コンテンツSEOとは?メリットや対策方法

Content is King(コンテンツが全てだ)

このページをご覧の方は、このフレーズをどこかで見聞きされたことがあるのではないでしょうか。 世界的なSEOカンファレンスにおいてもコンテンツの重要度について言及されています。

しかし、多くのWebサイト担当者の方は、「SEO対策のノウハウがない」「どうずれば良いかやり方がわからない」と頭を抱えているのが実情です。

このページでは、「コンテンツSEOとは何か」の基本から、具体的なコンテンツSEOの作り方やメリット、成果を出すポイントまでわかりやすく解説します。

最後までお付き合いいただければ、効果が期待できるSEOコンテンツが作成できるようになります。

目次

コンテンツSEOとは?

コンテンツSEOとは:良質なコンテンツによる検索エンジンからのWEB集客

コンテンツSEOの定義と目的

コンテンツSEOとは、SEO対策の一つであり、ユーザーにとって良質なコンテンツを発信し、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで上位表示を狙う手法です。

コンテンツSEOの基本の考え方は、任意のキーワードで検索したユーザーに対し、そのユーザーのニーズを満たすコンテンツを作成することです。

また、ユーザー目線だけでなく、検索エンジンに評価されやすくなるために、タグの最適化も同時に行うことが重要です。作成したコンテンツをGoogleなどの検索エンジンがSEO評価し、検索結果に反映されます。
コンテンツSEOの主な目的は、ブログやサイトの訪問数・閲覧数を増やし、コンバージョンに繋げること、また自社サイトのブランディング化などが挙げられます。

テクニカルSEOとの違い

コンテンツSEOとよく混同されるSEO用語に「テクニカルSEO」があります。テクニカルSEOとは、ユーザー動向の改善や、Googleなどの検索エンジンがコンテンツの内容を読み取るときに必要な要素を改善することを指します。

例えば、タイトルタグやmetaタグ、h1~h4タグ、altタグ、内部リンクの最適化などが挙げられ、コーディング作業時に重要なSEO対策です。つまり、テクニカルSEOはコンテンツSEOに含まれたSEO対策になります。
テクニカルSEOについては、以下のページでより詳しく解説しています。

コンテンツマーケティングとの違い

他にもコンテンツSEOと似た用語に、「コンテンツマーケティング」がありますが、何が違うのでしょうか?

簡単に言いますと、コンテンツSEOはコンテンツマーケティングの一部です。また、SEOもコンテンツマーケティングの一部。三者の関係性を図にすると以下になります。

コンテンツマーケティング>SEO>コンテンツSEO

コンテンツマーケティングとは、コンテンツを使って顧客と長期的な関係を築くマーケティング手法のことであり、その定義は範囲が広くなります。一方で、コンテンツSEOは、SEO施策の中の一項目となるため、コンテンツマーケティングよりも小さい概念なのです。

コンテンツSEOが重要とされる背景

続いてはコンテンツSEOがなぜここまで重要とされるのか、背景をみていきましょう。

ブラックハットのSEO終焉

コンテンツSEOが注目を浴びるまでのSEO対策は、検索エンジンのシステムの穴を突くブラックハットSEOが中心でした。


例えば、隠しテキスト、隠しリンク、クローキング、ワードサラダ、キーワードスタッフィング、被リンクの購入などがブラックハットSEOに当たります。

上記のような小手先テクニック重視のSEO対策が流行った結果、検索結果ページには、ユーザーが求めているページには程遠い、内容の薄いページが表示されるようになりました。本記事を読んでいる方も『何これ?』というようなページを見たことがあるかと思います。

状況を危惧したGoogleが、ユーザーの利便性を向上させるため、2011年にペンギンアップデート、2012年にパンダアップデートと2つの大きなアルゴリズムアップデートを実施。これらのGoogleによるアップデートによって、2012年以降は上記のようなブラックハットSEOが通用しにくくなりました。

その結果、SEO業界は、より本質的なコンテンツSEOに注力するようになったのです。これが、コンテンツSEOが注目を浴び始めたきっかけです。 それから数年経ち、SEO対策の手法も変化を遂げました。現在では、他のどの施策よりもコンテンツSEOが大切だと言われています。

では、「本質的なコンテンツSEO」とは一体どんなものでしょうか。続いては、Googleの見解からコンテンツSEOの本質をお伝えいたします。

2024年も引き続き、SEO対策ではコンテンツの質を重視

2019年のSEO対策はより本質重視
これまでのWebマーケティング業界のトレンドは"Content is King"。

SEO対策においては、コンテンツの質が最重要と言われてきました。このトレンドは、これからも続くと考えられます。

なぜなら、良質なコンテンツについては、『Google が掲げる 10 の事実』の1番目に出てくる項目であり、SEO対策における本質といっても過言ではありません。

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

引用元:Google が掲げる 10 の事実

Googleは、「ユーザーに最高品質の検索エンジンを使ってもらい、そこに広告を掲載すること」で収入を得ています。Googleのビジネスモデルを支えているのは、検索体験の質であり、その指標はユーザーがどれだけ検索結果に満足するかです。

そのため、Googleにとってユーザーの体験は最重要だと言えます。そして、その体験を支えているのは良質なコンテンツです。

つまり、コンテンツSEOは検索エンジンの本質から考えても、最も力を入れるべきSEO施策であると言えます。

コンテンツSEOのメリット

ここまで、コンテンツSEOが重視される理由を解説しました。続いてはSEO対策の手法であるコンテンツSEOを進めることのメリットをいくつかの紹介します。

費用対効果が高い

SEO対策自体は、WEBサイトさえ存在していれば始めることができるため、比較的安価な初期投資で済みます。認知を獲得するために広告の手法を採用している方も多いですが、広告から収益を生むためには常に広告費を支払い続けなくてはなりません。

一方で、コンテンツSEOで検索結果の上位を獲得できれば、費用はかからずに収益を生むことが可能になります。また、SEOの専門知識を持っている方がいる場合は、外注する必要もないため、低コストで莫大な収益を作ることができます。

安定した集客が見込める

コンテンツSEOで検索結果の上位に表示しできれば、そこから安定的な集客が見込めます。もちろん検索エンジンによるアルゴリズムのアップデートの影響で、集客数が減るリスクはありますが、しっかりとしたコンテンツSEOを行えば、アップデートの影響は受けにくものです。

広告などの一時的な流入と違い、安定的な集客が見込めるのはコンテンツSEOの大きなメリットといえるでしょう。

資産になる

コンテンツSEOには、WEBサイトが資産になっていくこともメリットです。一度WEBサイトに公開すれば、常にWEB上に存在し続けるため消えることはありません。

情報が溜まり続けるとWEBサイトへ訪れたユーザーにいつでも読んでもらえるため、コンテンツSEOは高いパフォーマンスを発揮することができます。

ブランディングできる

コンテンツSEOを意識して、コンテンツを増やし続けるとユーザーの目にとまる機会も必然と多くなります。上位表示することができれば、既に自社サービスを知っているユーザーだけでなく、自社サービスを知らないユーザーにも認知させることができます。

キーワードの選び方でリスク分散できる

例えば検索ボリューム数の多いキーワード(ビックキーワード)の場合、そのライバルの数は膨大です。その分上位表示は難しく、また上位表示ができたとしても、順位がぶれることが多くなります。

一方、検索ボリューム数が少ないキーワード(ミドルキーワード、ロングテールキーワード)は、ライバル数も少なく、上位表示がしやすくなります。また、ビックキーワードと比較してユーザーのニーズが限定的であるため、よりユーザーに刺さりやすい(コンバージョンに繋がりやすい)コンテンツSEOが実施できるのです。

以上のように、キーワードを選定のバランスも鑑みて対策を行うことで、リスク回避ができるのもコンテンツSEOのメリットと言えるでしょう。

コンテンツSEOのデメリット

記事制作を外注することのデメリット

長期的にSEO施策を継続する必要がある

SEO対策を進める上で覚えておきたいことは、成果がでるまでに時間がかかることです。サイトの熟成度にもよりますが、まだコンテンツがない場合は成果がでるまで半年~1年で考えた方が良いでしょう。

時間がかかる理由としては、検索エンジンから高い評価を得るまでに時間がかかるためです。まずSEO評価を受けるためにはGoogleなどのクローラーがコンテンツを発見することから始まりますが、立ち上げ初期のWEBサイトでは1カ月~2カ月程かかることもあります。

また、SEO対策は200以上も存在するアルゴリズムに沿って対策する必要があるため、高い評価を得るためにかなりの時間を要します。

作成に時間がかかる

デメリットの2つ目はコンテンツ作成にも時間を要することです。対策キーワードにもよりますが、ユーザーのニーズを満たすためには数百文字程度のコンテンツでは不十分です。

対策キーワードから考えられる多様なニーズを解消するためには数千文字を書く必要があります。本記事でも「コンテンツSEO」について定義だけでなく、メリットやデメリット、施策手順など網羅するために1万文字以上書いています。

また、本文以外にもタイトルの選定や上位表示している競合のページ、見出しの構成、誤字脱字のチェックなど、1コンテンツを仕上げるために時間が必要になります。社内で書けるリソースがない場合は、コンテンツSEOを外注することを検討してみましょう。

定期的なメンテナンスが必要

コンテンツSEOは一度WEBサイト上に公開すればいい、という訳ではありません。もし仮に上位表示できたとしても、日々検索順位は変化するため、メンテナンスが必要になります。

コンテンツの情報が古いままだと、最新情報を発信している競合サイトに負けたり、アルゴリズムの変動が起きた際には順位低下することが良く見られます。常に上位表示を獲得するためには、新しい情報をキャッチし続け、コンテンツに反映する必要があります。

SEOの専門知識が必要

コンテンツSEOだけでなく、SEO対策の全般に言えることですが、SEO対策には専門知識が必要不可欠となります。そして、SEO評価を高めるためにはユーザーにとって有益なコンテンツが大前提となりますが、Goolgeから高評価を得るための施策も同時に行う必要があります。

このSEO評価を得るためにGoogleが定めている条件は一般に公開されていないため、日々信頼できる情報をもとにPDCAを回し続けないといけません。もしSEOの専門知識がない状態で間違ったSEO対策を行うと、ペナルティを受ける可能性があり、サイトに大きな悪影響を及ぼします。

一度ペナルティを受けてしまうと、元の評価に戻すことや上位表示することがかなり難しくなります。まずはSEOの専門知識をもっている人材を確保してから取り組むようにしましょう。

以上、コンテンツSEOのデメリットをご紹介しました。次項では、評価されるコンテンツSEOについて解説していきます。

評価されるコンテンツSEOとは

ここまではコンテンツSEOのメリット、デメリットをご紹介しました。デメリットの多くとしては、時間がかかるために成果を出すまで継続的に続ける必要があることでした。

しかし、デメリット以上にメリットは沢山あり、成功すればわずかな費用で高い収益を生むことができます。

では、どうすればSEO評価の高いコンテンツ作成ができるのでしょうか?

具体的な手順を解説する前にSEOで評価される考え方を抑えておきましょう。

SEO評価を高める考え方
  1. ユーザー目線でSEOコンテンツを作成する
  2. Google目線でSEOコンテンツを作成する

ユーザー目線でSEOコンテンツを作成する

まずはユーザー目線にフォーカスしてコンテンツ作成を行いましょう。

ユーザーの利便性が悪いコンテンツは一度上位表示できたとしても、時間が経てば順位の低下が必ず起きてしまいます。この理由としては、GoogleがSEO初心者に向けて提供している「検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド」を見ると分かりやすいでしょう。

この内容によると、SEO担当者がすべきことは以下のように述べられています。

ウェブサイトは利用者の便宜のために構築するべきであり、すべての最適化はユーザー エクスペリエンス向上のための調整である必要があります。検索エンジンもそうした利用者のひとつであり、他のユーザーがあなたのコンテンツを見つけるための手助けをしています。SEO は、検索エンジンがコンテンツを理解して他のユーザーに提示するのを助ける作業です。

*引用元:検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド

つまり、Googleはユーザーの利便性を高いWEBサイトを評価していることが分かります。

まずは読みやすいコンテンツ、ユーザーの求めているニーズが網羅されているコンテンツを意識し、コンテンツを作成していきましょう。

Google目線でSEOコンテンツを作成する

ユーザー目線でコンテンツ作成ができた後はGoogle目線も重要となります。Googleは主に、SEOコンテンツの中身をソースコードがどのように書かれているかで判断しています。


例えば、タイトルタグやH1タグ、metaタグ、altタグ、構造化データなどがあります。

これらを検索エンジンが読み取りやすいように最適化することも忘れず、コンテンツSEOに取り組んでいきましょう。本記事の「コンテンツSEOで評価を高めるポイント」見出しで解説しているので、気になる方はチェックしてください。

コンテンツSEOの作り方や書き方を解説

SEO対策における評価されるコンテンツとは一体どんなものなのでしょうか。以下では、コンテンツSEOの作り方を解説いたします。

コンテンツSEOのステップ
  1. 自社サイト分析
  2. 競合調査
  3. キーワードを設定する
  4. コンテンツを書く順番を決める
  5. ディレクション作成
  6. ライティング
  7. コーディング
  8. 分析・改善

自社サイト分析

まずは自社サイトで公開されているコンテンツを把握することから始まります。

  • どんなコンテンツがあるのか?
  • 重複しているコンテンツはないか?
  • 文字数が少ない低品質なコンテンツはないか?

など、現状の分析をすることが重要です。

SEO対策は大きく2つの施策があり、「マイナス評価になり得る要因を解消すること」と「プラス要因になり得る要因を対策すること」になります。

もし、現状の分析をしないと、マイナス評価を受けているままコンテンツSEOに取り組む可能性があります。それではいくら労力や時間を割いたとしてもコンテンツSEOで評価されることはありません。

まずはマイナス評価となり得るコンテンツを調査することがコンテンツSEOを成功させる一歩目となります。

競合調査

続いては競合の調査です。競合のサービスや商品と比較し、自社サービスの強みや特徴を分析していきましょう。競合分析ができれば、サイトの戦略が明確になり短期間で成果をだすことができます。

また、サービスや商品以外にも競合調査をすることにより、自社に足りていないコンテンツや、検索順位で負けているコンテンツを知ることができます。不足しているコンテンツがあれば積極的に対策することで、競合よりも検索順位を上回ることができます。

キーワードを設定する

競合調査をした後はキーワード選定です。キーワード選定はコンテンツSEOにおいて重要な役割があり、キーワードの選定方法はコンテンツSEOの目的を何に置くかで異なります。コンテンツSEOの目的は、主に以下が挙げられます。

コンテンツSEOの目的
  • アクセス数の増加
  • コンバージョン数の増加
  • 上位表示によるブランド認知

それではコンテンツSEOの目的別に、キーワードの選定方法を確認していきましょう。

アクセス数の増加

アクセス数を増やすことが目的であれば、『~とは?』『~の方法』などの情報系キーワード(インフォメーショナルクエリ)でコンテンツSEOを実施していきましょう。

情報系キーワードの特徴としては、検索するユーザーのニーズが抽象的であり、検索ボリュームが大きいこと。上位表示すれば、それだけ多くのアクセスが見込めます。

コンバージョン増

コンバージョンを増やしたい場合は、『〇〇比較』『〇〇購入』などの取引系キーワード(トランザクショナルクエリ)でコンテンツSEOを実施していきましょう。

取引系キーワードは情報系キーワードよりも検索ボリュームは小さいですが、ニーズが顕在化しており、購入や問い合わせといったコンバージョンにより近いのが特徴です。

ブランド認知

ブランドの認知を増やすには、ビッグワードでの上位表示が必須です。関連するキーワードにおいても対策する必要があり時間と労力はかかりますが、上位表示できれば大きなインパクトとなります。

SEOツールを提供している自社の場合、SEO対策のノウハウやSEOツールをまとめたコンテンツを作成することでブランド認知を狙った施策が打てます。キーワードが決まったら、続いては作成するコンテンツのキーワードを決めましょう。

コンテンツを書く順番を決める

キーワードが決まったら、どのキーワードからコンテンツを作成するか決定させます。以下では優先順位の高いキーワードを具体的に紹介します。

キーワードの優先順位
  • ピラーページとなるキーワード
  • コンバージョンに近いキーワード

ピラーページとなるキーワード

ピラーページとは、そのテーマの柱となる記事です。例えば、会社案内の作成会社の場合、「会社案内」「会社案内 おすすめ」などがそれに該当します。

ピラーページは、そのテーマに関する情報を網羅できるような内容にしましょう。そして、ピラーページから各記事へ内部リンクを行い、そこでさらに内容を掘り下げるといった構成がおすすめです。

このようにコンテンツを枝分かれ状に作成することで、Googleやユーザーにとってわかりやすいサイトを作ることができます。
ピラーキーワードのコンテンツ構造例

コンバージョンに近いキーワード

ここまで挙げたキーワードの他に、収益増加に直結するコンバージョンに近いキーワードも優先順位の高いキーワードです。 コンバージョンに近いキーワードを見つけるコツは、検索キーワードごとのユーザーの意図を想像すること。

例えば、「SEO対策」と検索するユーザーは、SEO対策について知りたい人でありますが、SEOツールを検討しているかはわかりません。

一方、「SEOツール おすすめ」「SEOツール 比較」などのキーワードで検索するユーザーは、SEOツールの導入を検討している意図があることがわかります。

このように、ユーザーの意図を考えた上で、コンバージョンに近いキーワードを選定しましょう。キーワード戦略が固まれば、後はコンテンツを作成していきます。

ディレクション作成

対策キーワードが決まれば次のステップはディレクションの作成です。ディレクションとは構成案のことを指し、タイトルや見出し、ペルソナの設定など、ライティングを行う前に必要な作業が該当します。

このディレクション作成をしっかり行うことにより、記事を書いている最中にテーマからずれることを防ぐことができます。

ライティング

ディレクション作成ができればライティングをしていきます。ライティングではユーザーのニーズを満たすために可能な限り、情報の過不足がなく執筆することが重要です。

注意点として、競合サイトの内容を参考にすることは問題ないですが、文章をコピーすることはNGです。コピー率の多いコンテンツはコピーコンテンツとみなされ、SEO評価に悪影響を及ぼす可能性があるためごオリジナルの表現で執筆しましょう。また、コンテンツを書き終えた後は誤字脱字チェックも忘れずにしましょう。

コーディング

書き終えたコンテンツはCMSでコーディングしていきます。前述ではユーザーの利便性を高めることがコンテンツSEOの評価を高める上で重要なことだと解説しました。

このユーザーの利便性には読みやすさだけでなく、UI/UXなどの要素も含まれます。文字だけでなく、CSSで装飾し、見やすいデザインにしていきましょう。

分析・改善/リライト

ここまで書いたポイントを全て実施したとしても、すぐに上位表示するほどコンテンツSEOは甘くありません。コンテンツSEOで上位表示させるためには上位表示できるまで分析改善を行い続けることが重要になります。

例えば、記事を上げた後の順位や、ページの表示スピード、ユーザーの動向、上位表示ページとの比較など、既存記事を改善(リライト)していくことがコンテンツSEOにおいて必要不可欠なのです。

コンテンツSEOのリライトで大切なのは、上位表示しているサイトと比較して、何が足りないのかを洗い出すことです。

情報の網羅性や、情報の密度、ユーザーの理解を邪魔している要素はないかなど、競合サイトと比較して足りていないところを洗い出し、一つずつリライトをしていきましょう。

SEOの専門知識を持っていればある程度のリライトはできますが、SEO初心者の場合、課題の抽出すら苦労することもあります。その場合にはSEOに役立つツールも検討してみましょう。本記事の「コンテンツSEOを成功に導くツールのご紹介」見出しに解説していますので、気になる方はチェックしてみてください。

コンテンツSEOで評価を高めるポイント

ここでは、コンテンツSEOを進める際に気を付けるべき、SEO対策ポイントについて紹介いたします。

コンテンツSEOのポイント
  • 前提:ドメインの最適化
  • コンテンツの文字数
  • タイトル(title)タグ
  • メタ(meta)タグ
  • コンテンツの文章
  • 内部リンク
  • altタグ
  • E-E-A-T

前提:ドメインの最適化

ドメインは少なからずSEO効果に影響します。そのため、コンテンツをどのドメインで作成するかは重要です。 これから新しくサイトを立ち上げる場合は、ユーザーにとってわかりやすいドメインを選択しましょう。

例えばドメインを見ればWebページの内容がある程度わかる(商品名や、自社の会社名など)ものがおすすめです。

既に自社サイトがあてサブドメインを立ち上げる場合も同様、ユーザーにとってわかりやすいドメインを心がけましょう。

コンテンツの文字数

結論から言うと、コンテンツSEOにおける最適な文字数に明確な答えはありません。ただし、適切な文字数の指標となるものがあります。それは、上位表示をしているコンテンツの文字数です。

SEO対策は、相対評価です。つまり、競合サイトに勝てなければ上位表示は見込めません。現状でGoogleから評価されている上位表示サイトを分析し、どんな情報がどれくらいあるのかは必ず分析をしましょう。おのずと最適な文字数が見えてくるはずです。

タイトル(title)タグ

タイトルとメタディスクリプション

タイトルは、ユーザーがその記事をクリックするかどうかを大きく左右する重要な要素で、SEO評価において大変重要なタグになります。

ページタイトル内には対策キーワードを入れること(不自然に入れすぎないこと)、各ページに固有のページタイトルを設定することを意識して決定していきましょう。

メタ(meta)タグ

メタタグとは記事コンテンツの内容をGoogleなどの検索エンジンに伝えるためのタグで、SEO評価に影響します。具体的には、メタディスクリプション(meta description)などが挙げられます。

メタディスクリプションは対策キーワードや関連キーワードを入れ、記事内容がわかり、且つユーザーの目を引くような文章にすることが重要です。

コンテンツの文章

コンテンツSEOにおいて最も重要なのは文章、つまりその内容です。上位表示サイトの傾向や関連キーワードから、ユーザーが必要とする情報を記事に盛り込みましょう。

また、自社独自の情報やノウハウを盛り込むことも非常に重要です。価値ある情報はユーザーの利便性を向上するとともに、外部サイトからの被リンクを得られる可能性があります。競合と差別化した内容を書き、価値あるコンテンツSEOを作成していきましょう。

内部リンク

内部リンクとは、自社サイト内のリンクのこと。具体的な内部リンクとしては、グローバルナビ、パンくずリスト、サイドバーなどのリンク、コンテンツ内のリンクが挙げられます。

内部リンクを最適化することで、Googleがサイト内を巡回しやすいだけでなく、リンク先に対策キーワードとの関連性を認識させることができ、ページ評価を上げることに繋がります。ユーザー目線で必要だと思う箇所に内部リンクを設置していきましょう。

altタグ

altタグとは画像の代替テキストを指定するためのHTMLで、SEO評価に影響します。タグを指定することにより、画像が表示されない場合に設定したテキストが表示されます。これもユーザーの利便性を高めることに関係するため、設定していきましょう。

E-E-A-T

年現在、SEO対策において「E-E-A-T」は非常に重要な要素とされています。

E-E-A-Tとは専門性、経験、権威性、信頼性の頭文字をとったものです。例えばその分野で権威のある方に監修を依頼する、信頼性のある文献を引用していることを記事内で明記するなどが、具体的なSEO対策方法です。

記事の制作を外注する場合(料金・費用)

コンテンツSEOにリソースが避けない場合、記事制作をSEO対策会社に外注をするのも手です。記事制作の費用は、基本的に「1文字いくら」というように、文字単価で料金設定がされています。

文字単価は、ライターのスキルや記事ジャンルにより1~5円程度が相場。専門性や権威性の高い記事であれば、それだけ料金が高くなります。

また、記事数が多い場合、10記事○万円といった固定費用を支払うこともあります。

コンテンツの質は会社により差があるため、しっかりとコンテンツSEOの本質を理解している会社なのか、事前にチェックが必要です。

コンテンツSEOを成功に導くツールのご紹介

EmmaTools

EmmaToolsはコンテンツSEOの評価を最大限に高めるSEOツールです。

中でも、SEOライティングに特化しており、上位表示のサイトを分析した上でユーザーのインサイトを把握し、作成したコンテンツのSEO効果を定量的にスコア化し、改善点を提示してくれます。

エマツールズの編集画面

既存記事の改善ポイントもわかるため、「順位がなかなか上がらない」とお悩みの方も満足できるSEOツールです。

その他にも順位チェック、上位表示サイトの分析など、コンテンツSEOの作成から作成後の改善まで、SEOに関する分析を一貫して行うことができます。

まとめ:コンテンツSEOで上位表示するのに大切なこと

ここまでコンテンツSEOに関して解説してきました。ここまでの内容をまとめると以下の通りです。

コンテンツSEOまとめ
  • コンテンツSEOとは
    SEO対策方法の一つ。ユーザーにとって良質なコンテンツを更新し続けることでGoogleやYahoo!などの検索エンジンで上位表示を狙う手法のこと。
  • コンテンツSEO作成時のポイント
    サイトの目的に応じたキーワードを選定すること、またSEO対策における基本をしっかりと押さえることが重要。
  • リライトを行い改善を繰り返すのが前提
    コンテンツSEOは無料で始められるメリットがある一方、効果がでるまでに時間がかかる。SEOコンテンツを上げた後も、根気強く改善を繰り返すつもりで取り組むこと。

以上がコンテンツSEOの概要です。コンテンツSEOは2024年現在、最も注目を浴びるSEO対策の1つであり、SEO対策の本質。今後、コンテンツSEOの重要性はますます高まっていくことが予想されます。

正しい方法でコンテンツSEOに取り組めば、確実に成果を出すことができるので、ぜひこの記事をご覧のあなたもコンテンツSEOに取り組んでみてはいかがでしょうか。

もし「コンテンツSEOのノウハウがない」「コンテンツSEOに取り組んでいるけど成果に繋がらない」という方は、是非「EmmaTools」をご活用ください。