サーチコンソールの基本設定と使い方について

Googleサーチコンソール(Search Console)とは、Googleが無料で提供する公式のWEBサイト用分析ツールです。

Webサイトの検索パフォーマンスやインデックスの状況確認、XMLサイトマップのアップロードなど、WEBサイトの運営に必要な機能があることから、SEO対策やWebサイトの改善を行う場合には、必須で導入すべきツールになります。

このページでは、Webサイトを運営するなら知っておきたいGoogleサーチコンソールの登録方法や使い方を初心者の方にも分かりやすく解説します。

今までGoogleサーチコンソールを登録していなかった方向けに、初期設定の流れや基本機能も解説しますので、是非ご一読ください。検索パフォーマンスを把握し、自社サイトにより多くのユーザーがアクセスするように、Googleサーチコンソールを活用していきましょう。

Googleサーチコンソール(Search Console)とは

Googleサーチコンソール(Search Console)とは、検索エンジン「Google」上でのWebサイトのパフォーマンスを分析する無料のサイト分析ツールです。

Webサイトを運営している法人だけでなく、ブログなどを書いている個人の方でもGoogleサーチコンソールを利用できます。

続いて、具体的なGoogleサーチコンソールでできることを解説します。

サーチコンソールを使ってできること

サーチコンソールを使うと、大きく分けて以下の3つができます。

サーチコンソールでできること
  1. Webサイトの検索パフォーマンスの確認
  2. アクセスしたユーザーがどのような検索クエリを使用したかの確認
  3. 作成したコンテンツのインデックス状況の確認

1つ目の「検索パフォーマンスの確認」では、自社サイトがオーガニック検索(自然検索)でどの程度表示され、どの程度クリックされたか、どのようなキーワードで何位に表示されたかを調べられます。

2つ目の「検索クエリの確認」では、サイト内の特定のページにアクセスしたユーザーが、検索エンジンを利用した際にどのようなキーワードを入力したかを確認可能です。

3つ目の「インデックス状況の確認」では、インターネット上に公開したページが、検索エンジンに正しくインデックスされたかを確認できます。

どれもWEBサイトの運営には重要な要素であり、ひいてはSEO対策を進める上で確認すべきポイントとも言えます。

Googleアナリティクスとの違い

Googleが提供している無料のSEOツールにはもう1つ、Googleアナリティクス(Analytics)があります。

こちらも、Webサイトのアクセス情報を分析するものですが、この2つには以下の違いがあります。

サーチコンソールとアナリティクスの違い
ツール サーチコンソール アナリティクス
計測内容 検索エンジン上での行動 Webサイト内での行動
計測できる値 表示回数
クリック数
クリック率
平均掲載順位など
アクセス数
滞在時間
年齢/性別/地域
流入経路など

Googleサーチコンソールは、検索エンジン上での数字やユーザーの行動がわかるのに対し、Googleアナリティクスは、サイト内での数字やユーザーの行動がわかります。

言い換えると、サーチコンソールはサイトに訪れる前までのデータ、アナリティクスは訪れた後のデータがわかる、と思っていただければイメージしやすいと思います。

Googleアナリティクスも、Googleが無料で提供する公式の分析ツールになるため、WEBサイトを運営している方は、ぜひ利用しましょう。

次は、Googleサーチコンソールを利用する際の初期設定方法をご紹介します。

Googleサーチコンソールの設定方法

まだ、サーチコンソールの登録ができていない方や、これから利用しようとしていた方は、次の流れに沿って設定していきましょう。

Googleアカウントを作成する

最初はGoogleアカウントを作成する必要があります。

Googleヘルプの「Googleアカウントの作成」を開くと、自分用またはビジネス管理用いずれかのアカウント作成を求められるので、どちらか選択します。

ユーザー名や生年月日、メールアドレス、パスワードを入力し、アカウント作成を進めます。

サーチコンソールの公式ページで登録をする

続いて、Googleサーチコンソールの公式ページを開き、「今すぐ開始」ボタンがあるのでクリックします。

サーチコンソール公式トップ

Googleアカウントの入力を求められるので、先に作成したアカウントとパスワードを入力し、ログインします。

プロパティを追加する

ログイン後、以下のような画面が表示されます。

サーチコンソールのプロパティ追加画面

「ドメイン」または「URLプレフィックス」、いずれかのプロパティタイプを選び、入力します。

「ドメイン」を選ぶ場合は、自社サイトのドメインまたはサブドメインを入力します。(例:xxx.co.jp)

こちらのタイプでは、SSL導入前後の「http://」と「https://」の違いや「www.」の有無など、すべて一括で管理します。

一方、「URLプレフィックス」ではWebサイト全体やディレクトリ、サブドメインなどそれぞれの計測が可能です。計測したいWEBサイトのURL全体を入力します。(例:https://www.xxx.co.jp)

WEBサイトの所有権確認

「ドメイン」または「URLプレフィックス」いずれかを選び、プロパティを追加したら、次はWEBサイトの所有権確認が必要になります。

「ドメイン」を選択した場合、DNS設定を行う必要があります。

以下の画面が表示されるので、TXTレコードをコピーしておきます。※このとき、まだ「確認」ボタン押さないでください

次に、Webサイト運営に利用しているサーバーにログインし、「DNSレコード設定」を開き、上記「TXTレコード」を貼り付け、保存します。

その後、先ほどのサーチコンソールの画面に戻り「確認」ボタンを押すと作業は完了です。(約5分程度でWebサイトの所有権確認が完了します。)

DNS設定の方法2

「URLプレフィックス」を選んだ場合、Webサイトの所有権確認方法はDNS設定のほかに、「HTMLファイルをアップロードする方法」や「HTMLタグの追加」が表示されます。

HTMLファイルをダウンロード

HTMLファイルの場合、表示されたファイルをダウンロードした後、自社サイトを設置しているファイル内にアップロードします。

HTMLタグを追記する場合は、自社サイトのホームページHTMLソースを開き、<head>セクション内、最初の<body>セクション前に指定タグを貼り付けることでWebサイト所有権をGoogleに伝えられます。

その他、すでにGoogleアナリティクスでWebサイトを登録している場合やGoogleタグマネージャーを利用している場合は、それらと連携確認を行うことで所有権の確認が可能です

WordPressをご利用の場合

Webサイトを運用するCMSに、WordPressを利用している場合は「All In One SEO」というプラグインから設定できます。

プロパティに「ドメイン」タイプを選択し、TXTレコードをコピーしたら、そのうち「content=”xx”」のxxの部分のみを入力します。

wordpressのSEO設定

上記、いずれかの方法でWebサイトの所有権確認ができれば、サーチコンソールの設定は完了となります。

Googleサーチコンソールの基本機能

設定が完了したら、いよいよサーチコンソールを使ってみましょう。

サーチコンソールを使うと何ができるのか、それぞれ項目ごとにご紹介します。

サマリーの見方

サーチコンソールを開いたときに表示される「サマリー(まとめ)」には、以下の4つが表示されています。

主要情報が表示されるサマリー

サマリーに表示される4要素
  1. 検索パフォーマンス:過去3ヶ月のウェブ探索による合計クリック数
  2. インデックス作成:過去3ヶ月のページのインデックス登録数
  3. エクスペリエンス:モバイル、パソコンにおいてページエクスペリエンスが良好なものを表示
  4. 拡張:構造化データマークアップが正しく設定できているページを表示

サマリーでは、文字通り、上記のようなサーチコンソールで得られる情報のまとめが確認できます。

URL検査

URL検査では、自社サイト内のコンテンツがインデックスされているか確認することができます。

調べたいコンテンツのURLを、画面上部の検索枠に入力すると検索エンジンにインデックスされているかを確認できます。

Webサイト内のコンテンツがインデックスされているか確認するURL検査

上記のように、すでにインデックスされていれば「URLはGoogleに登録されています」と表示されます。

未登録の場合インデックスをリクエストできる

一方、未登録の場合は「URLがGoogleに登録されていません」と表示され、「インデックス登録をリクエスト」することができます。

検索パフォーマンス

検索パフォーマンスは、Webサイトの「検索結果」と「Google Discoverでの表示結果」の2つに分かれています。

検索結果(インデックス)

Google検索で表示された回数やクリック回数が分かる

検索結果では、指定した期間のクリック数や表示回数、平均CTR、平均掲載順位が表示されます。

期間は、過去16か月間から前日まで指定することができ、別の期間との比較も可能です。検索をかけると、検索に使われたクエリやページ、国、デバイスも表示されます。

Discover

Google Discoverでの表示回数が分かる

Google Discoverに自社サイトが表示された回数を調べることができます。検索結果と同じように期間を指定することができ、クリック数および表示回数、平均CTRが表示されます。

インデックス作成

インデックス作成では、自社サイト内にあるコンテンツのうち、検索エンジンにインデックスされているページを確認できます。

ページ

インデックスされたページ数を表示
Webサイト内のインデックスされたページ情報を表示します。

ページがインデックスされなかった場合、その理由とページ数も表示されるため、内容を確認して問題点を解決し、インデックスしてもらえる状態にしておきましょう。

動画ページ

インデックスされた動画ページ数を表示

Webサイト内のインデックスされた動画ページ情報を表示します。

こちらもインデックスされないページがある場合は、その理由とページ数が表示されます。

サイトマップ

XMLサイトマップのアップロード

検索エンジンに自社サイト内のコンテンツ配置を伝えるXMLサイトマップが送信されたか、その結果が表示されます。

削除

削除依頼をかけたページのレポート

インデックスされたページの中から削除依頼をかけたページが表示されます。その他、ユーザーから削除リクエストがあったページもここに表示されます。

エクスペリエンス

エクスペリエンスでは、ユーザーがWebサイトを快適に閲覧できるような状態になっているか確認できます。

ページエクスペリエンス

コアウェブバイタル、SSLの状況確認

Googleが定めたコアウェブバイタルに基づいてモバイル、PCでそれぞれ快適に表示できているか、またSSLを導入しているかが確認できます。

それぞれスコアをクリアできていれば「良好」、問題がいくつか見つかった場合は「改善が必要なURL」、問題がある場合は「不良」と表示されます。

「良好」以外のステータスが見つかった場合は問題点を調べ、改善しておきましょう。

ウェブに関する主な指標

コアウェブバイタルに基づくモバイル・PCそれぞれのページ判定

モバイル、PCそれぞれのページがコアウェブバイタルに対応できているか、「良好」、「改善が必要なURL」、「不良」のページ数がそれぞれ表示されます。

HTTPS

SSL対応になっているページ数を表示

アクセスするユーザーが安心してWebサイトを閲覧できるようSSL対応になっている(URLの始まりがhttps://になっている)ページ数を表示します。

拡張

拡張では、構造化データマークアップが正しく行われているか、リッチリザルトが正しく認識されているかを「有効」、「有効(警告有)」または「無効」のいずれかにて確認できます。

AMPやパンくずリスト、よくある質問など該当している項目がある場合に表示されます。

AMP

AMPページが正しく表示されているか

AMPページを作成している場合、記述内容が正しいか表示します。

問題が見つかって無効な場合は、その理由とページ数が表示されるので改善し、正しく表示されるように設定しておきましょう。

パンくずリスト

パンくずリストを正しくマークアップできているページ数

パンくずリストを構造化データでマークアップしている場合、記述内容が正しいか表示します。

問題がある場合は、その内容とページが表示されます。

よくある質問

よくある質問がマークアップされているページ数

よくある質問を構造化データでマークアップしている場合、記述内容が正しいか表示します。

問題がある場合は、その内容とページが表示されます。

動画

マークアップされた動画ページ数

動画を構造化データでマークアップしている場合、記述内容が正しいか表示します。

検索での見え方を改善する方法が表示されるので、指示内容に合わせて改善しておきましょう。

セキュリティと手動による対策

Google検索セントラルのガイドラインに記載された内容に反し、セキュリティ面に問題があるページが表示されます。

手動による対策

手動によるペナルティが課せられた場合に表示される

Googleのアルゴリズムではなく、監視員の視認によって検出された問題のあるページはこちらに表示されます。

何が問題なのか表示されるので、内容を確認し、改善して再審査を依頼しておきましょう。

セキュリティの問題

ハッキングなどを受けた場合に表示される

ハッキングやマルウェアが検出された場合に表示されます。内容を確認し、至急対策を行う必要があります。

リンク

自社サイトへの外部リンクや内部リンクが表示される

外部サイトから自社サイトへ貼られたリンク(被リンク)や自社サイト内のリンク(内部リンク)を確認できます。

設定

サーチコンソールの設定一覧

Webサイトの所有者の確認やアドレスの設定などの一般設定はこちらで行います。

以上がGoogleサーチコンソールの基本的な機能となります。続いては、中でSEO対策やWEBサイトの運営で覚えておきたい使い方をご説明します。

覚えておきたいサーチコンソールの使い方

ここからは、主にSEO対策やWEBサイトの運営で覚えておきたいGoogleサーチコンソールの使い方を解説していきます。

検索パフォーマンスの確認

1つ目は、検索パフォーマンスの確認です。

サマリーにも表示される検索パフォーマンスですが、期間を限定するとより詳しいデータが表示されます。

自社サイトがどのような検索クエリで上位表示され、クリックされているかを分析する際に確認しましょう。上位表示されている検索クエリが分かれば、それらに関連するキーワードでさらに上位表示させ、アクセス数を増やすなどの施策を見出すこともできます。

また、指定した2つの期間の比較もできることから、自社サイトへのアクセスの増減を確認できます。アクセスしているユーザー数が平日と土日祝日で大きく異なる場合は、閲覧しているユーザーが個人なのか企業(法人)なのか、判断することも可能です。

インデックス登録のリクエスト

2つ目は、インデックス登録のリクエストです。

通常、新しいコンテンツを作成してインターネット上に公開すると、検索エンジンのクローラーが自然に巡回した時点で、そのページの情報がインデックスされます。

しかし、新しくサイトを作ったばかりの場合や、まだ成長途中のWebサイトの場合には、新しいコンテンツをインターネット上に公開してもすぐにはクローラーが回ってこず、場合によってはインデックスされるまでに2ヵ月以上かかることもあります。

そのような場合に、サーチコンソールのURL検査を使うと、未登録のコンテンツをインデックスしてもらえるようリクエストを挙げられます。(クローリングされたからといって、必ずしもインデックスされるわけではありません。)

できるだけ早くインデックスしてもらうことで、検索結果に表示されるタイミングも早くなるのでサーチコンソールからのインデックスのリクエストを上手に活用しましょう。

インデックス状況の確認

3つ目は、インデックス状況の確認です。

上記で説明したURL検査は「インデックスの登録リクエスト」になりますが、こちらは「インデックスの状況を確認」する作業になります。

この「インデックス状況の確認」では、クローリングされたもののページ事態に問題がある場合などでインデックスできなかった原因を見つけることが可能です。また、サーチコンソールを使うとサイトマップやクローリングの許可、登録されたページがスマホ用になっているか確認することもできます。

他にも、「公開URLのテスト」を使うことで、インデックス登録できるかあらかじめチェックすることもできるので問題点を見つけることもできます。新しいコンテンツがなかなかインデックスされない場合は、この機能を利用してみましょう。

XMLサイトマップの送信

4つ目は、XMLサイトマップの送信です。

XMLサイトマップとは、検索エンジンに自社サイト内のコンテンツがどういう構造でどこに置かれているかを伝えるためのファイルになります。また、XMLサイトマップを送信することで、検索エンジンのクローラーが自社サイト内の構造を理解しやすくなり、インデックスを手助けできます。

しかし、XMLサイトマップは、WEBサイトのサーバー上に設置して終わりではなく、どこに設置しているかを検索エンジンに伝えなければ意味がありません。XMLサイトマップを作成した際には、サーチコンソールのXMLサイトマップの機能を使い、WXMLサイトマップの場所を検索エンジンに伝えておきましょう。

手動ペナルティの確認

5つ目は、手動ペナルティの確認です。

自社サイトへのアクセスが急に下がってしまった場合は、もしかすると手動によるペナルティが原因になっている可能性があります。

アクセスが急激に減った場合やインデックスされない場合など、違和感を感じた際には、手動によるペナルティを受けていないかを確認してみましょう。

ペナルティを受けている場合、「セキュリティと手動による対策」の中の「手動による対策」をクリックすることで、問題点が表示されます。問題があった場合には、内容を確認した上で改善し、急ぎ再審査を依頼する必要があります。

手動ペナルティを受けたままにしておくと、順位やアクセスが落ちるだけでなく、最悪サイトそのものがインデックスされなくなってしまうため、緊急度の高くして対応していきましょう。

被リンク状況の確認

6つ目は、被リンク状況の確認です。

サーチコンソールを開いて「リンク」をクリックすると、サイト内のリンクに関する情報が表示されます。その中でも、「上位のリンク元サイト」には、自社サイトに貼られた被リンクが記載されています。

被リンクを獲得することは、外部サイトから信頼を得ているとして検索エンジンが評価が上がるため、自社サイトの検索順位アップにつながります。しかし、どんなサイトからの被リンクでも価値があるわけではなく、自社サイトで紹介している内容と関係がある外部サイトからのものでなければ意味がありません。

被リンクの中に自社サイトとは関係のないWebサイトや海外の意味のないページからのリンクもあるため、それら低品質な被リンクは否認しておきましょう。

被リンクの否認方法は、サーチコンソールヘルプに否認ツールの使い方が記載されているのでご参照ください。

ユーザビリティに関する改善点の確認

7つ目は、ユーザビリティに関する改善点の確認です。

ユーザビリティは、Webサイトの使いやすさを指しており、最近Googleでは、WEBサイトの評価基準に「使いやすさ(ユーザビリティ)」を組み込んでいます。

サーチコンソールのページエクスペリエンスでは、Googleが定めた使いやすさの基準、コアウェブバイタルをクリアできているかが表示されます。

もし、基準をクリアできていない場合は、何が問題なのかも詳しく掲載されるため、それぞれの内容を確認し、問題点を改善させ、ユーザビリティの向上を目指しましょう。

まとめ

サーチコンソールとは何か、初期設定方法から基本機能、使い方について紹介してきました。

サーチコンソールは、Webサイトのあらゆる問題点の抽出や、ユーザーがWebサイトに流入する前のデータを取得できる分析ツールです。

SEO対策を進め上で必須のツールなので、このページに書いてあることは最低限、理解をしておきましょう。

サーチコンソールを使ったアクセス解析については、以下のページで詳しく解説していますので、ご参照ください。