SEO対策における被リンク(バックリンク)の重要性

被リンクは初期のGoogleが導入していたランキングファクター(検索順位の決定要因)の中で最重要とされていたほど、SEO対策において切っても切り離せない存在です。

現在も被リンクはGoogleのページ評価の要因となっていますが、以前と同じほどSEO効果があるかどうかは専門家でも意見が分かれるところなので、どのような被リンク対策をするかは非常に重要となっています。

そこで当ページでは、以下のポイントから「被リンクのSEO効果」について徹底的に解説していきます。

  • 被リンクは本当にSEO効果があるのか
  • SEOで順位をあげるための被リンク対策
  • 被リンクの調べ方
  • 被リンクを増やす方法や注意点

加えて、アメリカを始めとする海外のマーケティングカンファレンスで最新情報を取り入れてSEO対策を行う当社が、2021年現在において最も有効だと言われている被リンクの対策方法も併せてご紹介!

被リンクを正しく理解して効果的なSEO対策をしていきましょう!

このページで解説する内容を動画でチェック!

SEOにおける被リンク(バックリンク)とは?

SEOにおける被リンクとは?

そもそもリンク(ハイパーリンク)とは、ページとページをつなげる導線のことを指し、リンクをクリックすることでリンク先のページURLに遷移(移動)することができます。

このリンクは大きく分けると「被リンク」と「発リンク」の2種類に分類が可能。

この2つのリンクを簡単に説明しましょう。わかりやすく今ご覧になっている「このページ」を起点として考えていきます。

被リンク 他のページから「このページ」に向けて張られたリンク
発リンク 「このページ」から他のページに向けて飛ばしたリンク

被リンクは別のところから自分のところに向かってくるリンク、発リンクは自分のところから別のところに向かっていくリンクです。

そして、これらのリンクにはさらに「内部」と「外部」の2パターンがそれぞれ存在します。

ちなみに、外部リンクと内部リンクは以下のようなリンクです。

外部リンクと内部リンクの違い
  • 外部リンク:外部サイトと自サイトを結びつけるリンク
  • 内部リンク:1つのサイト内を結びつけるリンク

この外部・内部リンクと被・発リンクを組み合わせると以下の4パターンに分けられます。

被リンク
内部被リンク 自分のサイト内の他のページから「このページ」に向けて張ったリンク
外部被リンク 他のサイトのページから「このページ」に向けて張られたリンク
発リンク
内部発リンク 「このページ」から自分のサイト内の他のページに向けて飛ばしたリンク
外部発リンク 「このページ」から他のサイトのページに向けて飛ばしたリンク

このように、単に被リンクといっても内部被リンクと外部被リンクの2つが考えられるわけですが、SEO対策における被リンクとは一般的に「外部被リンク」のことを指します。

そのため、このページでは「被リンク=外部被リンク」として解説していきます。

なぜ被リンクがSEO対策において重要とされるのか

SEO対策では被リンクが重要

SEOにおいては被リンクが大きな役割を果たします。というのも、初期のGoogleのランキングファクターでは、『被リンクがある=評価が高いページ』というロジックから、被リンクの多いページが検索結果の上位に来るようになっていたからです。

現在は、被リンクは以前ほどの効力を持ちませんが、依然として重要な要素の1つとされています。稀に、「被リンクはもう効果がない」と言う人やWEBページもありますが、正確ではありません。

実際に、Googleは「Google が掲げる 10 の事実」の中で被リンクはSEOの評価項目であると認めています。

4. ウェブ上の民主主義は機能する。
Google 検索が機能するのは、どのサイトのコンテンツが重要かを判断するうえで、膨大なユーザーがウェブサイトに張ったリンクを基準としているからです。Google では、200
以上の要素と、PageRank™ アルゴリズムをはじめとするさまざまな技術を使用して、各ウェブページの重要性を評価しています。PageRank のアルゴリズムでは、ページ間のリンクを「投票」と解釈し、どのサイトが他のページから最高の情報源として投票されているかを分析します。この手法なら、新しいサイトが増えるたびに情報源と投票数が増えるため、ウェブが拡大するにつれて効果も高まります。
引用元:https://www.google.com/intl/ja/about/philosophy.html

また、アメリカの著名なSEO会社であるBacklinkoが100万ものWEBページを調査した結果、下記のように被リンクと検索結果順位には、強力な正の相関関係が見て取れたと言います。

被リンクと検索結果順位の関係引用元:https://backlinko.com/search-engine-ranking

こうして見ると、被リンクの“数”が重要だと感じてしまいますが、どんなサイトからのリンクでもとにかく被リンクの数を増やせばSEO効果が出るというわけではありません

SEOの効果を高めるには「良質な被リンク」を集めることが重要だと言われています。

SEOで効果を発揮する「良質な被リンク」とは?

SEOで効果を発揮する「良質な被リンク」とは?

「良質な」という言葉から想像できるように、被リンクは質の違いによって大きく2つの種類にわけることができます。

  • SEO効果を高める質の高い被リンク
  • SEO効果を下げる質の低い被リンク

まずはSEO効果を発揮する質の高い良質な被リンクからみていきましょう。

質の高い良質な被リンク(SEO効果を高める)

質の高い良質な被リンクとは、Googleからの評価を高め検索順位の向上が見込めるSEO効果を高める被リンクのことです。

基本的には、ユーザーが“このコンテンツは有益だ”と判断して無償で自発的に設置した被リンク(ナチュラルリンク)のみが該当します。

中でも良質な被リンクだとされているのは、主に次の3種類です。

良質な被リンクの種類
  • 権威性のあるサイトからの被リンク
  • 実績のあるサイトからの被リンク
  • 自サイトと関連性の強いサイトからの被リンク

権威性のあるサイトからの被リンク

大学や公共機関などの権威性の高い企業・団体からの被リンクが該当します。上記3つの中でも、希少性が高い被リンクとなります。

実績のあるサイトからの被リンク

サイトの運営歴が長い場合や、多くのユーザーが利用するサイトからの被リンクが該当します。ただ、多くのユーザーが利用するとはいえSNSなどからのリンクは直接的なSEO効果は期待できません。

自サイトと関連性の強いサイトからの被リンク

自サイトと関連性の強いサイトからの被リンクは、自サイトの発信テーマと同じか、近いテーマで運営されているサイトが該当します。

例えば、ファッションが主なテーマであるサイトを運営しているのであれば、同じファッション関連がテーマのサイトからの被リンクは効果があります。

 
各サイトが実際にどれほど被リンクの効果をもつのかを知りたい場合は、Ahrefs(エイチレフス)というツールを使ってみましょう。Ahrefsでは、ページのサイトURL(ドメイン)を入力するだけで各サイトが持つ力(ドメインパワー)がDR(Domain Rating、ドメインレイティング)という独自の基準によって数値化されていますので、参考になります。

基本的には、できるだけ関連性が高く、ドメインパワーが高いサイトからの被リンクほどSEO効果が高いとされています。

質の低い被リンク(SEOに悪影響)

逆に、質の低い被リンクとは、SEO効果だけを狙って設置された不自然なリンクや自作自演で設置したリンク、公序良俗に反したサイトから張られた被リンク(スパムリンク)などのことです。

また中には、競合サイトの評価を落とすために悪意をもってリンクが張られるという悪質なものもあります。

こうした質の低い被リンクが増えると自サイトも質が悪いサイトだと判断されてしまいます。せっかく被リンクを張っても評価を下げてしまっては逆効果です。

普段から自サイトにどのようなサイトからリンクが張られているのかを確認しておくことが重要です。

気づかないうちに質の低い被リンクが増えてSEOに悪影響がでてしまわないように、定期的に被リンクチェックをするようにしましょう。

自サイトに張られている被リンクの調べ方

自サイトに張られている被リンクを調べる方法

自サイトにどのようなサイトから被リンクが張られているのかは、「Ahrefs」「Google Search Console(グーグルサーチコンソール)」といったツールを使って調べることができます。

Ahrefsを使って調べる

先ほどもご紹介したAhrefsは、ページURLを入力するだけで自サイトだけでなく競合サイトも調査できる、SEO対策をする上で必須のツールです。

有料ですが、競合サイトの被リンクチェックもできるメリットがあります。Ahrefsでの被リンクの調べ方は以下の通り。

Ahrefsでの被リンクの調べ方
  1. Ahrefsにログインして調査したいドメインまたはURLを入力する
  2. 画面左のサイドバーにある[被リンクのプロフィール]から被リンクデータを確認する

新しく獲得した被リンクや逆に失った被リンクまでチェックすることができるので、被リンク対策をするならぜひ使いこなしておきたいところです。

Ahrefsで被リンクの詳細を確認する方法

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)を使って調べる

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)は、Googleが無料で提供している分析ツールです。

被リンクの調べ方は以下の通り。

Google Search Consoleでの被リンクの調べ方
  1. 画面左のサイドバーの下方にある[リンク]を選択する
  2. 「外部リンク」にあるページやリンク元サイト、リンク元テキストからサイトを確認する

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)の基本的な機能と使い方を見る

SEO効果の高い良質な被リンクを増やす方法

SEO効果の高い良質な被リンクを集める方法とは?

自サイトでない以上、外部サイトからの被リンクは完全にコントロールできません。ですが、検索順位を向上させるためにも、良質な被リンクが自然と集まる状態を作ることは可能です。

具体的には、以下の3つの方法が被リンク獲得に有効だと言われています。

良質な被リンク獲得に有効な方法
  • 網羅性が高い記事を作成してリンクを獲得する
  • 取材を行い、リンクを獲得する
  • SNSなどで露出を増やし、サイト内での引用を増やす

網羅性が高い記事を作成してリンクを獲得する

あるテーマについてユーザーニーズを的確に捉えた情報を網羅的にまとめた記事への被リンクが該当します。wikipediaがいい例でしょう。ほとんどのページが1つのテーマに対して詳しい記事となっているため様々なサイトで引用されるのです。

また、このようなまとめ記事では、時間の経過によって内容が古くならないテーマが適しています。流行りのドラマをまとめた記事をどれだけ網羅的にまとめたとしても、数ヶ月後には古いドラマの情報となってしまうため、長期的に被リンクを集め続けることはできません。

例えば「ネクタイの結び方」「引っ越しのコツ」などのノウハウは一度作成してしまえば更新の必要がなく、被リンクを集め続ける可能性が高い記事となります。

取材を行い、リンクを獲得する

取材を行い、リンクを獲得する

取材相手の持つサイトからの被リンクのことです。

取材を行いインタビュー記事を作成すると、取材相手は会社のHPやブログ等で取材の実績としてインタビュー記事へのリンクを設置してくれるケースがあります。

法人、個人を問わずに取り組むことが可能な被リンク獲得の施策となります。

SNSなどで露出を増やし、サイト内での引用を増やす

サイテーションと呼ばれるものです。単なるサイト名などの文字のみで、リンク効果のない引用が該当します。

例えば、「Emma Magazineの最新SEO記事が参考になった」のように、リンクを持たない“ただのテキスト”で言及されているものです。WEBサイトやブログ、Twitterなど様々な媒体が対象となります。

外部被リンクほどの効果はありませんが、Googleは最近SNS(ソーシャルメディア)での評判を見ている傾向にあるので、SNSの方も対策していきましょう。

SEOに悪影響!被リンクに関する注意点

SEO対策で悪影響を及ぼす注意しなければならない被リンク

SEO対策に効果があるとされる被リンクも、気をつけなければ逆に悪影響となってしまう場合があるので注意が必要です。

ここではSEOで悪影響になり得る被リンクに関する注意点をご紹介します。

被リンクは量よりも質が重要

先にもご紹介したように、被リンクはただ多ければ良いというわけではありません。

初期のGoogle検索では『被リンクがある=評価が高いページ』というロジックで被リンク数の多いページが検索結果の上位に来るようになっていたため、不正な方法で低品質な被リンクを獲得して検索順位を上げようとするSEOが流行しました。

そのためGoogleは「ペンギンアップデート(低品質な被リンクによるSEO対策を防止するための検索アルゴリズムアップデート、2012年4月〜2016年9月)」を実施。不正な方法でSEO対策をしたサイトには非常に厳しいペナルティが与えられることになります。

こうした背景もあり、現在では“被リンクの量”がそのままSEO評価に直結するということはなくなり、質の高い“良質な被リンク”が張られたサイトが上位表示されるようになっています

もちろん、被リンクはあるに越したことはありません。そして、同じ被リンク数でも、1つのサイト(ドメイン)からだけではなく、複数のサイトから被リンクを獲得していると評価も高まるので、より多くのサイトから質の高い被リンクを得られるような良質なコンテンツを作成しましょう。

関連性が低いコンテンツからの被リンクに注意する

Googleが被リンクをユーザーが選ぶ最高の情報源として捉えているとすると、関連性が低いコンテンツから向けられたリンクは、最高の情報源としては相応しくないですよね。

そのため、もちろんGoogleは関連性が低いコンテンツからの被リンクによってサイトの評価を上げることはありません

SEOの効果を高めるには、ここまでご紹介してきたように、自サイトとの関連が高くユーザーにとって価値のあるサイト(ユーザーニーズを的確に捉え、より悩みを解決できるサイト)から被リンクを集めることが大切です。

同一のアンカーテキストを何度も使用しない

アンカーテキストとは、リンクを設置する際に設定するテキストのことで被リンクの質を評価する要素の1つです。

Googleはアンカーテキストに含まれているキーワードをもとにリンク先のページの内容やコンテンツの関連性などを判断しているので、アンカーテキストにまで気を配ってリンクを張るとSEOにも効果的です。

ただし、ユーザーが自発的に設置したリンクのアンカーテキストが全く同じということは基本的にないので、同じテキストのリンクが多用され被リンクを獲得しているのは不自然。

ペナルティを受ける可能性もあるので、アンカーテキストは使い回しせず、ページやコンテンツの内容に合わせて設定するようにしましょう。

被リンクは購入しない

被リンクをSEO業者から購入することもおすすめしません

Googleは有料でリンクを購入することに対して、順位下落というペナルティを課す方針です。

もし、購入した被リンクが原因でペナルティを受けた場合は、該当する被リンクを削除した上で、Googleに再審査リクエストを送る必要があります。

被リンクの購入ではなく、良質なコンテンツ作りのために費やしましょう。

質の低い被リンクは削除(否認)する

サイトの価値を落とす質の低い被リンク、特に以下のような被リンクには注意が必要です。

注意が必要な被リンク
  • ブックマーク集(特に中身のないリンクのみのサイトからの被リンク)
  • 自動生成コンテンツ(自動生成された文脈の通らない文章からの被リンク)

もし上記2つに該当するような質の低いサイトから被リンクを受けてしまっている場合はそれらのリンクをサーチコンソールで否認リクエストして無効化することができます。

否認せずに放置した場合、Googleからペナルティを受けてしまう可能性があるので、定期的にチェックするようにしましょう。

質の低い被リンクを否認する方法

ペナルティに注意!質の低い被リンクは否認で対策

サイトの運営者にリンクの削除を依頼する

被リンク元のサイトをチェックして、連絡がとれそうな場合はサイト運営者にリンク削除の依頼をしてみましょう。

適切なリンクの設置はどちらのサイトにとってもメリットとなるので、なるべく早く対応してもらうことが大切です。

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)でリンクを否認する

被リンク元のサイト運営者と連絡がとれない場合や連絡がとれてもリンクを削除してもらえない場合は、Google Search Console(グーグルサーチコンソール)からリンクの否認をしましょう。

サーチコンソールでのリンクの否認方法は以下のページをご確認ください。
Google Search Console:サイトへのリンクを否認する

ペナルティを受けていた場合は、リンクを否認したあと再審査リクエストもする必要があります。以下のページで方法を確認できますので、併せてご確認ください。
Google Search Console:手動による対策レポート

まとめ:被リンク対策で自サイトの順位を上げよう

被リンクは2021年においても重要なSEO対策の1つです。良質な被リンクを獲得し、質の低い被リンクを否認することで、自サイトの評価が上がります。

ただし、SEOを外注する場合「被リンク対策をします」というような業者には注意が必要。SEO対策のつもりで被リンクを購入したにも関わらず、Googleからペナルティを受けて順位が下落してしまう可能性があります。

これまでお伝えした内容を踏まえて被リンクを活用し、しっかりとSEO対策をしていきましょう。この記事が、読者のみなさんのSEO対策のお役に立てていますと幸いです。

また、当サイトでは被リンク以外のSEO対策についてもご紹介しています。もっと詳しくSEO対策について知りたいという方は下記も併せてお読みください。

さらに当社では、経営陣が13年以上Webマーケティングをやっている中で手に入れたノウハウをチェックリスト形式でわかりやすくまとめた「SEO対策チェックリスト(ebook)」を公開しております。

  • SEO対策をやっているけれど、なかなか成果が見られない…何がダメなんだろう
  • これからオウンドメディアの集客はもっとSEOを意識していきたい
  • 自サイトのSEOは何ができていて、これからどんな対策をしていけば良いのか知りたい

このようにお考えの方には特にご覧いただきたい内容です。

「SEO対策チェックリスト(ebook)」は、当社が実際に試して本当に効果があるもののみを厳選した、10カテゴリー全134項目の最新のSEO対策ノウハウとなっています。

完全無料で公開していますので、ぜひダウンロードしてSEO対策にご活用ください!

完全無料で公開中!