リライトツールを利用して記事を作成している様子

この記事では、SEO対策で上位を目指すあなたに、おすすめのリライトツールを紹介しています。

SEO対策で順位を上げるには、リライトが必須。ただし、他の記事の文章を変換するだけのコピー記事は、2020年のSEO対策においては危険です。

なぜならGoogleの自然言語処理能力は格段に精度を上げており、文脈も理解できるまでに精度が高くなっているから。

ペナルティを受けるリスクもありますし、そもそもモラルに反するやり方なのでおすすめはできません。

では、SEOで評価されるリライトを効率よく行うにはどうすればいいのでしょうか。

この記事では、SEO対策の本質をとらえたリライト方法と、おすすめのリライトツールを紹介します。

「リライトツールを導入して記事の生産性を上げたい」
「SEO対策で上位表示を狙いたい」
「ライターにリライトを外注する際に、記事の品質を評価できるリライトツールを探している」

そんな方はぜひこの記事で紹介しているリライトツールをご活用ください。

文章を変換するだけの
リライトツールを
使ってはいけない理由

利用注意
"リライトツール"と検索して上位表示されているツールは、ほとんどが文章を変換するだけのリライトツールです。

具体的には、文章をテキストで入力するとその類語を使った文章に変換されます。

実際にそのリライトツールを使って変換した文章は以下です。無料で公開されているフリーソフトを利用しています。

変換前:SEO対策で上位表示をするためにはリライトが必須です。この記事では、おすすめのリライト方法とリライトツールを紹介しています。
変換後:SEO対策で上位表示をするためにはリライトが不可欠です。このテキストでは、推奨のリライト手段と補正ツールを解説しています。

リライトツールを利用すると、上記のような文章に変換されます。これらのリライトツールは一見、大量に記事を作成するには便利と思うかもしれません。

しかし、SEO対策において以下のリスクがあることを忘れてはいけません。

Googleからペナルティを受ける
可能性がある

Googleの自然言語処理能力は著しく向上しており、その文脈も理解できるようになっています。

他サイトの文章を変換するだけのリライトツールで作成した記事は、コピー記事とみなされてペナルティを受ける可能性があります。

また、ペナルティを受けたという事実は、サイトのドメインに一生残り続け、他の記事にも悪影響を及ぼすことがあるのです。

著作権の侵害で訴えられる
可能性がある

「アフィリエイトやブログで早く稼ぎたい」という気持ちから、文章を変換するだけのリライトツールを使ってしまう人もいます。

しかし、コピーした記事であることがわかれば、最悪の場合訴えられる可能性もあります。

仮にこの方法でリライトを行って順位が一時的に上がったとしても、先のことはわかりません。

なぜなら、Googleのアルゴリズムは日々アップデートをし続けているから。

今後のアップデートで順位が一気に下落してしまったとならないように、充分に注意しましょう。

Googleは多様性のある
検索結果を目指している

数年前までは、同じようなタイトルや内容の記事が並んでいる検索結果画面でした。なので、文章を変換するだのリライトツールも比較的有効な手段と考えられていました。

しかし、2020年現在のGoogleのアルゴリズムは、同じ検索キーワードでも、そのニーズは多種多様であることを理解しており、多様性のある検索結果を目指しています。

そのため、文章を変換しただけの同じような内容の記事は、評価されにくくなっているのです。

文書を書き換える
リライトツール例

以下のような文章を書き替える無料のリライトツールやフリーソフトは、文章の表現方法を学ぶには便利なツールです。

しかし、そのままコピーして記事に応用した場合、コピーコンテンツと判断される可能性がゼロではありません。

アフィリエイトサイトやブログ記事に利用する際は、そのままコピーして利用するのではなく、あくまで参考程度に利用するのがいいでしょう。

  • 人工知能搭載の「舞風」
  • 文章の変換、文章の加筆が自動でできるフリーリライトソフト

  • 自動リライトTools
  • 文章の変換、文章の加筆が自動でできる有料のリライトソフト 

SEO対策で効果のでるリライトとは

では、SEO対策で評価されるリライトとは、どんなものなのでしょうか。

本来のリライトの意味

SEO対策におけるリライトとは、ユーザーの検索意図に沿って記事を加筆修正することをいいます。

Googleが上位表示するのは、ユーザーにとって利便性が高く、オリジナル性のある記事です。

評価されるためには、具体的に以下の点に留意してリライトを行います。

それを手助けするツールとしてリライトツールを活用しましょう。

SEO対策で効果的なリライト方法

リライト時の分析画面

ユーザーの検索意図を理解する

狙っているキーワードで上位に来ているサイトの記事を見て、ユーザーの検索意図を理解しましょう。それに対し不足している情報があればリライト時に加筆をします。

わかりやすい文章にする

SEOで評価されるには、ユーザーにとっての利便性が最重要です。読みにくい文章ではユーザーは記事を読み進めてくれません。

文章のねじれがないか、長すぎる文章になってないか等を意識してリライトをしましょう。

適切にキーワードを使えているか

ユーザーの検索意図を捉えられているかを判断する基準にキーワードの使用比率があります。狙っているキーワードや関連度の高いキーワードを使って記事をリライトしましょう。

ただし、入れすぎは注意。全体の3割くらいにしましょう。

オリジナリティのある記事を作成する

Googleは、検索結果に多様性を持たせます。似たような内容の記事が上位表示されている場合、なかなかSEO効果は得られません。

そのため、他サイトの内容をコピーすることは避けましょう。

競合サイトの記事に負けないこと

SEOの順位は、相対比較で決まります。上位に来ている記事と自分の記事を比較して、不足している情報はないか、わかりづらい記事構成になっていないか等を確認しましょう。

競合サイトをよく知ることが、勝てるサイトづくりの第一歩です。

スマホからの利便性も考慮する

スマホから見た時の記事の読みやすさも検索順位に影響します。

リライト時にはスマホ専用の改行を入れる、デザインをレシポンシブルにするなどの工夫も行いましょう。

SEOで効果的なリライト方法について詳しく知りたい方は以下の記事もご覧ください。
SEOで効果的なリライト方法の詳細を見る

 
以上がSEO対策で評価されやすいリライト方法です。とはいえ、これを自分一人の力で行うにはかなりの手間を要します。

「文章が正しいか自信がない」「キーワードの使用比率はどう調べればいいの?」といった不安をお持ちの方もいますよね。

安心してください。このようなリライトを効率よく進めるために、SEO対策に特化したリライトツールがあるんです。

次項目では、年間100以上のSEO記事を作成している筆者がリライトに必要だと感じた機能や、数あるリライトツールの中でも本当におすすめできるリライトツールを紹介します。

SEO対策で本当に使える
リライトツール

seoでリライトする方法

リライトツールと言っても、様々なツールがあり、またその機能もわかりづらいので比較が難しいですよね。

ここからはリライトツールにあると便利な機能と、本当におすすめのリライトツールを紹介します。

リライト時にあると便利な機能

機能 機能詳細 重要度
記事の
スコアリング
機能
自社サイトや競合サイトの記事のSEO効果を定量的に判断できる。記事の品質評価に重宝する。 ★★★★★
順位変動
チェック
機能
キーワードごとに順位変動をチェックできる。順位が下がってるか上がってきているのかでリライト方針が変わるので、変動を見れるツールがおすすめ ★★★★★
関連
キーワードの
自動取得
対策キーワードと関連するキーワードを自動で抽出してくれる機能。リライト時にどんな情報が不足しているのか判断するのに役立つ。 ★★★★★
キーワード
マップ
関連キーワードの一覧だけだと、どの組み合わせでキーワードを使うべきか迷うときがある。マップ上でキーワードの関連性が可視化できると便利。 ★★★★☆
キーワード
使用比率
使うべきキーワードが使えているか、キーワードを使い過ぎていないかチェックできる。競合サイトで上位表示されている記事のキーワード比率もチェックでき、リライトの方針を決定するのに役立つ。 ★★★★★
文章の
校正機能
文章が正しいかどうか、誤字脱字がないかチェックできる。ライターの育成にも使える。 ★★★★☆
コピー率
チェック機能
コピー記事ではないかをチェックする。ライターに外注する際など、品質の担保に役立つ。 ★★★★★
ヒート
マップ
ツール
ユーザーにどこまで読まれているかが可視化できるツール。離脱率をチェックして、リライトすべき記事なのか、どこをリライトすべきなのかを判断できる。 ★★★★☆

以上が年間100以上のSEO記事を作成している筆者が、実際にリライト時に活用している機能です。リライトツールを選ぶ際には、以上の機能が備わってるツールがおすすめです。

では、以上の機能を備えた、本当におすすめのリライトツールとは何か、見ていきましょう。

おすすめNo.1!
EmmaTools™ for Writing

記事
スコアリング
順位変動
チェック
関連
キーワードの取得
キーワード
マップ
キーワード
使用比率
文章校正
機能
コピー率 ヒート
マップ
ツール

 

筆者が最もおすすめなリライトツールは、EmmaTools™ for Writingです。SEO記事のライティングに特化して開発されたツールなのですが、リライト時にはかなり重宝します。

リライトツールの編集画面

リライトする画面のサイドに関連キーワードの一覧ががでてきて、どのキーワードを使えばいいのかを参照しながら記事をリライトできます。UIも比較的シンプルなので、操作に迷うこともありません。

また、記事のスコアリングや文章の校正チェックがリアルタイムでできるので、効率よく高品質な記事を作成できます。

有料のリライトツールですが、それだけ効果を実感できるツールです。現在無料トライアルを実施していますので、興味のある方は以下のページから詳細をご確認ください。

 

ミエルカ

記事
スコアリング
順位変動
チェック
関連
キーワードの取得
キーワード
マップ
-
キーワード
使用比率
文章校正
機能
コピー率 ヒート
マップ
ツール
-

 

次におすすめのリライトツールは、ミエルカです。ミエルカはオウンドメディアのSEO効果を最大化するために開発されたツール。

そのため、記事のスコアリング機能や文章の校正機能はないものの、リライトに必要な基本機能は備わっています。

ただし、記事単体での改善点がわかりづらいので、初心者の方には難易度は少々高いかもしれません。こちらもEmmaToolsと同様、有料のツールです。

無料のリライトツール

無料のリライトツールでは、残念ながらここまでで紹介したような精度の高いリライトツールは見つかりませんでした。ただし、各機能だけを備えた無料のツールがありましたので、紹介します。

まとめ

この記事では、SEO対策に使えるリライトツールを紹介しました。

リライトツールには文章を変換するだけのツールもありますが、コピー記事とみなされる可能性があり、SEO対策においてはおすすめできません。

アフィリエイトサイトやブログ、オウンドメディアでしっかりと成果を出し続けたいという方は、正規の方法でリライトを行いましょう。

また、繰り返しになりますが、リライトツールで最もおすすめなのはEmmaTools™ for Writingです。

現在無料トライアルを実施中ですので、ぜひこの機会にご検討ください。