの仕組みを理解しないままSEO対策のやり方だけ学んでしまうと、知らず知らずのうちに評価されない記事を作ってしまったり、Googleからペナルティを受けて順位を下げられてしまう可能性もあるのです。

この大前提を知っておけば、そんなリスクも避けられますし、これから紹介するGoogleのガイドラインの内容が格段に理解しやすくなりますよ。

ここまで理解できたら本題です。Googleのガイドラインに沿って、本当に効果のあるSEO対策の方法を見ていきましょう。

Google(グーグル)公式のSEOガイドライン10項目

ここから紹介するガイドラインは、Googleが公式に発表している『検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド』と呼ばれるもの。

このガイドラインに沿ったSEO対策を行うことで、検索順位を大きく改善できる可能性があるとGoogleは明文化しています。

Googleが発表しているSEOガイドラインの10項目は以下の通りです。
 

  • Google がコンテンツを見つけられるようにする
  • クロール対象外のページを Google に指示する
  • Google(とユーザー)がコンテンツを理解できるようにする
  • Google 検索結果での表示を管理する
  • サイトの階層を整理する
  • コンテンツを最適化する
  • 画像を最適化する
  • サイトをモバイル フレンドリーにする
  • ウェブサイトを宣伝する
  • 検索のパフォーマンスとユーザーの行動を分析する

では、この10項目を満たすSEO対策とは、具体的にどんなものなのでしょうか。

ここから、WEBサイト運営を事業として行う私たちが、ガイドラインでも特に重要なポイントを具体的な実践例と合わせて解説していきます。

Googleがコンテンツを見つけられるようにする

Google がコンテンツを見つけられるようにする

Googleがガイドラインの1つ目に挙げているのは、「Googleがコンテンツを見つけられるようにする」ということです。

Googleは対策として、"サイトマップを送信すること"が最適としています。

サイトマップとは

サイトマップとは、Webサイト上のページを一覧にしたもので、以下の2種類があります。

  1. XMLサイトマップ:検索エンジン向けのサイトマップ。サイト内のコンテンツを認識させる役割。
  2. HTML サイトマップ:ユーザー向けのサイトマップ。コンテンツの一覧があることで利便性を向上させる役割。

大抵の場合、サイトの下部に「サイトマップへのリンクが貼られているので、目にしたことがある方もいるかもしれません。

Googleは、WEBサイトが以下に当てはまる場合、特にサイトマップが必要だとしています。

サイトのサイズが大きい場合

サイトのサイズが大きい場合、新しく作成したページや更新したばかりのページが、クロール(Googleのロボットが回遊すること)されない可能性があるためです。

サイト内で、内部リンクがされていないページが多い

リンクされていない、自然なリンクが無いページが多い場合は、クローラーから漏れる可能性があります。

そのため、サイトマップを作成し、Googleに認識させることで抜け漏れを防がなくてはなりません。

サイトマップの作成方法

サイトマップはクローラー用(XMLサイトマップ)とユーザー用(HTMLサイトマップ)の2種類があるとお伝えをしました。

「ちょっと難しそう...」と思う方もいるかもしれませんが、WordPressのプラグインを使えば簡単に作成できます。

プラグインは、「PS Auto Sitemap」「Google XML Sitemaps」などがおすすめです。

もしwordpressを利用していない場合は少々手間はかかりますが以下の手順で作成します。

  • 全ページを書きだしてカテゴリ分けする
  • 階層状にページを振り分ける
  • noindexされているページがないか、URLは正しいかを必ずチェックする

  • サイトマップのファイルを作成する
    「サイトマップ 自動作成ツール」などで検索してでてくるツールを活用するのがおすすめ

検索順位を上げるためには、まずはクローラーが巡回しインデックスされることが第一ステップ。そのために、必ずサイトマップを作成しましょう。

クロール対象外のページをGoogleに指示する

robots.txtでコンテンツへのアクセスを制限
先ほどは、GoogleにページをインデックスしてもらうことがSEO対策の基本だと述べましたが、クローラーのアクセスを制限する必要がある時もあります。

その際はrobots.txt(ロボットテキスト)でアクセス制限対策をとりましょう。robots.txtはクローラーからのアクセスを制限するテキストファイル。

アクセスを許可しないページを決めることで、重要なページにクローラーの訪問数を増やし、上位表示を実現するSEOの施策です。

制限する必要がある場合とは
クローラーが訪問できるページの数は限られています。そのため、限りあるGoogleクローラーのリソースを重要な箇所に配分するために、訪問しないページを決める必要があるのです。

Googleとユーザーがコンテンツを理解できるようにする

Googleとユーザーがコンテンツを理解できるようにする

Googleにコンテンツを正確に理解してもらうことは、検索エンジンの仕組みにもあったように非常に重要。そのため、GooglebotにはJavaScript ファイル、CSS ファイル、画像ファイルへのアクセスを許可しましょう。

その上で、次の4つを行う必要があります。

  • ユニーク(固有)なタイトルをつける
  • メタディスクリプションを設定する
  • 見出しタグ(特にh2)を設定する
  • 構造化データでマークアップする

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ユニーク(固有)なタイトルをつける

タイトルはWEBページでもっとも重要な要素の1つです。タイトルはユーザーの興味を引き、かつページの内容が端的に伝わるものにしましょう。

良い例:「GoogleのSEOで大切なことは、Googleが教えてくれた【2020年最新版】」
悪い例:「無題」、「新しいページ 1」のようなデフォルト設定や「Google、SEO、タイトル、クローラー」のような不自然なキーワードの羅列

また、タイトルは対策キーワードを入れるようにし、文字数は30字前後で設定しましょう。SEO効果の高いタイトルの付け方については以下の記事も参考にしてください。

メタディスクリプションを設定する

メタディスクリプションは昔のように、書いてあるだけでSEO効果を発揮するものではありませんが、検索結果に表示されますし、タイトル同様にクリック率を左右するためにとても重要です。

ページの内容を端的に伝えるような、ユーザーにとってわかりやすいものを設定しましょう。

また、メタディスクリプションに関してもこちらの記事でまとめておりますので、ご参考にしていただければと思います。

見出しタグ(特にh2)を設定する

見出しタグ(hタグ)は、本でいうところの目次や第○章にあたります。

情報を内容ごとに区切ることで、ユーザーにもGoogleにもわかりやすいページ構成にすることができ、SEO効果が高まるため、適切なカタチで設定しましょう。

構造化データでマークアップする

構造化データとは、HTMLの情報が何を意味するのか、Googleのクローラーが理解できるようにタグ付けしたものです。

Googleクローラーの技術が発達してきたとはいえ、まだまだ人間の認知能力とは差があります。人間であれば、表示される情報を見れば、それが人の名前なのか、会社の電話番号なのか理解できますが、クローラーはそうはいきません。

そのため、構造化データでマークアップすることで、Googleの検索エンジンにも言葉の意味が伝わり、その結果、Googleがコンテンツ内容をより把握しやすくなるのです。

また、構造化データを用いることで、Googleの検索結果ページにリッチスニペットが表示されます。リッチスニペットとは、検索結果に現れるタイトルとメタディスクリプション以外の情報のこと。画像や、5つ星での評価などがリッチスニペットに当たります。

リッチスニペットが表示されることで、よりユーザーの目を惹きやすくなり、クリック率が上がるなどのSEO効果が期待できます。

SEO対策の最重要ポイント:コンテンツを最適化する

SEO対策の最重要ポイントはコンテンツの最適化

質の高いコンテンツを提供することは、Googleが何よりも評価することであり、検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド上でもそれは明記されています。

人を引きつける有益なコンテンツを作成すれば、このガイドで取り上げている他のどの要因よりもウェブサイトに影響を与える可能性があります。

そしてGoogleは、高品質のコンテンツには、時間、労力、専門知識、才能 / スキルのどれか1つが十分にあることが必要ともしています。では、SEO対策で効果のある高品質コンテンツは具体的にどのようにしたら作れるのでしょうか。

ユーザーが求めていることを提供する

SEO対策における高品質コンテンツとは、何よりもまず、ユーザーが求めているコンテンツである必要があります。そして、ユーザーが求めているコンテンツを作る方法は2つしかありません。

それは、検索キーワードから、ユーザー像とユーザーのニーズを導き出すことです。

ユーザー像:ペルソナを作る

ユーザー像とは、あるキーワードで検索したユーザーがどのような人なのかということ。マーケティング業界ではペルソナとも言います。

例えば、『SEO 対策』と一般的なキーワードで調べているユーザーは、SEO対策においては初心者で、基本的なことから知りたいと考えている方が多いでしょう。

一方で、『メタキーワード SEO効果』といったキーワードで検索するユーザーは、SEO対策においてメタキーワードが関連してることを知っているので、ある程度SEOに詳しいユーザーだと考えることができます。

つまり、検索語句が『SEO 対策』の場合は初心者向けにわかりやすく簡単な内容に、検索語句が『メタキーワード SEO効果』の場合は、より専門的な内容であることが好まれると考えられます。

このようにユーザーがどのような属性を持っているか、キーワードごとにペルソナを定義しておきましょう。属性によって、提供するコンテンツが変わってきます。

ニーズからコンテンツを設計する

ペルソナが設定できたら、検索キーワードからユーザーのニーズを考え、コンテンツを設計しましょう。

例えば、検索キーワードが『SEO 対策』の場合、ユーザーは以下のことが知りたがっていることがわかります。

  • SEO対策の言葉の定義
  • 具体的なSEO対策方法
  • SEO対策を外注する際の費用

以上のようにニーズを洗い出し、ペルソナに合わせて、コンテンツを作成していくのです。

また、『メタキーワード SEO効果』の場合は、以下のユーザーニーズが考えられます。

  • メタキーワードはSEO効果があるのかどうか
  • SEO効果のあるメタキーワードの設定方法
  • その他にも重要なSEOタグはあるのか

繰り返しになりますが、ある程度SEO対策について知識のあるユーザーに向けて、上記の内容を基に、コンテンツを制作していきます。

E-A-Tが充実しているコンテンツにする

E-A-Tとは、専門性、権威性、信頼性を表すGoogleの造語です。コンテンツの品質を上げるためには欠かせない重要な概念なので、必ずチェックしましょう。

信頼性を確立する

ユーザーにとって信頼できるサイトであると感じてもらうことは非常に重要です。具体的には、下記の情報は絶対に必要だと、Googleは述べています。

サイトの運営者、コンテンツの提供者、サイトの目的を明確に示してください。

また、安全なサイトであると証明するには、安全な通信であることも求められます。SSL化されていることは必須なので、必ず設定しましょう。詳しくはこちらの記事をご参照いただければと思います。

専門性・権威性を明確に

コンテンツの品質はその内容の専門性、深さが大きく関わります。そのため、その道のプロが書く、もしくはプロに編集してもらうことが求められます。

サイト内のコンテンツは、そのトピックの専門家が作成または編集するようにしましょう。

特に、医療系や金融系のYMYL領域はユーザーの人生に大きな影響を与えかねないため、専門性・権威性を欠く記事はアップデートの度に大きく順位を落とす傾向があります。

YMYL領域のサイトを運営する場合は、必ず専門家による監修を受けるようにしましょう。

適切な量のコンテンツ

「文字数は何文字が適切なのか?」

これは、WEBサイトを運営する方なら皆が思う疑問ではないでしょうか。文字数と検索順位の間には正の相関関係があるとも言われていますが、実際のところどうなのでしょうか。

Google公式の立場としては、以下のように述べています。

コンテンツは事実として正確で、記述が明確で、内容が包括的であることを要します。したがって、たとえばページでレシピを紹介する場合は、食材のリストや料理の基本的な説明だけでなく、手順がよくわかる詳細な料理方法を説明します。

つまり、ユーザーの質問に答えるだけではなく、ユーザーが潜在的に知りたいと思っている情報も提供することが望ましいということです。

具体的に何文字がいいといった指標はありませんが、包括的で網羅性の高いコンテンツを作ることが重要だと言えるでしょう。

無駄な広告を避ける

過剰な広告は、ユーザーの利便性を低下させます。ユーザーをコンバージョンさせたいからと、関係性の低い広告を配置することは避けましょう。

テキストリンクの工夫をする

ページ間でリンクを張る場合、そのアンカーテキストにも工夫をしましょう。アンカーテキストは、ユーザーにリンク先のページ内容を伝える重要な役割を果たします。

仮に内容とずれたテキストリンクを貼った場合、ユーザーは離脱し、Googleからは「利便性が悪いコンテンツ」と評価されてしまいます。

画像を最適化する

ユーザーの利便性を考慮した画像を作成することもSEO対策においては重要な指標です。

画像を最適化することで、検索結果に画像表示される可能性が上がったり、画像をリンクとして利用する場合にGoogleがリンク先の内容を読み取りやすいなどもメリットがあります。

SEO効果を高めるためには、以下の点を考慮しましょう。

ユーザーの利便性を考えた画像を設定

画像は、ユーザーが記事内容をより理解しやすいように利用します。テキストとの関連性を考慮して設定しましょう。

画像のファイル名とaltタグを適切に設定

クローラーに正しく読みとってもらうため、ファイル名やaltタグの設定も行いましょう。

ファイル名

画像内容を表わす簡潔なファイル名を設定します。英数字、-(ハイフン)、_(アンダーバー)などを用いて設定しましょう。

(例)
×:juifsndoiyrss.jpg
○:a-cup-of-coffee.jpg

altタグ設定

クローラーが画像内容を読み取りやすいように、altタグを設定します。SEOキーワードを詰め込む、全く関係のないキーワードを入れることは、SEO評価を損ねるので避けましょう。

Googleは2020年現在、画像の内容を人間ほど理解することができません。そのため、画像内容を適切に設定し、グーグルのクローラーが巡回しやすくなる工夫を行いましょう。

サイトをモバイル フレンドリーにする

モバイルでの検索数がPCやタブレットを超えたのが2015年頃。その3年後の2018年3月27日より、Googleはモバイルファーストインデックス(MFI)を導入しています。

MFIとは、簡単に言えばサイトの評価基準をモバイルページに合わせること。従来、PCのページが基準となっていたこともあり、MFIへの移行は業界に衝撃をもたらしました。

MFIの導入により、コスト削減のために重要なページのみモバイルに対応させるなどの施策が無効化となり、業界はSEO効果を高めるためにもモバイルへの対応を迫られています。

MFIに対応するにあたって、考慮すべきポイントは2つ。それは、デザインとページスピードです。順に見ていきましょう

デザイン

モバイルファーストインデックスに沿ったデザイン

Googleは、公式にレスポンシブデザインの使用を推奨しています。ただ、これはレスポンシブでなければペナルティを与えるといったものではなく、あくまで利便性のためです。

同一のURLやHTMLファイルが多い場合は、レスポンシブデザインの方が効率の良い運用がしやすいのではないでしょうか。

ページスピード

当初は、表示速度(ページスピード)をランキングファクターにしないと発表していたGoogleでしたが、米サンノゼで先週開催された SMX West 2017にて、その発表を撤回し、表示速度を評価すると宣言しました。

ページスピードは、UX(ユーザーの利用体験)に関わる重要な要素です。Googleの発表によると、表示速度が1秒から3秒に落ちると、直帰率は32%上昇、1秒から7秒に落ちると、直帰率は113%上昇するといいます。

サイトのページスピードを向上させるには、以下の3つの対策が有効です。

画像の最適化

画像の使用枚数を減らす、または画像を圧縮して軽量化する

CSS/JavaScriptを最適化

CSS/JavaScriptのファイルを圧縮する、または余計なCSS/JavaScriptの読み込みを減らす

ページのAMP化(Accelerated Mobile Pages)

AMP対応のページは、GoogleやTwitterにキャッシュとして保存されるため、通常の3~4倍の速度で表示され、ページスピードの大幅な改善が見込めます。

ただ、実装するには特殊なHTMLコードが必要です。

そして、実際にページがどれほどのスピードなのか、速いか遅いかを図るには、Googleが提供しているPage Speed Insightsを利用すると良いでしょう。

ページスピードを診断しスコアリングをしてくれるだけではなく、改善案を提案してくれます。提案された施策を行うことでSEO対策につながるでしょう。

さらに詳しくGoogleの検索エンジンにおけるSEO対策について知りたい方は下記をご覧ください。

検索のパフォーマンスとユーザーの行動を分析する

検索のパフォーマンスとユーザーの行動を分析する

これまでに挙げてきたようなCTRや滞在時間などを改善して、SEO効果を高めるには分析調査が欠かせません。そして、分析するためにはツールが必要になります。

WebサイトのSEO分析ツールとして広く使われているのは、GoogleアナリティクスとSearch Console。どちらもGoogleが無料で提供をしているSEO対策には欠かせない分析ツールです。無料のツールでありながら非常に高い分析精度を誇ります。

この2つを組み合わせて使うことによって、ユーザーのサイト内での行動を可視化したり、検索におけるパフォーマンスを測定するなど、サイト改善に重要なデータ取得が可能です。

ただし、Webサイトの改善において重要なのは、そのデータをどう使うかということです。

その点でいうと、GoogleアナリティクスとSearch Consoleは、データをどう活用すればいいかを教えてくれないため、「SEO対策初心者には使いづらい」という声もあります。

そのため、初心者の方は他のSEO分析ツールを併用するのがおすすめです。おすすめのSEO分析ツールについては、以下の記事で紹介しているので、合わせてご覧ください。

まとめ:グーグルのSEO対策の本質とは

GoogleのSEO対策について、最新のガイドラインに沿って解説してきました。GoogleのSEO対策は、Googleの理念に基づいて行うべきで、具体的にはGoogleが出しているガイドラインに沿って行うのがもっとも効果を発揮します。

そのため、SEO対策の方法に迷ったときは、Googleのガイドラインを見直して、SEO対策を行っていくことをおすすめいたします。

また、SEO対策をこれから始める、という方は、SEOコンサルの活用もおすすめです。

「オウンドメディアを始めたけど、SEO対策のノウハウがなくて進め方がわからない」
「これからオウンドメディアを始めるから、事前にSEO対策の知識が欲しい」

このように考えている方は、ぜひ以下の記事も合わせてご覧ください。