被リンクのSEO効果とは?獲得方法を徹底解説【2019年版】

被リンクは初期のGoogleが導入していたランキングファクター(検索順位の決定要因)の中で最重要の要素でしたが、今もSEO効果があるかどうかは専門家でも意見が分かれるところです。

当ページでは、アメリカを始めとする海外のマーケティングカンファレンスで最新情報を取り入れてSEO対策を行う当社が、被リンクのSEO効果を解説。加えて、2019年現在において最も有効だと言われているリンクの対策方法も紹介いたします。

「被リンクが持つSEO効果を知りたい。」

「しっかりと被リンク対策をして、ライバルに差を付けたい」

このように思われている方は必見ですよ!

リンクとは?

外部リンクのSEO効果とは?Googleのランキングファクターから解説

まずはじめに、リンクとは何かを解説いたします。

リンクとは、ページとページをつなげる導線のこと。リンクをクリックすることで、リンク先にページに遷移するようになります。

SEOの観点で抑えておきたいリンクは以下の2つ。

  • 外部リンク:外部サイトと自サイトを結びつけるリンク
  • 内部リンク:1つのサイト内を結びつけるリンク

当ページでは、外部リンクに絞って、SEO効果を解説していきます。

外部リンクのSEO効果とは?Googleのランキングファクターから解説

外部リンクには、他サイトから自サイトに貼られる被リンク(バックリンク)と自サイトから他サイトに貼る発リンクの2種類があります。

SEOにおいては被リンクが大きな役割を果たします。というのも、上述のように初期のGoogleのランキングファクターでは、『被リンクがある=評価が高いページ』というロジックから、被リンクの多いページが検索結果の上位に来るようになっていたからです。

現在は、被リンクは以前ほどの効力を持ちませんが、依然として重要な要素の1つとされています。稀に、「被リンクはもう効果がない」と言う人やWEBページもありますが、正確ではありません。

その証拠に、アメリカの著名なSEO会社であるBacklinkoが100万ものWEBページを調査した結果、下記のように被リンクと検索結果順位には、強力な正の相関関係が見て取れたと言います。

被リンクと検索結果順位の関係引用元:https://backlinko.com/search-engine-ranking

ただ、被リンクの数は重要ですが、どんなサイトからのリンクでもSEO効果があるわけではなく、良質な被リンクを集めることが重要だと言われています。

良質な外部被リンクとは?

良質な被リンクだとされているのは、主に次の3種類です。

  • 権威性のあるサイトからの被リンク
  • 実績のあるサイトからの被リンク
  • 自サイトと関連性の強いサイトからの被リンク

権威性のあるサイトからの被リンク

権威性のあるサイトからの被リンク

大学や公共機関などの権威性の高い企業・団体からの被リンクが該当します。上記3つの中でも、希少性が高い被リンクとなります。

実績のあるサイトからの被リンク

サイトの運営歴が長い場合や、多くのユーザーが利用するサイトからの被リンクが該当します。ただ、多くのユーザーが利用するとはいえSNSなどからのリンクは直接的なSEO効果は期待できません。

自サイトと関連性の強いサイトからの被リンク

自サイトと関連性の強いサイトからの被リンクは、自サイトの発信テーマと同じか、近いテーマで運営されているサイトが該当します。

例えば、ファッションが主なテーマであるサイトを運営しているのであれば、同じファッション関連がテーマのサイトからの被リンクは効果があります。

各サイトが実際にどれほど被リンクの効果があるのかを知りたい場合は、ahrefsというツールがおすすめです。ahrefsでは、ページのサイトURLを入力するだけで各サイトの持つリンクの力がDR(ドメインランク)という独自の基準によって数値化されていますので、参考になります。

SEO効果の高い良質な被リンクを集める方法とは?

SEO効果の高い良質な被リンクを集める方法とは?

自サイトでない以上、外部サイトからの被リンクは完全にコントロールできません。ですが、検索順位を向上させるためにも、良質な被リンクが自然と集まる状態を作ることは可能です。

具体的には、以下の3つの方法が被リンク獲得に有効だと言われています。

  • 網羅性が高い記事を作成してリンクを獲得する
  • 取材を行い、リンクを獲得する
  • SNSなどで露出を増やし、サイト内での引用を増やす

網羅性が高い記事を作成してリンクを獲得する

あるテーマについて網羅的に情報をまとめた記事への被リンクが該当します。wikipediaがいい例でしょう。ほとんどのページが1つのテーマに対して詳しい記事となっているため様々なサイトで引用されるのです。

また、このようなまとめ記事では、時間の経過によって内容が古くならないテーマが適しています。流行りのドラマをまとめた記事をどれだけ網羅的にまとめたとしても、数ヶ月後には古いドラマの情報となってしまうため、長期的に被リンクを集め続けることはできません。

一方で、「ネクタイの結び方」「引っ越しのコツ」などのノウハウは一度作成してしまえば更新の必要がなく、被リンクを集め続ける可能性が高い記事となります。

取材を行い、リンクを獲得する

取材を行い、リンクを獲得する

取材相手の持つサイトからの被リンクのことです。

取材を行い、インタビュー記事を作成すると、取材相手は会社のHPやブログ等で取材の実績としてインタビュー記事へのリンクを設置してくれるケースがあります。

法人、個人どちらでも可能な被リンク獲得の施策となります。

SNSなどで露出を増やし、サイト内での引用を増やす

サイテーションと呼ばれるものです。単なるサイト名などの文字のみで、リンク効果のない引用が該当します。

外部被リンクほどの効果はありません。しかし、Googleは最近SNS(ソーシャルメディア)での評判を見ている傾向にあるので、SNSの方も対策していきましょう。

ペナルティに注意!質の低い被リンクは否認で対策

ペナルティに注意!質の低い被リンクは否認で対策

サイトの価値を落とす質の低い被リンクと、その対処法について知っておきましょう。以下のような被リンクは特に注意が必要です。

  • ブックマーク集(特に中身のないリンクのみのサイトからの被リンク)
  • 自動生成コンテンツ(自動生成された文脈の通らない文章からの被リンク)

Googleが提供しているSearchConsoleを利用すると、自サイトがどのサイトから被リンクを受けているかを確認することができます。

もし上記2つに該当するような質の低いサイトから被リンクを受けてしまっている場合はそれらのリンクをSearchConsoleで否認リクエストすることで無効化することができます。

否認せずに放置した場合、Googleからペナルティを受けてしまう可能性があるので、定期的にチェックするようにしましょう。

また、上記に加えて被リンクをSEO業者から購入することもおすすめしません。Googleは有料でリンクを購入することに対して、順位下落というペナルティを課す方針です。

もし、購入した被リンクが原因でペナルティを受けた場合は、該当する被リンクを削除した上で、Googleに再審査リクエストを送る必要があります。

まとめ:リンク対策をして自サイトの順位を上げよう!

被リンクは2019年においても重要なSEO対策の1つです。良質な被リンクを獲得し、質の低い被リンクを否認することで、自サイトの評価を上げましょう。

また、SEOを外注する場合でも、「被リンク対策をします」というような業者には注意してくださいね。

この記事が、読者のみなさんの被リンク対策に一役買っていっれば幸いです。

また当社では、SEOスターターガイドと題する初心者向けのeBookを公開しております。当社の経営陣が、13年以上Webマーケティングをやっている中で手に入れたノウハウを初心者向けにまとめたものです。

「オウンドメディアを始めたけど、ノウハウがあまりなくて進め方がわからない」
「これからオウンドメディアを始めるから、事前に知識が欲しい」

このように考えている方には非常におすすめ。資料は完全無料ですので、ぜひダウンロードしていただければと思います。

SEOスターターガイドのアイキャッチ

おすすめの記事