上位表示のためのSEOライティングのコツ

「SEOライティングって一般的な記事の書き方と何が違うの?」
「検索エンジンで上位表示できる記事ライティングのコツって?」

SEO初心者やブログ運営者であれば、上記のような疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。SEOライティングと聞くと、特別なスキルが必要で、書き方を習得をするのが難しい印象があります。

しかし、実は初心者であっても、7つのコツを押さえるだけで、SEOライティングは誰でもできるようになるのです!

そこで当ページでは、SEOライティングと通常の記事ライティングの違いを解説した後、SEOライティングの方法を具体的に説明致します。

また、わざわざライティング講座やセミナーに足を運ばなくても、上位表示できるコンテンツ作成マニュアルを最後に用意しているので、ぜひ最後までお読みください!

当ページでは、ご覧頂いた皆様にSEOライティングに関する資料を無料で提供しております。今すぐ資料を確認したい方は下記からご確認くださいませ。

SEOライティングとはユーザーと検索エンジンの両方に伝わる書き方

ユーザーと検索エンジンの両方に伝わるSEOライティング

SEOライティングとは、SEOに強く、上位表示しやすい文章を書くライティング手法のことです。Webライティングとも呼びます。

では、SEOライティングと一般的な記事ライティングは何が違うのでしょうか?

一般的なライティングでは、ユーザー・読み手に意味がわかりやすい文章を書くことが大事だとされています。一方、SEOライティングで大事だと言われているのは、以下の2点。

  • ユーザー・読み手が求めている文章であること
  • Googleの検索エンジン(クローラー)にもわかりやすい文章であること

このように、読み手に加え、Googleの検索エンジンにも伝わるように文章を作成するのがSEOライティングです。

では、読み手が求める、かつGoogleにもわかりやすい文章はどのように書くのでしょうか。続いては、SEOライティングの方法について順を追って解説致します。

ユーザーに評価されるSEOライティング方法

ユーザーに評価されるWEBライティングの方法

SEOで最も重要な要素となるのが、ユーザー視点です。

つまり、SEO効果の高いコンテンツを作成するためには、ユーザーからの評価が不可欠。そのため、ライティングをする際は、ユーザーが何を求めているのかを明確にした上で、ユーザーが求めている情報を記事コンテンツで提供する必要があります。

そこで、ここからはユーザーが求める記事コンテンツを書くために重要となる4ステップをご紹介致します。

①検索キーワードからユーザーインサイトを読み解く

まずは、ユーザーが検索エンジンに入力する検索キーワードから、ユーザーが何を求めているのかを探ります。

検索キーワードからユーザーが本当に求めているもの(インサイト)を読み解くことは、SEOライティングの本質とも言える記事コンテンツの作成において最も重要なポイントです。

例えば、検索キーワードが『英語 留学』である場合は、以下のことが読み取れます。

  • 英語圏での留学を考えている
  • 英語留学ができる国はどこか知りたい
  • おすすめの国を知りたい

このようにして、検索キーワードからユーザーのインサイトを読み解くことが、ユーザーが真に求めている記事コンテンツを提供するための第一歩となります。

ユーザーのインサイトがわかれば、次はその記事コンテンツにおけるゴールを決めましょう。

②ゴールを設定する

作成するページのゴールを設定することで、その記事コンテンツを書く目的を明確にします。仮にあなたが留学のサイトを運営していて、キーワード『英語 留学』に対する記事コンテンツを作りたいと考えているとしましょう。

この場合のゴールの例としては、以下が挙げられます。

  • ユーザーにあった英語圏の国を理解してもらい、その国の詳細ページに飛んでもらう
  • 費用が気になるユーザーには、格安で留学できる国を紹介し、申し込みをしてもらう

上記のように、Webサイトやブログの目的に沿って、記事コンテンツのゴールを設定しましょう。記事コンテンツのゴールが設定できたら、ユーザーとページのゴールを結びつけるため、文章の構成を設計していきます。

③コンテンツを設計する

記事コンテンツの設計

ユーザーインサイトを読み解き、記事コンテンツのゴールが定まれば、いよいよ記事コンテンツの中身を設計していきます。先程のキーワード『英語 留学』を例に見てみましょう。

この際のユーザーインサイトと記事コンテンツのゴールを、以下の通り仮定します。

  • ユーザーインサイト : 英語圏での留学を考えていて、自分にあった国・留学会社を知りたい
  • 記事コンテンツのゴール : 費用が気になるユーザーに、格安で留学できる国・会社を紹介し、申し込みをしてもらう

上記のように設定できれば、あとは記事コンテンツを設計するのみ。以下の一例をご覧ください。

見出し1:英語留学の主要4カ国とは?
コンテンツ内容 : 英語圏の留学先としては、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアがあることを提示し、それぞれの特徴を紹介する

見出し2:英語圏だけではない?上記以外の国とは?
コンテンツ内容 : ニュージーランド、マルタ、フィリピンなども英語留学として考えられることを紹介する

見出し3:安く済ませたいなら2カ国留学
コンテンツ内容 :今、フィリピン+英語圏に行く2カ国留学が人気であることを紹介し、問い合わせページに誘導する

上記の通り、ユーザーをサイトのゴールである格安留学の問い合わせまで導くための流れを作ります。ユーザーと記事コンテンツのゴールとの橋渡しができるように、見出しを設定していくことがポイントです。

見出しを設定し終えたら、いよいよコンテンツのライティングに入ります。

④ライティングをする

ライティングをする

ユーザーが読みやすい文章を作成するために、念頭においておくべきポイントは以下の3つです。

  • 適切な接続詞で論理構造を明確にする
  • 1メッセージ1アウトカム
  • 同じ語尾を避ける

それぞれについて解説していきます。

適切な接続詞で論理構造を明確にする

そのため(理由)、しかし(逆説)、また(並列)などの接続詞を使ってライティングすることで、論理構造が明確になります。接続詞を適切に使い、ユーザーに読みやすい記事コンテンツを作成しましょう。

1メッセージ1アウトカム

記事コンテンツを読んでいて、「結局何が言いたいのか分からなかった」という経験をした方も多いのではないでしょうか。

ライティングの際にやりがちなのが、伝えたいことを一文に詰め込んでしまうということ。

伝えたいことが多くなると、文章が長くなり、結局何が言いたいのか分からないということになりかねません。

そのため、読点(、)で長い文章を作ることはできるだけ避け、1文に1つのメーセージを込めるようにしましょう。そうすることで、ユーザーにもわかりやすい、スッと頭に入る文章になります。

同じ語尾を避ける

語尾のバリエーションを増やし、同じ語尾で終わることのないようにしましょう。読みづらい文章は、すべての語尾が「です」や「ます」で終わっていることが多く見受けられます。

そうなってしまった場合は、「ます」や「です」だけでなく、「~しましょう」や「体現止め」など多用な語尾を使うことを意識しましょう。文章にリズムが生まれて、ユーザーが読みやすい記事コンテンツとなります。

以上4つのステップが、ユーザーが求めている記事コンテンツを書くためのライティング手法となります。

続いては、Googleの検索エンジン(クローラー)がわかりやすく、SEO効果が高い文章を書くコツを解説していきます。

【7つのコツ】上位表示できるコンテンツの作成方法

SEOに強いライティングをする7つのコツ

Googleの検索エンジンは日々進化を遂げていますが、まだ人間のように文章を理解できないのが現状です。そのため、SEOライティングにおいては、ユーザーのみならず、Googleの検索エンジンにも読みやすい文章が求められます。

ここでは、初心者でもすぐに実践できるSEOライティングのコツを7つご紹介します。7つのコツは以下の通りです。

  1. 代名詞を使わない
  2. タイトルやディスクリプションにキーワードを含める
  3. hタグにもキーワードを入れる
  4. 共起語を使う
  5. 画像(altタグ)を最適化する
  6. HTMLマークアップ
  7. わかりやすいパーマリンクを設定する

早速、1つ1つ見ていきましょう!

①代名詞を使わない

1つ目は、代名詞を多用しないこと。というのも、Googleの検索エンジンは、代名詞が何を指しているのかを人間のように正確に理解できないためです。コンテンツを理解できないのでは、SEO効果も低くなってしまいます。

そのため、「この」「その」などの代名詞は、なるべく名詞に置き換え、Googleの検索エンジンに何を指しているのかがわかるようにしましょう。

②タイトルやディスクリプションにキーワードを含める

タイトルやディスクリプションにキーワードを含める

SEOにおいて重要なタイトルやディスクリプションには必ずキーワードを含め、Googleの検索エンジンにコンテンツの内容がわかるようにしましょう。

また、キーワードがタイトルやディスクリプションに含まれていると、ユーザーにとってもコンテンツの内容がわかりやすくなるため、クリック率の上昇も期待できます。

ただし、キーワードを必要以上に入れてしまうと過剰SEOだと判断され、ペナルティを受ける可能性もあります。そのため、あくまで自然にキーワードを使用することを心がけて、タイトルやディスクリプションを設定するようにしましょう。

③hタグにもキーワードを入れる

SEOにおいて、hタグはタイトルの次に記事コンテンツの中で重要視されている要素です。そのため、タイトルタグのみならず、h1やh2、h3タグにもキーワードを含めましょう。

ただし、hタグの場合も不自然にキーワードを詰め込むと過剰SEOだと思われてしまいます。そのため、あくまでも自然な形でキーワードを含めていくことが大切です。

④共起語を使う

共起語とは、特定のキーワードと一緒に使われることが多い言葉のこと。「教育」がキーワードの場合、共起語には以下のような言葉が含まれます。

『委員会 、学校 、情報 、学習 、大学 、平成 、セミナー 、高校、小学校』

このような共起語を使ってライティングすることで、ユーザーの検索意図に近い記事コンテンツだとGoogleの検索エンジンが判断します。共起語が検索できるツールなどもあるので、ライティングをする際は不自然にならない程度で積極的に使っていきましょう。

⑤画像(altタグ)を最適化する

画像(altタグ)を最適化する
altタグは、その画像が何を示すのかを検索エンジンに伝える代替テキストのこと。Googleの検索エンジンは画像が何を指しているのかまではわかりません。

しかし、altタグを設定することで、どのような画像かをGoogleに正しく認識してもらうことができます。また、画像検索の結果にも表示されやすくなるため、画像検索からの流入も見込めて一石二鳥です。

他にも、altタグが設定されていると、画像を表示しないブラウザやスクリーンリーダー(コンピュータの画面読み上げソフトウェア)を利用しているユーザーにも、画像の内容を理解してもらうことができます。

普段のライティングでは、なかなか目がいかないポイントだからこそ、しっかり設定してSEOに効果的なコンテンツを作成しましょう。

⑥HTMLマークアップ

SEOライティングでは、正しくHTMLを使うことも重要な要素です。コンテンツの内容を正しくGoogleの検索エンジンに伝えるためにも、以下の基本的なタグは、適切に使えるようにしましょう。

・hタグ
必ず<h1>、<h2>、<h3>の順で使いましょう。デザインのために、h2の次にh4を置いたりするといったことは避けるべきです。

・箇条書き<ol><ul>
改行ではなく、<ol>、<ul>タグで、箇条書きであることを検索エンジンに伝えましょう。

・引用<blockquote>
<blockquote>を使って他サイトや参考資料などから引用した箇所をGoogleに示しましょう。

・表<table>
表を作成する際は<table>タグを使いましょう。SEOのトレンドでもある強調(フィーチャード)スニペットにも現れやすくなります。

・画像<alt>
先程も出てきましたが、画像には<alt>タグを使って、画像が何を指すのかを検索エンジンに明記しましょう。

⑦わかりやすいパーマリンクを設定する

ランダムな数字や文字の羅列ではなく、一目で何に関しての記事コンテンツかがわかるパーマリンクを設定しましょう。論理的かつ人間に分かりやすいパーマリンクを設置することをGoogleも推奨しています。

下記のURL2つを比較すると、どちらがわかりやすいパーマリンクかは明白でしょう。

  • https://emma.tools/magazine/blog
  • https://emma.tools/magazine/ ?p1234

一目でコンテンツの内容がわかるパーマリンクの方が、クリック率も上がり、より多くの集客を見込むことができます。

以上、7点がSEOに効果的なライティング方法のコツです。すぐにできるものばかりですので、是非今日からのSEOライティングで実践してみてくださいね。

コンテンツの文字数は検索順位に関係あるのか?

SEOライティングに関して、「記事コンテンツの文字数はどれくらいが良いのか?」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

「3000字は必要」「文字数が多いほどSEOに効果的」「文字数は関係ない」など、様々な情報を聞いたことがあるかと思います。

アメリカの有名なSEOブログ、Backlinkoが100万以上の検索結果を調査したところ、記事コンテンツの文字数と検索ランキングには正の相関関係が見られたとの結果がありました。以下のグラフをご覧ください。

検索順位と文字数の関係引用元:https://backlinko.com/search-engine-ranking

また、検索結果の1ページ目(1~10位のWEBページ)に出てくる記事コンテンツの平均文字数は1890語(日本語に換算すると約4000~5000語)だったと言います。

もちろん、文字数が多ければ良いというわけではないので注意が必要。文字数が多い記事コンテンツは、文字数で上位表示しているのではありません。

検索キーワードに関する情報の網羅性が高く、かつユーザーに対して適切な答えを提供しているため、上位表示しているのです。

ユーザーが求めている内容を深掘りしてライティングすれば、自然と約4000~5000語という文字数が必要になってくるでしょう。無駄に長い文章ではなく、ユーザーの悩みを解決できるような深みのあるライティングを心がけましょう。

SEOライティングを勉強できる本・書籍

最後に、もっとSEOライティングについて勉強したいという方に向けて、数多くあるSEOライティングの本の中から当サイトが選りすぐった2冊をご紹介していきます。

本格的にWEBマーケティングをする方にも、ライターとして活躍する方にもおすすめとなっているので、是非ご覧ください。

沈黙のWebライティング: Webマーケッターボーンの激闘

沈黙のWebライティング: Webマーケッターボーンの激闘

この本はタイトルがいかにもユニークですよね。特筆すべきは、とにかく内容が面白いという点。ストーリー仕立てになっているので、漫画を読んでいる感覚でSEOライティングに関して勉強できます。

漫画で解説するようなシリーズが好きな方におすすめの本です。また、WEB上でも公開されていますので、書籍を購入しなくても学習できます。

最新のGoogle対策! これからのSEO Webライティング本格講座

最新のGoogle対策! これからのSEO Webライティング本格講座

タイトルに「これからの」とあるように、この本では今まで唱えられてきたSEOライティングを否定するところから始め、これから必要とされるSEOライティングの技術をGoogleの技術的な論点から解説を始めます。

前半では、Googleがいかにコンテンツを評価しているかなどの理論がまとめてあります。後半ではキーワードの使い方、タイトルの付け方やディスクリプションの書き方などのテクニックをまとめており、一冊で体系化されたSEOライティングのノウハウが身につく本となっている印象です。

まとめ

ここまでSEOライティングに関して解説してきました。SEOライティングはユーザーの求める内容、かつGoogleにも読みやすい文章を書くライティング手法であるとお分かりいただけたでしょうか。

最後に、これまで紹介したSEOライティングのコツをチェックリストとしてまとめました。SEOライティングをする際には、参考にしていただければ幸いです。

SEOライティングのまとめ

リスト番号 SEOチェック項目
1 代名詞はできるだけ名詞に変換する
2 タイトルやディスクリプションにキーワードを使う
3 見出し(hタグ)にもキーワードを入れる
4 共起語を使う
5 altタグにもキーワードを利用する
6 HTMLタグを正しく記述する
7 わかりやすいパーマリンクの設定

加えて、SEOライティングの際の具体的な書き方やコツも紹介してきました。明日から実践できるものばかりですので、是非すぐに使っていただければと思います。

下記から本記事で紹介しきれなかった、とっておきのSEOライティングマニュアルもご覧いただけます。無料でダウンロードしていただけますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

SEOライティングマニュアル

それでも自分でSEOライティングができるか不安という方は、当サイトのSEOライティングツールEmmaTools™もおすすめです。ライティングツールに興味があるという方は、下記URLをご覧ください。

SEO対策ライティングツールのEmmaTools™

よくある質問Q&A

SEOライティングをする上で重要なポイントは?

SEOライティングで大事だと言われているのは、以下の2点です。

  • ユーザーが求めている文章であること
  • Googleの検索エンジン(クローラー)にもわかりやすい文章であること

ユーザーファースが前提にあった上で、Googleの検索エンジンに対してもわかりやすい文章を作成するということが重要です。

・ユーザーに評価されるライティングとは?

ユーザーに対してわかりやすい文章を書くというのはもちろん、その上でユーザーが何を求めているのかを明確にし、ユーザーが求めている情報が網羅されている記事を作成することです。

SEOに強いコンテンツを作成するコツは?

SEO効果の高いライティングをするコツは以下の7つです。

  1. 代名詞を使わない
  2. タイトルやディスクリプションにキーワードを含める
  3. hタグにもキーワードを入れる
  4. 共起語を使う
  5. 画像(altタグ)を最適化する
  6. HTMLマークアップ
  7. わかりやすいパーマリンクを設定する

上記を意識することで、SEO効果の高いライティングをすることが可能です。

コンテンツの文字数と検索順位は関係あるの?

コンテンツの文字数と、検索順位には相関関係があるというデータもあります。

ただし、長ければ良いというわけではありません。SEOライティングをする上では、ユーザーが求めている情報を網羅し、適切な文量でわかりやすく伝えることが最重要です。