Googleビジネスプロフィールに登録しよう

Googleの検索結果画面や、Googleマップを利用した際、自社情報は正しく表示されていますか?

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)に登録し、自社情報に加えて取り扱う商品やサービス、購入・予約方法を掲載しておくと、顧客獲得につなげることが可能です。

このページでは、ゼロから始めるGoogleビジネスプロフィールの利用方法やメリット、使い方のコツをご紹介します。

ローカルSEOとも呼ばれる、MEO対策を進める上でも、Googleビジネスプロフィールの登録と活用は必須です。SEO対策と並行してMEO対策も進めて、自社ブランディングや安定した顧客獲得を目指しましょう。

Googleビジネスプロフィールとは?(旧Googleマイビジネス)

Googleビジネスプロフィールとは、無料で登録・利用できる自社情報の管理ツールです。

Googleビジネスプロフィールに登録し、自社情報を入力しておけば、検索エンジンのGoogleで自社に関する情報を検索された際に、何処でどのようなビジネスをしている会社かをユーザーに伝えることができます。

また、外出先の現在地情報や目的地までの経路確認に使うGoogleマップにも、Googleビジネスプロフィールで登録した情報が表示されるため、自社への訪問客が迷うことなくたどり着けます。

未登録の状態でも、インターネット上にあるホームページなどからGoogleが情報を集めて表示させますが、必ずしも正しい情報ではありません。Googleビジネスプロフィールを活用し、顧客に正しい情報が届くよう設定しておきましょう。

Googleビジネスプロフィールを活用すると、他にどのようなメリットがあるのか、次にご紹介します。

Googleビジネスプロフィールを使うメリット

スマホやタブレットを使い、インターネットをどこでも気軽に使えるようになった今、多くの企業が自社サイトを作成してSEO対策をしています。

Googleビジネスプロフィールに、自社サイトを登録しておくと様々なメリットがあるので、以下、詳しくご紹介します。

自社情報をユーザーに伝えられる

1つ目は、自社情報をユーザーに伝えられるメリットがあります。

先にご紹介した通り、Googleビジネスプロフィールの登録をしていなくても、Googleがインターネット上の情報を集め、会社情報は表示されています。しかし、この情報は必ずしも自社の希望している内容になっていない場合もあり、ユーザーに誤解を与える可能性があります。

Googleビジネスプロフィールに、自社の住所や連絡先(電話番号やメールアドレス)、店舗であれば営業時間を掲載し、ユーザーが自社に連絡しやすい状況を整えておきましょう。

また、検索結果画面を見たユーザーに、自社の新商品を含む最新情報を見てもらえるメリットもあります。

地域の新規顧客を獲得できる

2つ目のGoogleビジネスプロフィールを使うメリットとは、地域コミュニティの新規顧客を獲得できることです。

Googleビジネスプロフィールに入力した情報は、Googleマップに反映されます。

地域密着型のビジネスの場合、Googleマップでの検索結果で上位表示されるようになれば、新規顧客獲得につながります。

レストランなどの飲食や対面販売を行うアパレル、病院などを運営しているのであればGoogleビジネスプロフィールを利用しない手はありません。

また、SEOと比べると、Googleビジネスプロフィールを使ったMEO(ローカルSEO)は難易度が低いことが多く、効率よく新規顧客を獲得できる可能性があります。

口コミの管理や対応ができる

3つ目のメリットは、口コミの管理と対応ができることです。

地域密着型で特定地域のユーザーを対象としたビジネスを行う場合、口コミの影響力が非常に強いです。

好意的で高い評価をしてくれるユーザーもいる反面、中には商品やサービスが合わず、否定的な口コミをするユーザーもいます。ネガティブな口コミに対応していないと、他のユーザーにとって自社に対する印象が悪いままです。

Googleビジネスプロフィールに登録をしておけば、Googleマップにユーザーが入力する口コミを管理できます。

ポジティブな口コミにはお礼を、ネガティブな口コミに関しては内容を確認して改善を行っていくなどのメッセージを投稿し、他の顧客への印象を管理しましょう。

Googleビジネスプロフィールのメリットをご紹介し、登録しておくべきものだとお分かりいただけたのではないでしょうか。

それでは次に、実際に登録するための流れをご紹介します。

Googleビジネスプロフィールへの登録方法

Googleビジネスプロフィールは、無料で使える便利な情報管理ツールです。実際に登録し、利用を開始するまでの流れを以下、ご紹介します。

1.登録とオーナー確認

まず、Googleアカウントにログインし、Googleビジネスプロフィールのトップ画面にアクセスします。

ログインすると、画面上に「管理を開始」または「今すぐ管理」のボタンがあるのでクリックしましょう。

Googleビジネスプロフィール登録画面

Googleビジネスプロフィールへの登録方法はもう1つあります。

Googleマップを開き、自社または店舗のある位置を調べて、自社名(店舗名)が出たらクリックします。表示されるボックス内の「概要」をクリックすると、「ビジネスオーナーですか?」という項目があるので選択します。

すると、「管理を開始する」という画面が開き、ログイン状態になり、初期設定を進められるようになります。

2.基本情報の設定

基本情報を入力する管理画面が表示されるので、まずは「概要」に以下の情報を入力します。

概要の入力項目

ビジネス名 法人名や店舗名を入力
ビジネスカテゴリ 取り扱う商材やビジネスの種類を入力し、
関連している「業種一覧」から、最も近いものを選択
説明 ビジネスの内容やサービスや商品の歴史などを入力
開業日 開業(店舗開店)日を入力

次に「連絡先」を選択します。

連絡先の入力項目

電話番号 お問合せ先となる電話番号
自社サイト 自社サイトURLを入力

続いて「所在地」をクリックします。

所在地の入力項目

ビジネス所在地 オフィスや店舗の住所を入力
サービス提供地域 デリバリーサービスや訪問サービスを提供している場合、対応エリアを入力

次は「営業時間」の入力です。

営業時間の入力項目

営業時間 曜日ごとの営業時間を入力
祝休日の営業時 祝日でも営業している場合は入力
他の営業時間を追加域 サービス内容ごとに営業時間が異なる場合は該当する項目を選び、時間を入力

最後に「その他」に必要項目を入力します。

その他の入力項目

ビジネス所有者提供情報 オーナーが女性の場合、性別を表示
※女性でも安心して利用できることをアピールする場合に有効
サービスオプション 店舗営業を行っているか、またオンライン予約の可否を指定
バリアフリー 車椅子が必要な顧客にバリアフリー対応をしているかを表示
安全、健康 来社または入店時にマスクや検温を求めるか、
またスタッフがマスクを着用しているか公開
客層 多様化する性に対し、LGBTQやトランスジェンダーに取り組んでいるかを公開
設備 トランスジェンダー対応のトイレの有無を公開

3.写真を含む詳細情報の追記や自社サイトまたは予約サイトへの導線作り

先に紹介したGoogleビジネスプロフィールにログインした後、基本設定で連絡先に自社のサイトURLを登録できることを解説しました。

業種によっては、その他に掲載さえておくと便利な情報もあるのでご紹介します。上記の基本設定が終わったら、Googleマップを開き、基本情報を見てみましょう。

「プロフィールを編集」をクリックすると、商品やサービス、メニューや料理の注文、予約や順番待ちリストなど複数の選択肢が表示されます。

商品の項目では、自社で取り扱う商材の写真や、カテゴリ、商品価格帯と商品に関する説明文、さらにボタンの追加(必須ではありません)を行うとオンラインでの注文や購入が出来るように設定できます。

サービスには、業種や自社で取り扱うサービス内容や費用を入力できます。

飲食店の場合、メニュー項目に提供しているメニューの登録も可能です。写真や動画、価格、説明文も入力できます。

飲食店で事前注文によるお持ち帰りや、デリバリーサービスを提供しているなら、料理の注文を指定できます。

自社サイトURLを入力する、またはUbereatsや出前館などのGoogleと提携しているデリバリー代行サービスを選択します。

予約の項目では、飲食店などでの座席予約の可否を指定できます。

料理の注文と同じように自社サイトURLを入力するか、Googleと提携しているオンライン予約サービス(ぐるなびなど)を選択します。

Googleビジネスプロフィールで入力できる項目を、出来るだけ埋めることができればユーザーにはそれだけ多くの情報が伝わり、購入や成約に結び付きやすくなります。

上記の情報が入力できたら、次はGoogleマップで検索された時に自社情報が上位に表示されるよう、MEO(ローカルSEO)対策を進めましょう。

GoogleビジネスプロフィールでMEO対策

外出中、近くにあるお店探すのにGoogleマップにキーワードを入力すると、最寄りのお店がピックアップされ、検索結果画面に表示されます。

実はこの検索結果に出てくる情報は、MEO(ローカルSEO)対策をしている企業が上位表示されていることをご存知でしょうか?

MEOとは何なのか、設定したGoogleビジネスプロフィールをより多くのユーザーに見てもらうための使い方、コツをご紹介します。

MEO(ローカルSEO)とは

MEOとは、Map Engine Optimizationの頭文字を取ったもので、マップ検索エンジン最適化、またはローカルSEOと呼ばれます。主にGoogleマップでの検索結果で上位表示を目指すための施策を指します。

SEO(Search Engine Optimization、検索エンジン最適化)では、自社サイトを検索結果で上位表示させるのを目指すのに対し、MEOではGoogleマップで検索された際に上位表示させることを目標にします。

SEOに比べ、MEOは難易度が低く、成果につながるまでの時間も比較的短いです。

地域ユーザーを対象とした企業、店舗を運営しているものの、まだGoogleビジネスプロフィールを作成していないのであれば、急ぎ設定を済ませ、MEO対策をはじめましょう。

Googleビジネスプロフィールを上位表示させるコツ

このページを見ながらGoogleビジネスプロフィールで入力できる情報を設定できたら、次はどうすれば自社の情報が上位表示されるようになるか、考えてみましょう。

Googleビジネスプロフィールは、以下の3つの要素によって表示順位が決まります。

表示順位を決める3つの要素
  1. 検索場所との距離
  2. 検索クエリとの関連性
  3. 知名度

ユーザーが検索をかける場所はコントロールできません。しかし、検索クエリ(ユーザーが検索する際のキーワード)や知名度については、運営者の努力によってカバーできます。

Googleビジネスプロフィールの設定はすでに終えていると思いますが、再度、入力内容を確認してみましょう。地域名や商品名、またはそれらに関連するキーワードが入っていないようであれば、入力しましょう。

知名度に関しては、自社サイトを運営し、SEO対策を進めることで多くのユーザーに認知してもらえるようになります。また、運用費用が必要になりますが、リスティングやSNSといったWeb広告も知名度アップには効果的です。

Googleビジネスプロフィールの運用方法

Googleビジネスプロフィールは、初期設定を完了したら終わり、ではありません。より多くのユーザーに自社を知ってもらうため、運用を続ける必要があります。

Googleビジネスプロフィールの運用に関するポイントを以下、解説します。

常に最新情報を保つ

SEOとMEOは似て非なるもの、ではありますが、共通して行うべき施策として「最新情報を保つ」ことが挙げられます。

Webサイトと同じく、Googleビジネスプロフィールの情報が長い間更新されていないと、ユーザーに見てもらえなくなります。新商品などの紹介はもちろん、季節の移り目などに合わせ、常に最新の情報が表示されるよう古い情報は削除し、変更点があれば更新し続けましょう。

自社サイトを運営していると、どうしてもSEOに注力しがちですが、Googleビジネスプロフィールの更新が滞ると地域ユーザーが離れてしまう可能性もあります。どちらも並行して、最新情報を表示させ続けましょう。

イベントやキャンペーンなどの告知

Googleビジネスプロフィールは、イベントやキャンペーンの告知の場としての使い方もあります。

自社商材の説明会や、新商品のお試し会などを行う際はGoogleビジネスキャンペーンに記載し、少しでも多くのユーザーに参加してもらいましょう。

顧客とのコミュニケーション

Googleマップを見ていると、ユーザーからの質問を見かけることもあります。

Googleビジネスプロフィールは、こうした顧客とのコミュニケーション力を発揮できる場でもあるので、迅速に対応しましょう。

逆に対応が遅れると、質問を投げかけたユーザーだけでなく、他のユーザーからも顧客対応が遅いという印象を与えてしまうデメリットになりうるので注意が必要です。

口コミへの返信

Googleビジネスプロフィールのメリットとしてご紹介した、ユーザーからの口コミチェックも忘れず行います。

高評価をもらったユーザーにはお礼を、厳しい意見をもらった場合には今後の対策法をそれぞれ、常に返信できるようにしておきましょう。

Googleビジネスプロフィールは相性の良し悪しがある

地域ユーザーへのアプローチに最適なWebマーケティング手法の1つであるGoogleビジネスプロフィールですが、業種によっては相性の良し悪しがあるので、解説しておきます。

相性が良いのは、やはり地域の方々に直接サービスや商材を提供できるビジネスです。飲食店やスポーツジム、病院などで利用してもらった顧客から良い評価が集まれば、それを見たその他の顧客インサイトを刺激し、自分も試してみようと思ってもらえるようになります。また、顧客満足度が高ければ、リピーターとして何度も利用してもらえます。

Googleビジネスプロフィールを設定しても、あまり効果が得られず事業のヘルプにならない、相性がよろしくない業種には、ビジネス取引の相手が企業になるBtoBが挙げられます。BtoB中心のビジネスだとGoogleビジネスプロフィールでの概要ではなく、自社サイトを運用し、SEO対策によるアクセス獲得やブランディングを進めることをおすすめします。

また、利用した顧客からの客観的な口コミが厳しいものが多いと、Googleビジネスプロフィールの運用は難しくなります。

ビジネスオーナーの方は、業種に合わせてSEO、またはMEOのどちらを選ぶべきか、検討した上で戦略を立てましょう。

まとめ

地域密着型ビジネスに取り組むなら、Googleビジネスプロフィールの設定を済ませ、使い方をマスターしてMEO対策を進めてより多くの顧客獲得を目指しましょう。

自社サイトを作成、運営していくにはサーバーやドメイン獲得、HTMLやCSSといったある程度の専門的な知識が必要です。しかし、Googleビジネスプロフィールの設定は、指示された項目に自社情報を入力していくだけなので難しくありません。

とはいえ、初期設定を済ませた後も情報の更新や、口コミの管理といったタスクは多く、気を抜くことはできません。

自社サイト運営およびSEOと並行しつつ、Googleビジネスプロフィールを利用することでビジネスチャンスを掴みましょう。

Googleビジネスプロフィールを活用したローカルSEOについては以下の別ページに情報をまとめているので、ぜひ、ご一読ください。